2015.01.10 (Sat)


許せぬ植村朝日元記者の損害賠償提訴

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

盗っ人猛々しいを絵に描いたような男

 朝日新聞の慰安婦捏造の張本人である植村隆元朝日新聞記者が、おのれの潔白を主張し、批判した週刊文春や西岡力教授に対して名誉を棄損されたとして1650万円の損害賠償を求める裁判を起こした。

盗っ人猛々しいとはまさにこの事をいう。

産経新聞など批判的なメディアの取材は拒否し、受け入れてくれるメディアに寄稿する破廉恥な男である。

支援する弁護士は都知事選で敗れた元日弁連会長の宇都宮健児氏や、社民党の福島瑞穂前党首ら170人の弁護団とは恐れ入った。

まさしく日本を貶(おとしめ)ようとする左翼軍団である。
植村元記者が「自分は愛国者だと思っている」とは笑止千万。

「愛国者はおれのことだと売国奴♪」

ZAKZAK(2015/1/10)
元朝日の植村隆氏「不当なバッシングに屈するわけにいかない」
弁護団は170人


植村隆記者植村隆

 「私は愛国者だ」「朝日は元気を出して」。1991年8月に、元韓国人慰安婦の証言を初めて記事にした、元朝日新聞記者の植村隆氏(56)が9日、日本外国特派員協会で記者会見を開いた。記事に「女子挺身隊の名で戦場に連行」と事実と異なる部分があったことなどから、批判が殺到し、中には過剰なものもあった。170人の弁護団がサポートする植村氏は会見で、独自の主張を展開した。

 「私は捏造記者ではない。不当なバッシングに屈するわけにいかない」
 会見の冒頭、植村氏は約20分を費やし、『週刊文春』が昨年2月6日号に掲載した「“慰安婦捏造”朝日新聞記者」という記事を批判した。
 この記事で名誉を毀損されたとして、同日、同誌発行元の文芸春秋と、東京基督教大学の西岡力教授を相手取り、計1650万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴状には、元日弁連会長の宇都宮健児氏や、社民党の福島瑞穂前党首と事実婚のパートナーである海渡雄一弁護士ら、170人の代理人(弁護士)の氏名と連絡先が5ページにもわたってズラリと並んだ。
 西岡氏は提訴を受け、「言論人が言論で批判されたのであれば、言論で返すべきではないか」などと、産経新聞などにコメントした。
 植村氏は会見で、91年の記事について「当時韓国では慰安婦を『女子挺身隊』と表現していた」と説明し、意図的な「捏造」ではなく「誤用」だという認識を強調した
 とはいえ、この記事は、植村氏自身が「慰安婦の生の証言が世界に伝わって、たくさんの慰安婦が名乗り出るようになった」と語ったように、朝日が誤報として取り消した吉田清治氏の証言記事とともに、慰安婦報道の“原点”の1つだ。本質的に異なる「慰安婦」と「女子挺身隊」を混同した記事が、韓国の反日団体などが主張する「慰安婦強制連行」説につながったという批判は日本国内に根強い。
 この点について、植村氏は「当時のことを調べたら、(91年)8月11日の記事はまったく韓国で報道されていなかった。『反日機運をあおった』といわれても、あおっていない」「当時は、同じようなスタイルの記事が他の新聞にもたくさんあった」などと語った。

 今回の会見では「誤用」に関する反省の弁は一切聞かれなかった。

 さらに、植村氏は「私は、自分では愛国者だと思っている」「日本がアジアの中で信頼される仲間になるための作業をしている」と持論を述べ、朝日の慰安婦報道について「『吉田清治証言』について謝罪して取り消した。ところが、私や私の家族がバッシングされ、(朝日が)萎縮している」との見方を示した。
 確かに、植村氏の家族や勤務先への嫌がらせや脅迫は、決して許されるものではない。
 植村氏は「朝日新聞には元気を出して慰安婦問題に取り組んでいただきたい」と、古巣への“エール”も口にした。
 だが、朝日が真っ先に取り組むべきは、慰安婦をめぐって虚偽の内容を30年以上も報じ続けたという事実を、もっと世界に発信し、日本の名誉回復に資することだろう。

(引用終わり)

 今日の産経新聞は社説で「言論人ならば、言論には言論で戦え」と批判している。
大学や家族への「脅迫」は決して許されるのものではないが、大学への抗議文は出して然るべきだろう。
中には成り済ましの脅迫者も居るという。
自作自演という部分も無いとは言えまい。
しかし、これで益々朝日新聞と元植村記者に対する怒りは燃え上がって来た。
日本の名誉を取り戻すための努力もせずに批判したメディアや学者を提訴するなどとはもっての外である。
それを支援する左翼弁護団、政治家も決して許すわけにはいかない。

産経新聞社説(同上)
元朝日記者提訴 言論の自由に反している

 元朝日新聞記者の植村隆氏が「慰安婦記事を捏造(ねつぞう)した」などの指摘で人権侵害を受けたとして、文芸春秋と東京基督教大学の西岡力教授に損害賠償と謝罪広告などを求める訴えを起こした。
 裁判を受ける権利はもちろん誰にでもある。だが、言論人同士の記事評価をめぐって司法判断を求めるのは異様ではないか。
 訴状によれば、植村氏は記事や論文などの指摘で社会的評価と信用を傷つけられ、ネット上の人格否定攻撃や家族への脅迫、勤務先大学への解雇要請などを招いた。こうした人権侵害から救済し保護するために司法手続きを通して「捏造記者」というレッテルを取り除くしかない-としている。
 植村氏の解雇を求めた大学への脅迫については、産経新聞も昨年10月2日付主張で「言論封じのテロを許すな」と題して、これを強く非難した。同時に文中では「言論にはあくまで言論で対峙(たいじ)すべきだ」とも記した。

 同じ文言を繰り返したい。

 自身や家族、大学に対する脅迫や中傷と、言論による批判を混同してはいないか。
 指摘の対象となった平成3年8月、元韓国人慰安婦の証言として書かれた植村氏の記事で「女子挺身(ていしん)隊の名で戦場に連行され」とした記述については、朝日新聞が第三者委員会の指摘を受け、その事実はなかったとして、おわび、訂正している。
 その後の植村氏の記事で、この元慰安婦がキーセン学校に通っていた経歴を知りながら触れなかったことについても、第三者委は「書かなかったことにより、事案の全体像を正確に伝えなかった可能性はある」と批判していた。
 訴状をみる限り、植村氏側はこうした朝日新聞、第三者委の判断や指摘を受け入れてはいないようだ。まず朝日や第三者委の見解に、言論人として反論することから始めるのが筋ではないか。 大学や家族への脅迫を、自らを批判する記事や論文が招いたとする訴訟理由には首をひねる。
 パリでは、イスラム教の預言者を登場させた風刺画などを掲載した週刊紙が襲撃され、編集長ら12人が殺害された。
 テロの誘発を記事に求めることが認められるなら、広義ではパリの惨事も報道が招いたことになる。そこに言論、報道の自由はあるのだろうか。

(引用終わり)

朝日新聞は自分に都合のいい人達に頼んで第三者検証チームを作り、その結果を発表させてお茶を濁した。
産経抄も「こうした事態を招いたのは、慰安婦報道に関する朝日の自己検証が不十分だったため」と批判している。

 しかし、植村元記者の愚かな行為で「寝始めた子を起こしてしまった」。
朝日新聞が第三者検証チームの結論で一件落着を図ろとしたが、これでますます朝日新聞が苦境に陥る。
いや朝日新聞はどんどん追い詰めて廃刊に持っていくことがこれからの日本のためである。

産経抄(同上)

たいがいの日本人は、年が改まると「明けましておめでとうございます」と喜び合う。新年になっただけで、なぜめでたいのか、いい年になったいまでも腑(ふ)に落ちない。ただし、「おめでとう」と挨拶をかわすだけで、思い出したくもない「旧年中の出来事」を水に流し、心機一転できる効用はある。

 ▼昨年末、慰安婦や福島第1原発「吉田調書」報道の責任をとって前社長が辞任し、後を継いだ朝日新聞の新経営陣のみなさんも心機一転、新年を迎えたはずである。不祥事の決着を「旧年中」に一応つけ、世間の注目も薄れるであろう今年は、反転攻勢に打って出ようと。

 ▼残念ながらそれは淡い初夢に終わりそうである。元朝日記者で慰安婦報道に関わった植村隆氏が、文芸春秋や西岡力東京基督教大教授に損害賠償を求めて提訴し、寝始めた子を起こしてしまった。

 ▼植村氏は平成3年8月、「女子挺身(ていしん)隊」の名で戦場に連行され売春を強要された、とする元慰安婦の証言を記事にした。これらの記事について週刊文春などが「“慰安婦捏造(ねつぞう)”記者」などと報じたことが名誉毀損(きそん)に当たる、というのだ。

 ▼週刊誌の報道以来、彼の勤める大学や家族への脅迫が相次いだという。許されざる卑劣な行為だが、植村氏も小紙などの取材から逃げ回ったのはなぜか。挺身隊と慰安婦を混同したことへの謝罪がないのはなぜか。言論ではなく、法廷での対決を選んだのは、同じ文筆を生業(なりわい)とする者として悲しい。

 ▼こうした事態を招いたのは、慰安婦報道に関する朝日の自己検証が不十分だったためでもある。経営陣は、元社員を支援するのか、無視するのか。小紙同様、「言論の自由」を至高のものとしているはずの朝日にとって厄介なお年玉となった

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:02  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★司法の場で植村を張り倒してやれ。

捏造の嘘記事を垂れ流し!あれから32年。
国民も朝日の出鱈目さに気付きGHQの手先となって今猶日本を貶める朝日として定着した。
あの顔に身の潔白さを見て取れない。
徹底して追い詰めてやれ。そのくらいのことされて当然の事をした。
国民もそうそう甘くなくなったよ。
朝日にCMを出す企業は、不買運動に晒されるし、企業としても出鱈目な企業として見られる。出鱈目新聞に出鱈目企業と言うレッテルを貼るようなもんだ。企業イメージが落ちる。強いては企業に勤めている家族・子供までもが、迷惑する。
そう言う意味での共同体は崩れていないから気を付けよ。
katachi |  2015.01.11(Sun) 01:04 |  URL |  【コメント編集】

女子挺身隊が誤用だと?

ふざけるな。

あの当時、女子挺身隊と従軍慰安婦と

間違えて誤用なんてありえん。

なんせ、一般人の自分でさえ当時も、

その違いをわかっていたんだから

メディアならなおさらだ。

じゃあ、聞くが、30数年間その誤用をそのままにしてきたなら

記者として失格だけでなく人間として失格だ。
英 |  2015.01.11(Sun) 07:19 |  URL |  【コメント編集】

以前にも何回かコメントしましたが、「朝日新聞を糺す国民会議」
が朝日を告訴し、そのため原告への参加する方を募集しています。
下記を参考にご協力を。

http://www.asahi-tadasukai.jp/
おっさん |  2015.01.11(Sun) 08:22 |  URL |  【コメント編集】

(従軍)慰安婦が話題になり始めたころは 大東亜戦争に参加された軍人さんが まだ数百万人生存しておられたと思います。
朝日はなぜ彼らに裏を取らなかったのでしょう。
ch桜の討論でも このことを言う人が皆無なのをいぶかります。

中村アキラ教授は 参加された兵士からたくさんの証言を得て まとめておられます。
八目山人 |  2015.01.11(Sun) 10:05 |  URL |  【コメント編集】

そう遠くない将来、植村は処断されてるような、、
やましろや |  2015.01.12(Mon) 02:15 |  URL |  【コメント編集】

H25年に文科省の私立学校補助金が北星学園大学と北星学園短大に合計、
3千126万円。
H26年度は北星学園高校に1億600万円補助金を出ている。
これは国民の血税ではないか!植村隆氏を雇用している北星学園に疑問を感じる国民はこの補助金について文科省に抗議する権利があるのではないか。
(文科省補助金 北星学園  平成26年度)で検索して確認して下さい。
H27度はこれからか?
文部科学省:http://www.mext.go.jp/ 
〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
電話番号:03-5253-4111(代表)
HPからメールも送れます。どんどん抗議願います。
コピペで拡散願います。
日本人 |  2015.01.18(Sun) 22:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2866-ec12a580

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |