2014.11.11 (Tue)


日中首脳会談 各紙の社説検証

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相の靖国参拝を止めろと朝日・毎日
中国政府は反日宣伝を慎めと読売
「歴史」「領土」で中国に譲るなと産経


日中首脳会談が終わって今日の4紙社説はどう報じているか。

尖閣周辺海域での偶発的衝突を防止するため危機回避メカニズムの構築には全紙とも賛同しているのは当然だ。
しかし、歴史認識についての立場は異なる。

朝日・毎日は中国を刺激する安倍首相の靖国神社参拝は中止せよと主張。
読売は中国政府の反日宣伝を慎めと注文。
産経は中国側が今後、『異なる見解』を根拠に尖閣諸島の領有権問題の領有権を主張してくる可能性があるので警戒せよ、『領土』や『歴史』で中国側の一方的な主張に譲歩するなと警鐘を鳴らしている。

朝日新聞社説(2014/11/11)
日中首脳会談―問われるのはこれから

「両首脳が政権に就いてから約2年間の軌跡は、繰り返してはならない愚策の連鎖だった。
無謀な軍拡を続ける中国は、自衛艦へのレーダー照射や、防空識別圏の一方的な設定など挑発的な行動を続けてきた。安倍首相は、内外の反対を押して靖国神社に参拝したほか、中国を刺激する言動をみせてきた


中国も悪いが日本も悪いと喧嘩両成敗。
安倍首相は内外の反対を押しのけて靖国神社を参拝したほか中国を刺激したと批判。
安倍首相は中国を刺激するために靖国神社を参拝したわけではない。
いつもの朝日特有の上から目線であり、中国の靖国カードの温存に協力している。

「両国とも経済不安を抱えている。日本の対中投資の落ち込みを政府間協力を通じて回復させる余地はあろう。高い付加価値を生む日本企業の投資は、中国経済の構造転換にも資する」

 今年上半期の昨年同期比で、日本から中国への投資が半減したことで中国が焦っている。
日本はなにもチャイナリスクを冒して中国に投資することはない。
これも朝日新聞が日本の新聞ではなくて中国の新聞であることの証左である。

毎日新聞社説(同上)
日中首脳会談 合意を土台に前へ進め


中国の挑発行為を批判する一方で、安倍首相に靖国神社を参拝するなと釘を刺す。

「◇首相は靖国参拝自粛を

 中国が安倍政権への不信感を払拭(ふっしょく)できない様子がうかがえる。だが中国の平和的発展が、日本にも利益になることは疑いようがない。日本が戦争への反省に立ち、平和国家としての歩みを続けるのは当然だ。
 安倍首相は会談で95年の村山富市首相談話を念頭に「歴代内閣の歴史認識の立場を引き継いでいる」と述べた。首相は中国を過剰に刺激するような言動を最近は慎んでいるが、その姿勢を続けるべきだ。首相の靖国神社参拝については、中国の要求いかんにかかわらず、そもそもA級戦犯がまつられている靖国神社に首相は行くべきではない。」


靖国神社参拝は中国の外交カードにすぎないものを、やすやすと乗せられている毎日新聞。

「また今回の首脳会談が両国の国民感情の好転につながることを願う。日中関係の改善が、日韓関係にも良い影響を及ぼすことも期待したい。」

朴槿恵大統領は日中首脳会談が実現したことで、中国に梯子を外されたと思っている(石平氏)

朴大統領があせって日本に顔を向けて来ても無視するのが日本のためだ。


読売新聞社説(同上)
日中首脳会談 対立から協調へ舵を切る時だ

「安倍首相は会談で、『歴代内閣の歴史認識を引き継いでいる』と改めて表明した。中国が首相の靖国神社参拝などに反発していることに配慮したのだろう。
 習主席は靖国問題に言及せず、「歴史問題は13億人以上の中国国民の感情に関することだ」と述べた。「歴史を直視して未来に向かうことが重要」とも語った。
 習主席が未来志向の日中関係の構築を本気で目指すのなら、国内外で続ける中国政府の「反日宣伝」を慎むべきではないか


産経新聞社説(同上)
日中首脳会談 関係改善の一歩にすぎぬ

「尖閣問題については、中国側が今後、『異なる見解』を根拠に領有権問題の存在を主張してくる可能性があり、警戒を怠るべきではない。関係改善を優先させるあまり、『領土』や『歴史』で中国側の一方的な主張に譲ることがあってはならない。」

「日中の長期にわたる関係険悪化は、日本の同盟国である米国をはじめ、関係各国が懸念し、首脳会談に高い関心を示していた。両首脳はともに『国際社会の期待に応えた』と語った。日中関係の安定はアジア太平洋地域の安定に欠かせない。約25分の初会談は、関係改善への一歩にすぎず、今後も会談を重ねるべきだ。」


日中首脳会談の実現にアメリカから強い圧力がかかった事が推測される。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:16  |  -中国  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★朝日は、何も言うな。

朝日が廃刊しない限り、国は逆に動けば、良いと言うことになる。
しかし朝日は、廃刊しなければマスコミの面子が無いのでは?
それでも鮮人のように厚顔で居るのだろうか?
そうであれば、在日の日本在住と何ら変わらない態度であり、廃刊せず続ければ、朝日特権となるではないか。
それは、日本人の潔さに合致しない。
消えるべきだ。誰も朝日が責任を取らず信用されていないのに存在理由が、ない。
katachi |  2014.11.11(Tue) 18:00 |  URL |  【コメント編集】

★No title

朝日だけがつぶれてもどうにもなりません。この次はNHKも潰す必要があります。11日の安倍首相の記者会見でも、NHKの記者が尖閣と靖国に関する質問をして、日中間の問題を掻き立てていました。この問題は日本国内では無視すればよいことです。首相は毎日でも靖国神社に参拝に行かれれば良いし、尖閣への漁業もどんどん行かせればよいのです。漁業に関しては水産庁や国土交通省は必死になって日本国民が尖閣へ漁業に行くのを抑えている。これが大問題です。
おっさん |  2014.11.11(Tue) 18:35 |  URL |  【コメント編集】

★No title

ニューズレター・チャイナ @NLChina2009 · 1時間 1時間前


ネット上に誤解が広がっているので訂正したい。

日本の中国向け援助は6兆円を軽く突破している。

①外務省のODA(政府開発援助)が3兆6000億円

②財務省の「資源開発ローン」が3兆円。

①と②を合わせてすでに7兆円近い。

②は一般にはほとんど知られていない。これが二か国間の援助総額である。



これに加えて国際機関からの迂回融資がある。
これらは日本が最大規模の資金供与を行っている団体だ。
アジア開発銀行、世界銀行、国連開発機構などがそれである。
これが兆を超える金額である。
だがまだは終わらない。
ODAとは別に政府の各省が対中交流の名目で別に予算を獲得しているからだ。


「いったいなぜこんなことが続いているのですか」とよく聞かれる。
それを考えるのが青年、君たちの仕事なのだよと言うのだが、
だれも調べようとはしない。
知的怠惰という点では右も左もない。
いまや言論人の仕事は新宿と阿佐ヶ谷のロフトへの出演だ。
きつい取材なんかかったるい「保守の時代」。
* |  2014.11.12(Wed) 10:43 |  URL |  【コメント編集】

★No title

おっさんのご意見に賛同!
シナの犬、朝日に報道機関の資格なし!
シナ報道機関CCTVの日本支局である犬HKは更に日本には不要な存在!
国民は犬HKの解体運動を決起すべし!
がんばれ日本 |  2014.11.12(Wed) 11:11 |  URL |  【コメント編集】

★No title援習ルート

安倍首相、暫く靖国参拝はしないと思うな。
でもそれでいい。
数年後しっかり8月15日でもなんで行けばいい。

しかし、この反日腐れメディアの朝日・毎日。
自分らの身の置き所が日本ではない。
しかも〔日本は悪い〕という自虐史観のまき散らせた張本人たちだ。

こやつらの性根は潰れるまで変わらない。
いつまでも洗脳されたB民作りをせっせとし続ける。
そのB民がどれだけ減るか。
それがこの腐れメディアの衰退と比例するというものだ。
>>>靖国神社参拝は中国の外交カードにすぎないものを、やすやすと乗せられている毎日新聞
しかし毎日は確信犯だと思うな。

シナポコペンなど「はいはい、仲良くしないとGDP2位、3位だからね」ぐらい言っといてちゃんと法整備して、海上保安庁、自衛隊を充実させて、中国や韓国以外の国々と関係を深めることをしとけばいいのだ。

2,014.11.12 * URL
>>>ODAとは別に政府の各省が対中交流の名目で別に予算を獲得しているからだ。

これを突っ込み、突っ込むことは〔在日特権〕同様非常に重要なことだな。


Mij |  2014.11.12(Wed) 19:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2746-34f79317

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |