FC2ブログ

2015.01.19 (Mon)


米調査局報告書は事実誤認だと産経新聞

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


産経新聞産経0119

 過去記事で安倍首相を「国粋主義者」だと批判する米議会調査局の報告書をNHKを始めとする反日メディアが嬉々として報道している事の愚を指摘した。

 ところが、今日の産経新聞は2面で米議会調査局の報告書「安倍首相は国粋主義者だ」と決めつけていると批判している。
同時に、この報告書は米政府の公式見解ではないものの、反日議員や韓国などの反日国に対する影響力を危惧している。

 NHKや朝日、毎日が報告書を安倍政権の追い落としのために利用しようとしているのとは真逆の姿勢である。
これが本当のジャーナリズム精神というものだろう。

 朝日新聞の「第三者委員会」の1人である岡本行夫委員が、「新聞は運動体ではない」と朝日を厳しく糾弾した。
特定の主義主張を振りかざすマスメディアはもはや事実を伝えるメディアではなく、「運動体」というべきだろう。
プチ朝日の毎日新聞や東京新聞も然りである。

 戦後70年の節目に当たる今年、産経新聞は米中韓と日本の間の歴史認識をめぐる情報戦として連載で取り上げている。朝日や毎日にはそのような視点はない。

 メデイアは民主党の党首選を報道しているが、誰になろうと知ったことではない。
ニュースとして取り上げる価値もない。
どうせ内輪揉めして何も決められず、我々の税金をドブに捨てるようなものだ。

今年も安倍首相は背後から鉄砲を撃ってくる内なる敵と、中韓、そして時には米という外敵と闘わなければならない。
孤立無援かに見える安倍首相に声援を送りたい。

産経ニュース(2015/1/18)
日米関係めぐる米議会調査局報告書 
安倍首相を「国粋主義者」事実誤認も
 


産経新聞(2015/1/19)の見出し
「首相は国粋主義者」と決めつけ
誤解多き米報告書 「慰安婦」強制連行説に沿う

【ワシントン=加納宏幸】米議会調査局は今月、日米関係に関する報告書を発表し、戦後70年に絡む安倍晋三首相の言動が日本と近隣諸国の関係を左右すると指摘した。しかし、報告書は首相を「強烈なナショナリスト(国粋主義者)」「歴史修正主義的」と決めつけ、名前が明らかでない「評論家」の意見を記述の根拠とするなど、歴史認識をめぐる項目については問題点も少なくない。
 13日に公表された報告書は、戦後70年の首相談話を扱った項目で慰安婦問題に言及。「複数の評論家」の主張として「安倍政権は日本が強制的に女性を性奴隷にしたとする、広く行き渡った理解を変えようとしている」として、慰安婦が性奴隷であり、「強制連行」されたとの説に沿って記述されている。

 首相は今月5日、戦後70年談話に関し、「先の大戦への反省、戦後の平和国家としての歩み、アジア太平洋地域や世界にどのような貢献を果たしていくか、英知を結集して書き込みたい」と述べただけで、慰安婦問題については言及していない。

 同じ項目では、昨年12月の衆院選で自民党が「(戦前の)日本による悪行に関する通説が『誤り』だったと国際社会に説明することを公約した」と記述し、首相が歴史修正主義者であるかのような認識を示した。

自民党の公約集「重点政策集2014」には「虚偽に基づくいわれなき批判に対しては断固として反論し、国際社会への対外発信などを通じて日本の名誉・国益を回復するために行動する」としているものの、戦前の日本を正当化するとは書かれていない。

(Ponko注:敗戦国ゆえ正当化が許されない。正当化するためにはもう一度戦争して勝つしかない。しかし、連合国史観だと反論することはできる)

 報告書はまた、昭和天皇が昭和50年を最後に靖国神社を参拝しなくなったことに関し、「1978(昭和53)年にA級戦犯が合(ごう)祀(し)されてから天皇は参拝していない」とし、さらに、「複数の学者が、まさに戦犯の合祀が原因だったとしている」と記述した。

 しかし、昨年公表された「昭和天皇実録」では、昭和天皇が参拝しなくなったことについて、当時の野党各党などによる反対運動の影響を指摘している。

 議会調査局の報告書は連邦議員の立法活動の資料として専門スタッフが編集しているもので、その内容は政府の公式見解ではない。ただ報告書には一定の影響力があるとされ、議員らが対日関連法案作成の参考にしたり、韓国メディアが日本批判の材料に使うなどしたりして波紋が広がる恐れもある。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:34  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★それでもアメリカユダヤの施行を覆す必要がある。

アメリカが日本を抑え込むか、歴史的事実を盾にアメリカの欺瞞と認識を否定するかしないと嘘の歴史を信じ込まなければいけない不条理が生まれる。
そんな不条理は、耐えられない。
明らかに歴史認識の間違いが、浮き彫りになっているのに敗戦国だからと言って昔ながらの思考に日本の高度な民族に当てはめる事は通用しない。
そこかが他の国と日本の違うところである。
アメリカも自国の間違いを知りつつ高度な人間に憲法の様に押し付けることの愚かさを天に向かって行っているのである。
日本の傷を常に塩を塗り込めるごとく折あるごとに自覚させなければ不安であるのである。
それだけ白色ユダヤは、復讐と言うことから逃れられないのかもしれない。
アメリカがインディアンを根絶やしにした行為を見れば、中途半端にすれば己が遣られるからである。
この大東亜戦争の歴史認識は、事実のみが優先で感情は抜きである。
それによって白色ユダヤと対峙するべきだ。
なんら間違っているとは思わない。押し付けられる嘘は、跳ね返すべきだ。
日本のあり方とドイツのあり方は、同盟であっても内容が異なっている。
katachi |  2015.01.19(Mon) 23:37 |  URL |  【コメント編集】

施行>思考
katachi |  2015.01.19(Mon) 23:38 |  URL |  【コメント編集】

★IWG報告との整合性

慰安婦問題については、以下の産経・古森特派員の記事が参考になると思います。

http://www.sankei.com/world/news/141129/wor1411290017-n1.html

うめ |  2015.01.19(Mon) 23:58 |  URL |  【コメント編集】

昭和天皇 今上陛下が靖国参拝をしないのは、富田メモによってA級戦犯合祀が理由なのは明らか。

A級戦犯合祀を非難した昭和天皇の意思に反する、そして今上陛下の意思にも反する靖国神社参拝はするべきではない。

昭和天皇 今上陛下はA級戦犯合祀に反対という事は保守の人には辛い事実だろうが認めたほうがいい。
ヤマト |  2015.01.20(Tue) 04:46 |  URL |  【コメント編集】

>昭和天皇が昭和50年を最後に靖国神社を参拝しなくなったことに

内容そのものについては異論はありませんが、上記文章に抵抗を
感じます。「参拝されなくなった」にして頂きたいです。NHKを始め
とするマスコミは皆このような表現しかしませんが、何時も気になっ
ていることです。

ヤマト さんへ
富田メモには多くの疑問があると言われています。また、昭和天皇は
三ヶ根山の近くのホテルに宿泊された時、ホテルのある窓から三ヶ根
山の方向に大分長い時間立っておられたと言うことも聞いています。
三ヶ根山にはこの7人の殉難者が祭られています。
日本には所謂A級戦犯と言われる方はおられないのです。諸外国の
了解の元昭和28年頃に国会で取り消されていると聞いています。
戦犯等なら、マッカーサーやトルーマンこそ本当の戦犯ではないでし
ょうか。彼らは、原爆投下や日本各地の空襲を実施しています。これ
こそ最大の戦時国際法違反です。このことは忘れてはなりません。
このことは、東京裁判の日本側弁護士の一人であった、米国人の
ブレークニー少佐もこの裁判の法廷で、確り述べられています。但し
連合軍側にとって極めて都合が悪いので、速記録には留められてい
ないとも聞いています。
おっさん |  2015.01.20(Tue) 08:26 |  URL |  【コメント編集】

★靖国参拝に天皇は関係ない

天皇が仮にそういう理由で参拝しないとしても、
日本国民は先の大戦を含め日本国のためにお亡くなりになった方々にお礼をいいに靖国神社参拝をしてもなんの問題もないし、その国民の代表の首相が参拝することもなんの問題もない。

天皇は象徴であって、祭司であり、現在政治に関わらない。
靖国神社が政治的語られたりしたらそれは天皇には関係ない。

そこで

靖国参拝問題 反対運動が影響

http://www.sankei.com/life/news/140909/lif1409090012-n1.html
Mij |  2015.01.20(Tue) 12:25 |  URL |  【コメント編集】

★米国議会調査局の正体

米国国務省=ポーランド系チェコ系ルーマニア系米国ユダヤ人の溜まり場

米国議会調査局=在米帰化未帰化韓国人の溜まり場
里美 |  2015.01.20(Tue) 13:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2882-4bc1eb9f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |