FC2ブログ

2008.05.12 (Mon)


毒饅頭食べたかマスメディア

胡錦濤ヨイショの各メディア

中国の毒饅頭を食べた反日マスメディアは来日中の胡錦濤主席を日中友好の架け橋を作ったとヨイショのしまくった。

なかには、来日して日本を軽蔑しまくった発言で顰蹙を買った江沢民の話まで引っ張り出して、TBS「みのもんたの朝ズバっ!」ではコメンテーターの浅野史郎元宮城県知事が江沢民と歓談した様子のパネル写真を浅野自身が得々として説明していた。
江沢民こそ国内の不満をそらすために日本を仮想敵国と指定し、反日教育を強化徹底し、今日の反日体制の基礎を作った男である。

また、テレ朝の「ワイドスクランブル」では川村晃司が

「早稲田の講演は日本向けと言うより中国の国内向けだ。ピンポン外交といわれるが、日本のメディアも講演よりピンポンの方を大きく取り扱っている。胡錦濤はメディア戦略が上手い」

と言っていた。
そのメディア戦略の手先になっているのがあなた方反日メディアではないか。
元卓球のチャンピンを登場させ、腕前はプロ級だの子供の頃からやっていたのではないか、さすがに卓球の中国だなどと誉めそやしていた。
素人目にもぎこちないフォームでお世辞にも「プロ級」などと呼べたものではない。
卓球をしなかった福田首相に嫌味を言っていたが、朝日は何処の国のメディアかと思った。
もちろん、媚中福田などどう言われても構わないが・・・
卓球を中国に普及させたのは荻原選手だと記憶している。
柔道と同様に、他国に親切に教えてやり、結局は後塵を拝する結果になっているのは日本人のお人好しの表れであろうか。

どのテレビ局も産経新聞が報じたような安倍前首相の胡錦濤に対する苦言を正面から取り上げなかった。

フジテレビの「とくダネ!」では小倉智昭が安倍前首相の胡錦濤に対する苦言に不快感をあらわにしたという。
やはりこれらのキャスターやゲストコメンテーターは毒饅頭を食らわされたか、ハニートラップに引っ掛かったか、その他の工作で弱みを握られた連中であろう。

聖火がチョモランマを登頂した。
チベットは中国の領土であるという世界へのデモンストレーションである。
台湾も同じことを持ちかけられたが、「台湾は中国の一部ではないと陳前総統が通過を拒否した。

チョモランマに血塗られた(聖)火を運んだのはチベツト人という演出も古臭い。
オーストラリアがシドニー五輪で、虐殺しつくしたアボリジニ族の女性に聖火ランナーを務めさせたのとまったく同じ趣向である。

【北京五輪はアボリジニの二の舞か】

五輪は平和の祭典とか、スポーツに政治を持ち込むなとか綺麗事を言っていても、所詮、五輪は国威発揚の道具であり、自国の侵略行為や虐殺行為、民族同化戦略を美化し正当化するための道具に過ぎない。

●北京五輪はトラブル続出で国際社会の顰蹙を買う。
●株価暴落で借金までして株に手を出した人民が農民と共に蜂起する。
●混乱に乗じた江沢民の残党に寝首を掻かれる。

こんなことにならぬよう胡錦濤主席には十分ご用心召されるがよい。

中国の代理店マスメディアは許せん!と思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:49  |  -支那  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/270-68745fd2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |