FC2ブログ

2008.05.07 (Wed)


「象徴」を政治に利用するな

見せ掛けの友好はお断り

高校生の頃、日本の歴史を学んで武士達が戦うときはいつも錦の御旗として皇室を利用して戦ったことを知った。
無力で利用されるだけの皇室など要らないと若者独特の正義感で天皇制を否定していた。

しかし、歳を重ねるに従って、日本の象徴としての皇室を受け入れるようになった。
国民が心をひとつにするための象徴は必要であると。

しかし、16年前の天安門事件の幕引きに陛下のご訪中が利用され、今また胡錦濤主席来日の行事で政治的に利用されているお姿を見るにつけ、歴史は繰り返すと慨嘆せざるを得ない。

皇室外交の効果については論ずるに足る知識がないが、国際社会における象徴の関り具合や時期といったものを政府は深く考慮すべきである。

いまさら言っても仕方が無いが、胡錦濤来日は北京五輪後に延期すべきであった。

日中共同声明は案の定、中味の無い戯言にすぎない。
環境問題で日本が中国に寄与する一方、東シナ海ガス田開発問題や食の安全問題について進展が見られないのは想定内であった。

陛下は胡錦濤に対し、パンダの一億円レンタルで「日本の子供が喜びます」と感謝の意を表された。

子供の親は上野動物園でパンダを子供に見せながら、この動物は本来チベットという国に生息する希少動物であり、そのチベットを中国は侵略し、破壊し、民族の浄化を図っているという事実を教える絶好の機会である。
子供の夢を壊すな?
パンダなど見なくてもアメリカ仕込みのディズニーランドで外国種のぬいぐるみ動物がたくさん見られるではないか。

「相手の嫌がることはしない」福田首相の演出するみせかけの日中友好は止めて中国からの来賓には一刻も早くお引取り願おう。
日本は中国に対する苦言を呈してこそ本当の友人である。
聞く耳を持たぬことは百も承知だが。
チベット旗と日の丸を手に、シュプレヒコールで国民の声を胡錦濤の耳に届けなければならない。
見せ掛けの友好はお断りだと。


日中友好は茶番であると思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:06  |  -中国  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/266-7c995b2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |