FC2ブログ

2008.05.14 (Wed)


倒産した「中国食品」

支那と呼んで何が悪い

今朝の産経一面にわが意を得たりと思うコラム投稿があったのでまだお読みでない方たちのためにご紹介する。

このブログでも時々「支那」と呼ぶが、「差別語」「蔑称」だというコメントが時折寄せられる。

しかし、中国は英語ではチャイナ、フランス語ではシノワと呼ぶ。
おそらくドイツ語でもスペイン語でも似たような呼び方をしているに違いない。
蔑称ではないのである。

Ponkoがコラム記事に特に注目したのは、日本のいわゆる中国地方(広島)の食品業者が「中国食品」という社名だったので、最近の毒入り餃子、農薬まみれの野菜、はては黄砂公害、少数民族抑圧、傲慢な外交、偏狭な愛国主義等々で評判が落ちた中国の会社と間違えられて倒産してしまったという事実だ。
倒産した会社にとってはいい迷惑である。

「私の正名論」で評論家の呉智英氏は「『支那』は世界の共通語」だという。前述したとおりであり、常識である。

混乱の責任は3つあるという。
①日本にだけ「中国」と呼称せよと強要する支那。

②その言いなりになってマスコミに「中国」を通達で強制した当時(昭和21年1946年)の外務省とそれに唯々諾々として従ったマスコミ。

③自称進歩的知識人はいわゆる「侵略戦争」への反省や民族差別解消(民族差別でもなんでもないのに)の名目で歓迎した。


しかし、実際には支那は世界で一番優れた民族であり世界の中心であるという中華思想が根底にあることを忘れてはならない。
中国と言う国名を日本に強要するのは支那の自民族逆差別に他ならない。

支那という呼称も近年ようやく市民権を得て来た。
「62年前の言論抑圧通達は無効だと外務大臣に言わせる議員はいないだろうか」と呉氏は結んでいる。

60年前の外務省の通達に「このたびは、理屈抜きにして先方の嫌がる文字を使はぬ様に」とあったという。

どこかで聞いたような言葉である。
福田首相はこの当時から一歩も前に進んでいないということか。
安倍前首相が「戦後体制からの脱却」を政治信条にした意味をふたたび噛み締めてみる今日この頃である。


「私の正名論」
支那は世界の共通語

支那が正しいと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:28  |  -中国  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/273-e074e0b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |