2014.10.03 (Fri)


幕引き狙う朝日新聞の第三者委員会の顔ぶれ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2
. 

 いまや完全に四面楚歌の朝日新聞が慰安婦問題を検証する第三者委員会のメンバーを公表した。
第三者といっても選んだのは朝日新聞だから、朝日に都合のいい結論が出るに決まっている。

 朝日批判の急先鋒である櫻井よしこ、百田尚樹、西岡力、門田隆将の各氏のうち一人でも入っていれば、朝日の本気度を少しは認めてもいいが、委員会の顔ぶれを見れば、すでに結論は見えている。

 テレビ芸者の田原総一朗氏、集団的自衛権に前向きといいながら実は反日の北岡伸一氏。

北岡伸一氏は反日勢力か?(2013/8/14)より

秦郁彦、保阪正康、北岡伸一らは、「学問」とか「実証」とか「確かな史実」と言って田母神論文を否定し去ろうとし、半藤一利、五百旗頭真、御厨貴らも同様な発言をしている」
「リセット、日米同盟」
(2009/2/9)より 

 一向に反省しようとしない朝日新聞に対しては、攻撃の手を緩めないことが肝要だ。
しかし、記者の家族への脅迫など逆効果だ。
反日勢力がなりすましてやっているとも考えられる。

朝日新聞デジタル(2014/9/2)
本紙の慰安婦報道、第三者委員会7氏で検証 9日初会合

 朝日新聞社の慰安婦報道について検証する第三者委員会の委員の方々が決まりました。弁護士や研究者、ジャーナリストら有識者7人で構成します。初会合は9日午後、東京都内で開きます。
 委員長には、元名古屋高裁長官で弁護士の中込秀樹氏(73)に就任をお願いしました。委員は、外交評論家の岡本行夫氏(68)、国際大学学長の北岡伸一氏(66)、ジャーナリストの田原総一朗氏(80)、筑波大学名誉教授の波多野澄雄氏(67)、東京大学大学院情報学環教授の林香里氏(51)、ノンフィクション作家の保阪正康氏(74)の6人です。
 また、朝日新聞が8月5、6日付朝刊に掲載した特集「慰安婦問題を考える」でもコメントを寄せていただいた現代史家の秦郁彦氏(81)のほか、神戸大学教授の木村幹氏(48)ら慰安婦問題に詳しい有識者をはじめ、委員会が必要と認めるテーマについて専門家をお招きし、ご意見やご提言をいただきます。
 委員会では、これまでの朝日新聞の慰安婦報道をめぐる記事作成の背景や今回の記事取り消しにいたる経緯のほか、特集「慰安婦問題を考える」の妥当性、日韓関係はじめ国際社会への報道の影響などについて検証し、2カ月程度をめどに具体的な提言を盛り込んだ報告をまとめていただきます。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:52  |  --朝日新聞捏造謝罪問題  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★火に油を注ぐ陣容

傾く時は、やることなすことが、悉く不手際が目立つ。
この陣容だと、廃刊を早めるだけで朝日の無用論が世間に拡散するだけだ。
実際国民は、廃刊で可としている。
真実を伝えない新聞を野放しにして情報を得ることは不可能ではないか。
英字の解る人は、いち早く他と比較して情報の有用性を判断するだろう。
そうでない人は、新聞等に頼るが、信頼できなければ、金を払ってまで読まなくなる。
katachi |  2014.10.04(Sat) 00:30 |  URL |  【コメント編集】

★No title

これの何処が第三者委員会なのか

朝日は国民を馬鹿にするのもいい加減にした方がいいよ。

読者さえ納得できないレベルの顔ぶれ
こりゃ駄目だ |  2014.10.04(Sat) 02:15 |  URL |  【コメント編集】

★目的の為には事実はお構いなし! 朝日


北岡伸一を有名にしたののは[日中歴史共同研究]だったね。
その根底に侵略史観があるなら、それは半藤一利同様根深いものだから、そうそう変わらないし重大な局面で反日さが際立つんだよね。
そこで安倍政権に同調するものもあるとくればプラグマチストかいな。

テレビ芸者の田原総一朗。
随分老けたタレ目芸者ですが、いまだに引退しないあたり芸者稼業がお気に入りってことか。

しかし、しかしこんなメンバー表見せられて。朝日が反対の立場でたとえば政府が選ぶ原発の第三者委員会だとかだったら
さっそくギャーギャー噛み付いて、掴みかかって、怒鳴って、ぶち壊そうと騒ぎまくっているだろうな。
Mij |  2014.10.04(Sat) 07:20 |  URL |  【コメント編集】

★No title

第三者委員会ではなく朝日翼賛委員会ですね。
おっさん |  2014.10.04(Sat) 07:35 |  URL |  【コメント編集】

★No title

渡邉哲也 @daitojimari · 19時間 19時間前
訂正 朝日新聞第三者委員会■田原総一朗氏 常習的取引、利害関係者■岡本行夫氏 「女性のためのアジア平和国民基金」呼びかけ人■波多野澄雄氏慰安婦問題調査報告 1999 発行 アジア女性基金 著者■林香里氏 朝日新聞ジャーナリスト学校研究員 ■保阪正康氏 朝日ソノラマ元社員


渡邉哲也 @daitojimari · 23時間 23時間前
朝日新聞第三者委員会の問題点 第三者委員会の委員に 「当事者や関係者」「利害関係者」を入れてはいけない という基本常識すらも守られていない。 調査対象として選ぶのは良いが、判断する側の委員にしてはいけないのです。これは思想の右左の問題ではなく、制度としておかしいと言う話
* |  2014.10.04(Sat) 08:18 |  URL |  【コメント編集】

★新聞読まなければ、いいだけ。

新聞読むの当たり前の感覚になっているが、庶民に情報が伝わらなければ、別の手段で口コミが、発達する。ネットが有れば津々浦々、時間に関係なく広がる。
そうなれば、国の有り方が変わって来よう。
アメリカも日本の民意が、推し計れず日本国を掌で動かすのは、困難となる。
その代り、朝日の様にPRの攪乱が始まるだろうね。

朝日の様に。
katachi |  2014.10.04(Sat) 08:23 |  URL |  【コメント編集】

★◎第1次資料によれば、石井731部隊は衛生消毒部隊であり全く虐殺していません。韓国工作員としてのメールアドレスと北朝鮮工作員としてのメールアドレスがウィキソースで暴露された森村誠一(帰化在日韓国人疑惑)が書いた「石井731部隊の残虐な人体実験設備、毒ガスや細菌兵器の研究」は全くの韓国式捏造歴史です。

◎第1次資料によれば、石井731部隊は衛生消毒部隊であり全く虐殺していません。韓国工作員としてのメールアドレスと北朝鮮工作員としてのメールアドレスがウィキソースで暴露された森村誠一(帰化在日韓国人疑惑)が書いた「石井731部隊の残虐な人体実験設備、毒ガスや細菌兵器の研究」は全くの韓国式捏造歴史です。
-----

*****
XXXXX 君 Twitter H25/9/21 (加筆済版)
第1次資料に基づき真実を述べると、石井731部隊は、衛生消毒部隊であり、全く虐殺していない。韓国工作員としてのメールアドレスと北朝鮮工作員としてのメールアドレスがウィキソースWikisourceによって暴露された森村誠一(帰化在日韓国人疑惑)が書いた「石井731部隊の残虐な人体実験設備、毒ガスや細菌兵器の研究」は、全くの韓国式捏造歴史である。日本人なりすまし通名使用帰化未帰化在日韓国人たちは、第1次資料を無視してトウトウと韓国式捏造歴史を書き立て、日本人B層を誤誘導する。
*****

@森村誠一への緊急徹底抗議先
森村誠一の本を出版している各出版社のトップへメール・FAX・抗議葉書を送る

@通報先
自民党全員
次世代の党全員
太陽の党全員

【抗議葉書もお願いします!】

by長野県J
亜美 |  2014.10.04(Sat) 13:43 |  URL |  【コメント編集】

★チョーニチ製、《第三者委員会》

今から8年近く前の2006年12月、「朝日」、の、お手盛り、《第三者員会》、の顔ぶれ並びに答申のあまりの酷さに呆れ返り、チャンネル・桜、掲示板に書き込んだものですが。

前回の《第三者》は、「朝日組」、「朝日翼賛会」、から選ばれた、筋金入りの左翼でした。
しかしよくここまで、国民をバカにし、舐めきったものと唖然としました。

チャンネル・桜、掲示板
『チョーニチ!、越年でも、越々年』でも追求するぞ!!

今年、一月十二日、「朝日」、が行った、政治イデオロギー的に自分の気に食わぬ、(=またチョーニチの大好きな北朝鮮、中共にとっても、非常に気に入らぬ)、与党・自民党の幹部、安部晋三、中川昭一、両代議士を貶め、政治生命を失わすべく仕掛けた、捏造記事の酷さは、今まで散々捏造記事を書いてきた、「朝日」、でも極めつけとも言える酷いものでした。
四年も前のこと、NHKが制作した、従軍慰安婦関係の酷い偏向番組の内容に驚いたNHK幹部が、内容を是正するため、非左翼の秦郁彦教授のコメントを取ったりして手直しした事件に対し、今頃になって、「自民党の政治家が圧力をかけて、無理やりHKの自主性を奪うようなことを行った」、と一面にデカデカと書き立てました。
あまりに酷い偏向番組に対して、国民から選ばれた政治家が、意見を言うのは当然です。
日教組や左巻き教授ならいざ知らず、常識的一般国民は、極左・日放労に、左翼偏向の著るしい、番組制作の白紙委任をした覚えは毛頭ありません。
町工場の親方 |  2014.10.04(Sat) 20:25 |  URL |  【コメント編集】

★続き

しかし、そのようなことをしておきながら、訂正、謝罪は一切行わず、あたかも、「真っ黒な烏を純白の鷺」、で押し通そうと言うのですから、無茶苦茶です。左巻き人種は別として、常識的国民は呆れ返っています。
「朝日」、は10月1日の記事で、「『NHK報道』、委員会」、の見解とやらを元に、幕引きをしたつもりかも知れませんが、とんでもないというほかありません。
第三者機関?「『NHK報道』、委員会」、とかいうものが実に怪しい代物です。
この委員会は、安部、中川代議士、松尾総局長に会って話しを聞くことすらしていません。
挙句の果てに、

「公共放送のあり方に一石を投じたことは評価していい。それを浮き彫りにした朝日の努力を評価したい」・・・丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長。(菅直人が民間から初めて登用した、支那ベッタリの在北京・日本大使)

「このケースは典型的な、『政治的圧力による番組変更』、の例といえる」・・・原寿雄・元共同通信編集主幹。

「そもそも今回の記事の狙いは、公共放送と政治の距離、すなわち、放送番組への、『政治的不干渉』、『番組編集の自主性』、を定めた放送法の精神や憲法で保証された表現・報道の自由が危うくなっていないか、という問題提起があった」・・・本林徹・前日弁連会長。

「当初の取材結果からは、記者が、中川氏と松尾氏と、放送前日会ったと考えたことに相当性があり、初報の書き方に過失はないであろう」・・・長谷部恭男・東大大学院教授。

何のことはない、本田記者の行動と、「朝日」、のやったことを何としても正当化しようとする、最初に結論=朝日無罪、ありきの、「朝日」、ベッタリの言い分です。
こんなもので国民が納得すると思っているのか!、と呆れるとともに、怒りが湧きます。・・

※、流石にチョーニチのこの幕引き?には他のマスコミも呆れ、「毎日」でしたか、この幕引きはないだろう」、という主旨の批判を書いていたような記憶があります。
しかし、左翼が組合の幹部となっている、マスコミは、頭から、「朝日」、を強く批判するという言動は取りません。(取れません)
しかし、呆れて、白けたマスコミ関係者は少なからずいたようです。

今回の顔ぶれは、前回と違って、はっきり、「朝日」、と同根の、「左翼」、という顔ぶれではありません。
しかし根底的に、反日・親中、というメムバーと思います。岡本行夫などその典型、(チョーニチが選んだ、《第三者》ですから当然です。)

さて今回はどんなことになりますやら。


町工場の親方 |  2014.10.04(Sat) 20:33 |  URL |  【コメント編集】

★第三者委員会の顔ぶれ

朝日第三者委員会の正当な顔ぶれは、高山正之氏、百田尚樹氏、渡邉哲也氏、本郷美則氏、桜井よし子氏、阿比留瑠比氏である。
朝日を真正面から批判できる人を選ばずに翼賛会的な委員会を作ったって誰も信用しないばかりでなく、かえって反発を強めるだけだという事が判らないのが現状の朝日首脳である。
朝日も末期的症状を明確に表しているとしか思えない。
tbsasahinhk |  2014.10.05(Sun) 09:37 |  URL |  【コメント編集】

★朝日新聞社は極めて悪質な虚報の詐欺術(故意に重要な事実を伏せ、視聴者の思考を操作する騙しのテクニック)を常用している!!

 朝日新聞社が世界中に広めた従軍慰安婦強制連行は朝日によって捏造された虚構である。しかし2014年9月11日から朝日新聞社とテレビ朝日は、性懲りも無くまたぞろ朝日と同類の左翼マスゴミと筆を揃えて悪質な詐術を開始した。

 彼らの悪質な詐術とは、まず売春業が第二次世界大戦中の日本国では合法であり、それはドイツをはじめヨーロッパ各国が売春を合法化している現代の国際倫理に照らしても悪ではないことを隠蔽し、軍の関与の具体的な内容を説明せずに女衒と慰安所に軍の関与があったことをひたすら強調する。

 次に「軍の慰安所で働く慰安婦は、女衒の従業員-娼婦-であったから、当然のことながら女衒との契約に拘束され、雇用主である女衒によって軍人軍属に対する売春業務を命じられていた」ことを「女性は意に反して(女衒によって)自由を奪われ兵士に対する性的サービスを強いられた」と言い換え、これに「軍の関与の下で」を付け加え、(女衒によって)を省略するのである。

 そして「日本軍の関与の下で女性は意に反して自由を奪われ兵士に対する性的サービスを強いられた」と作文し、これを広義の強制性と称して、広義の強制性はあったから、吉田清治の「私の戦争犯罪」が虚構で日本政府および日本軍による強制連行が無くても、慰安婦問題の本質が女性に対する人権侵害であることは変わらないと繰り返し強弁し続けるのである。

 朝日のいう広義の強制性は、今日のあらゆる合法的接客業に存在し、犯罪でもなければ人権侵害でもない。広義の強制性は1997年から吉見義明によって使い古された詭弁であるが、朝日新聞社としては会社の至上命題である朝日自身の組織防衛と国際的な反日世論の温存のために、この詭弁にすがるしかない。

 吉見は大学教授として生き残っており、「日本軍の関与の下で女性は意に反して自由を奪われ兵士に対する性的サービスを強いられた」という文章は、慰安婦問題に疎い日本国民と外国人に「日本軍によって女性は自由を奪われ兵士に対する性的サービスを強要された」「日本軍によって女性は拉致され監禁され強姦された」と錯覚させるからである。

 朝日新聞社は極めて悪質な虚報の詐欺術(故意に重要な事実を伏せ、視聴者の思考を操作する騙しのテクニック)を常用しており、朝日新聞2009年10月24日社説「中国人強制連行-政府も勇気ある行動を」は朝日の詐欺術から日本国民を守るための絶好の教材である。
http://oncon.seesaa.net/article/405384649.html
ななしさん |  2014.10.05(Sun) 16:20 |  URL |  【コメント編集】

★No title

このメンバーでは大賛者委員会ですね
名無しさん@ニュース2ch |  2014.10.06(Mon) 23:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2677-23e99a69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |