FC2ブログ

2008.07.29 (Tue)


留学生30万人受入反対

税金の無駄遣いをするな

福田首相が留学生を30万人受け入れる計画を発表した。
「優秀な留学生を獲得するため」というが、そんな事できるのか。過去の例を見ても中国からの留学生の比率がダントツである。中国人留学生の日本での凶悪犯罪が多い事を忘れてはならない。

ちょうど、今、「中国の崩壊が始まった」(日下公人・石平対談)を読んでいて、中国留学生の話を思い出した。

中国から初めて留学生が日本に来た頃は、とても優しくされる。いろいろ物質的な援助もしてくれる。しかし当時はエリート中のエリートが留学生として日本に来たからプライドが高い。
なぜそんなに親切にしてくれるのか分らないが、感謝すると日本人は「いえいえ、私たちは過去に中国に悪い事をしたから」と大部分の日本人は言うのでその気になる。
日本人の心情としては「あなたが余りに貧乏だから同情して」とは言わない。
日本人の美徳であるいわゆる「惻隠の情」を示すわけだが、中国人には理解できない。親切にするのは下心があるからだと思うのが中国人。
日中友好というが、日本の中国に対する態度は男に苛められながらも諦めきれず片思いを続ける「貢ぎ女」みたいだという。

石平氏曰く・・・


●日本人が中国を思うほどには、昔からあまり日本のことを思っていない。

●戦前から、中国と一緒に手を組んで白人と戦おうというのは、日本人の片思いである。中国もずっと白人から、ヨーロッパ人から虐められているのに、中国人には日本人と手を組んで戦うという意識はまったく無かった。
 
●中国人は、日本が世界全体の中で自分の側だと思ったことはまったくない。

●中国の若者は日本人を人間と思っていないし、まして善人であることなど信じていない


いやはや散々。
Ponkoも中国に対しては同じ人間なんだからという甘さがあったが、昨年末に帰化した元中国人の石平氏の言葉で中国人の本質を知って目が覚めた思いだ。
この本は後日ご紹介するつもりだが、石平氏の説明で中国人の日本に対する行動の謎が解けたような気がする。

本論に戻れば・・・
一説には留学生一人につき年間260万円超が返済義務なしで支給されるという。
4年制大学として30万人だとすれば3億円超の私たちの税金が浪費されることになる。大学院まで行けばさらに費用は増える。
差別社会だとマスコミは騒ぎ、原油高で漁師はやっていけないから補助するとか、農民にも、商店主にもと大盤ふるまい、昔で言えば乞食(差別用語)をホームレスとかカッコのいいカタカナ語で呼んで施設を作るが誰も入居しない。
昔の乞食は哀れでみんなお金を上げたり食べ物をあげたりして、乞食も恥ずかしげに生きていた。それがどうだ、今では組織化してデモまでやる。
国は私たちの税金の使い方をどこか間違っている。


時事通信(2008/7/29)
拠点30大学を重点支援
「留学生30万人計画」で骨子-政府


 政府は29日、福田康夫首相が掲げる「留学生30万人計画」の基本的な考え方を示す骨子をまとめた。優秀な留学生を獲得するため、今後拠点大学を30校選定し重点的に支援することなどを盛り込んだ。文部科学、外務、経済産業など関係省庁は連携し、計画実現に向けた具体的な施策の検討に入る。
 


無謀な留学生受入に反対と思う方はクリックを!
***
FC2バナー2
23:06  |  時事雑感  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/278-6af26b42

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |