2014.12.08 (Mon)


投票率が高いほど自民有利とヤフービッグデータ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 反日メディアやアンチ自民党派は自民圧勝の選挙結果予想に焦ったのか、盛んに棄権するな、投票しようと呼びかけている。

自公は組織票があるから「市民」が投票所に足を運ばないと有利になってしまうという理由だ。
しかし変だ。
民主党にも日教組や自治労という支持団体がある。

その上、ヤフービッグデータの選挙結果予想によれば、投票率が高い程、自民党が有利だという結果が出た。

ビッグデータが導き出した第47回衆院選の議席数予測(2014/12/5)

ヤフーデヤフビッグ


自民党勝利を願う人々は「投票に行こう」と周囲に呼びかけよう。
もちろん「自民へ」の一言も忘れずに。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:49  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

麻生さんが失言した、と騒いでますね。麻生さんは事象を観察して感想を述べているだけです。 私も麻生さんに同感です。一般的に結婚は30歳になってから、と頭の中で未来像を描く男女は少なくない。しかし現実はそうはうまくいかない。個人的な考えをいえば、早く結婚すれば子や孫、曾孫や玄孫の顔まで見ることができるかもしれない。
 |  2014.12.09(Tue) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

日本は狂ってしまっています。真実を言えば叩かれる。
日本はいい国だったと言って、幕僚長を止めさせられた
人もいましたね。
日本が悪かったと言わなければ偉くなれない極めて変
な国になってしまっています。
おっさん |  2014.12.09(Tue) 08:32 |  URL |  【コメント編集】

★日本が今やらねばならない事

多くの日本人有権者にとって、政治的な関心事と云えば、先ずは景気回復~賃金上昇でしょう。 それ故、安倍政権も「アベノミクスの継続の是否を問う選挙だ」と云っているのでしょう。

然し実は日本は、喫緊の問題を抱えているのです。 それは、防衛問題です。

既に御存知の方も多いとは思いますが、2015年内に極東から米軍がグアムに移転を開始いたします。 殊に、在韓米軍は、韓国側の希望から生じた「戦時作戦統合権の返還」の要請期限が発効します、然し、現実的に考えると、極東の米韓同盟軍の大方の戦力を動かしている米軍に作戦統合権が無いと云う事は、逆に現実的ではないからのです。 従来の要請期限は、2010年だったのを、李明博大統領が、米国と交渉して2012年に、更に2015年迄延長したが、朴政権は、更なる延長を要請した模様。 然し、其れなら、返還そのものを取り下げればよい話ですが、「取り下げられない」のは、米軍が財政難から、極東からの軍隊の引き揚げを漸次的に行うと云う別線の計画が発効し始めるからでしょう。

韓国のこうした一貫性に欠けた政治的な動きは、米国にとって真に不快なものである事は論を俟ちません。 然も、韓国は貿易面とは言え、米韓同盟の仮想敵である筈の共産シナに擦り寄って、「蜜月関係」と噂される程、其の関係を深めているのです。 旗幟が不鮮明になりつつあると云ってもよいでしょう。

一方の共産シナは、相変わらず軍備の拡張に余念が有りません。

この様な事態の中、米国は、在韓・在日米軍の極東プレゼンスを計画通り縮小すると云うのですから、軍事バランスで平和が保たれてきた事実を鑑みれば、生じる不均衡の隙間を誰が埋めるのか? と云う顕かな問題が浮上します。

 それは勿論、日本領土に関しては、日本でなくてはならないでしょう。

 然し、現行憲法の下では、法的にも、軍備的にも、シナの軍事力と均衡させるだけの打撃力も量も日本は持っていません。 例えば、兵力比較すれば、人民軍230万人に対し自衛隊は25万人に過ぎません。 更にシナには、800万人を超す民兵が存在するし、武装警察官も400万人もいるのです。 10倍所か、実の60倍近い差が有るのです。 然も、共産シナは核保有国で、現在も300基以上のミサイルが日本や台湾に照準を合わせていると云います。

 ではどれ程の軍備が有れば、シナの侵略を諦めさせられるのか? と云えば、嘗ての‘12年9月に起こったシナでの暴動の際、暴徒が米国大使の乗った乗用車を取り囲みました。 その報告を受けた当時の国防長官は、すぐさま「不快感」を共産シナ中央に示しました。 すると、即座に太平洋に居る2つの米国艦隊で成る「打撃艦隊」が編成されました。 艦隊は、約1万人の兵士を狙った地点に即時投入可能と云う事ですぼで、オソラク開戦ともなれば、3日間で共産シナ中枢は、制圧されるでしょう。

是ほどの戦力差が無ければ、シナと一戦交えなければならないのです。

戦争が嫌いで避戦を主張する気持ちが本当なら、このレベルの機能を備えた軍隊を用意せねばならないと云う事です。 共産シナが話し合いで要求するのは、日本側の戦わずしての無条件降伏ダケですが、米国とは違い、爾後日本はシナの領土に組み入れられる事になるでしょう。 彼らに相手の主権を考慮するようなマトモナモラルを期待するのは月にウサギが棲んでいると信じるようなもの、現在のチベットやウィグルの惨状を見ていれば、話し合いで片が付くような相手ではない事は、はっきり認識しておくべきです。
ナポレオン・ソロ |  2014.12.09(Tue) 11:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2798-3983d7b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |