FC2ブログ

2014.11.20 (Thu)


野党、マスコミの「解散に大義なし」は危険思想

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 自民党に勝たせたくないから「大義なし」と

 解散に大義が有ろうがなかろうが、もう解散と決まってしまったからには野党もマスコミもしょうがないではないか。
そんなことより、アベノミクスが失敗だったというなら新しい経済政策を対案として出すのが野党の責任というものだ。

ところが、その野党がまた情けない。
民主党は増税を主張していたと思ったら、選挙に勝てないと突然延期すべしと言い出した。
これでは増税については争点が無くなってなってしまうではないか。

 みんなの党は自民党から飛び出した渡辺喜美議員が結成し、民主党を離党した浅尾慶一郎議員が参加して庇を借り、渡辺代表の不祥事に乗じて母屋を乗っ取って代表になってしまった。
内紛が止まない政党なら解党が筋である。
渡辺喜美前代表は稚気愛すべしという所があるから自民党のサポーターとして活躍して欲しい。
したり顔の元官僚の江田憲司維新の党共同代表よりよっぽどいい。 
次世代の党の山田宏幹事長は河野洋平氏の国会召喚の主張は立派だったが「大義なき解散」と言い出して失望した。

Ponkoの敬愛するエコノミストの一人、高橋洋一氏は・・・

「衆議院解散について、一部の野党やメディアなどから『大義がない』という批判が上がっている。消費税の再増税延期は解散の大義にならないとでもいうのだろうか。まったくばかげている論調だ」

「(野党は)選挙したくないから『大義なし』と言っているのだろう」


とズバリ指摘している。

またマスコミは財務省の提灯持ちで増税を主張している。
その一方で新聞は軽減税率に加えて欲しいと虫のいい事を言っている。    
朝日・毎日などは廃刊すればいいのだ。

解散に大義なしと信じている方のために、高橋洋一氏の主張をコピペしてご紹介する。

zakzak(2014/11/19)
「解散の大義なし」は危険思想 税は民主主義の基本中の基本


 衆議院解散について、一部の野党やメディアなどから「大義がない」という批判が上がっている。消費税の再増税延期は解散の大義にならないとでもいうのだろうか。まったくばかげている論調だ。

 解散風が強まった際、野党は選挙準備が整っていなかった。民主党の衆院議員候補予定者は現職を含めて130人程度と、前回選挙から約2年が経過しても全295小選挙区の半分も埋まっていない状況だった。

 野党にとっては、この機会に選挙協力といきたいところだろうが、自民党が「増税ノー」と出てくると、本来なら野党は「増税イエス連合」となるところだが、これで選挙に勝てるはずもない。かといって「増税ノー」では自民党との差別化ができない。だから、選挙をしたくないということで、「大義なし」と言っているのだろう。

 マスコミの方はちょっと重症だ。前回の総選挙で消費増税10%まで国民から信任されたと思っている国会議員が過半以上いるとみられ、彼らは消費増税を止める法案に賛成しない。しかし、安倍晋三首相は、それは国民の民意ではないと思っている。そこで、解散して衆院議員をすべて解職すれば、新たに当選した議員は民意を反映することになる。「解散に大義がない」というマスコミは、民意をくみ取ろうとすることを否定することになる

 この考え方はかなり危険だ。直接民意を聞かずとも、間接的に今の国会議員に聞けばいいのかというと、それは違う。

2009年に民主党へ政権交代したとき、公約に消費増税はなかった。しかし、財務省は不慣れな民主党議員を巧みに籠絡して、消費増税法を成立させた。財務省は間接民主主義のもろさを知り尽くし、それをうまく利用したのだ。

 はっきり言おう。解散するなといえば消費増税で決まりだが、解散は消費増税の是非を国民に委ねている。どっちがフェアかといえば、もちろん後者だ。解散しても増税先送りが決まりというわけではない。増税したい人は、正々堂々と増税を訴えればいいのだ。

 マスコミが国民の声を聴こうとすることに大義がないというのはどうかしている。そうやって騒ぐ間に、消費増税延期法案の書き方など、増税先送りの方法について官邸内でバトル中である。当然財務省は1年半後に有無を言わせずに消費増税という時限爆弾を仕組んでいる。そしてマスコミはまたもや財務省の援護射撃を行っている

 民意を問う絶好のチャンスにもかかわらず、「選挙でカネがかかる」など、つまらないイチャモンまでつけているが、これまでの総選挙は平均2年9カ月で行われてきている。民主主義というのはそういうものだ。

 解散に大義がないという人は、国民の信を問わないで増税できるチャンスと考えているのかもしれないが、それこそ国民への背信行為だ。増税のちょうちん持ちのマスコミは、国民からそっぽを向かれるだろう

 「代表なくして課税なし」というが、税は民主主義の基本である。その基本中の基本を国民不在で決めていいはずはない。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:26  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

次世代の党幹事長 山田宏 @yamazogaikuzo · 10月30日

日韓議連の衆議院議員の訪韓メンバーが判明。

自民党は額賀福志郎会長、河村健夫幹事長ら7名、
公明党は石井啓一政調会長ら7名、
民主党は大畠章宏前幹事長ら3名、
維新の党は谷畑孝代議士ら3名、
共産党は志位和夫委員長ら3名の計23名だ。
もとろん次世代の党はゼロ。



売国共同宣言した議員30名のうち14名

自民(額賀副志郎、河村健夫、中谷元、金子恵美、武田良太、三原朝彦、竹本直一) 

民主(白眞勲、中川正春、大畠章宏、直嶋正行、安井美沙子、 藤田幸久、岸本周平)

売国共同宣言した議員30名の残り16名

公明(山口那津男、遠山清彦、高木美智代、石井啓一、中野洋昌、國重徹、興水恵一、樋口尚也)

共産(志位和夫、笠井亮、 紙智子、穀田恵二)

結いの党 (寺田典城)

維新(伊東信久、谷畑孝、鈴木望)


訪韓して売国宣言した議員31名(11月2日更新)

公明党に新たに追加1名の9名
公明(山口那津男、遠山清彦、高木美智代、石井啓一、中野洋昌、國重徹、興水恵一、樋口尚也、平木大作)

https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/527756400517058560
* |  2014.11.20(Thu) 16:43 |  URL |  【コメント編集】

★No title

自民・豊田真由子衆院議員、ルール違反 園遊会に招待者以外同伴


 天皇、皇后両陛下が主催されて17日に赤坂御苑(東京・元赤坂)で行われた春の園遊会で、豊田真由子衆院議員(39)=自民・埼玉4区=が、本来は入場が認められない招待者ではない女性を連れて入場したことが28日、分かった。宮内庁は衆院側に対し、園遊会のルールの周知徹底を改めて図ることを求めたという。

 外交団を除き、招待者は各界功労者らとその配偶者に限られ、入場案内には「招待された方以外の方は、会場に入れません」と明記している。閣僚や国会の委員長ではない国会議員の場合は約4分の1ずつ、衆参両院の事務局が人選。宮内庁関係者によると、豊田議員は本人と夫が招待者だったが、親族とみられる女性と入場したという。

 付き添いが認められるのも車いすなどの招待者の介助者に限られ、同庁関係者は「入場が認められない人は受付でお断りするが、『陛下のお客さま』にあまり強制的な対処はできない」と困惑している。

http://www.sankei.com/life/news/140429/lif1404290008-n1.html

* |  2014.11.20(Thu) 17:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2761-e1a8644d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |