FC2ブログ

2014.08.29 (Fri)


朝日新聞の誠意が裏目に出たと嘆く朝日OB

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


朝日新聞のOBが朝日新聞を必死に擁護している姿は哀れさを通り越して滑稽ですらある。
「朝日新聞の誠意が裏目に出た」などと言っている。

どこに朝日新聞の誠意があるのか。
昨日は恥の上塗りよろしく、「核心変わらず」とまだ往生際の悪い弁明に懸命ではないか。

NHKのOBが籾井会長の罷免を求めて1000人以上が署名したという愚かさにも似ている。

もはや朝日新聞のコアな読者(9条死守、お花畑の一国平和主義者、工作員)しか朝日を購読しないだろう。

朝日新聞の誠意が裏目に出た(?)従軍慰安婦検証報道(柴田鉄治)

(前文略)
ところが、安倍政権が誕生してから、「河野談話」を継承すると宣言しながらその成立過程を検証しなおしたことで、再び韓国の怒りを煽ってしまい、日韓関係が一段と険しくなってきていた
 そうした状況を受けて、日本の一部のメディアやネット上で「そもそも従軍慰安婦問題は、朝日新聞が火をつけたのがきっかけだったのだ」といった朝日攻撃が激しくなってきたため、朝日新聞社がそれに応えた検証記事を出したのだった。

(朝日記事の紹介は略)

 吉田証言を最初に報じたのは32年前だというから、なぜもっと早く真偽の判定ができなかったのかという疑問は残るが、それはともかく、記事に誤りがあればきちんと訂正するのはメディアの当然の義務であり、ウヤムヤにせずにけじめをつけたことは、評価されてもいいはずのものだ
 ところが、この朝日新聞の誠意は、朝日攻撃をしている人たちにはまったく伝わらず、鎮静化どころか火に油を注ぐような結果となった。たとえば、朝日新聞とは論調の違う読売新聞や産経新聞は、まるで鬼の首でも取ったかのような紙面展開をした。
 読売新聞は一面の準トップの扱いで「慰安婦報道、朝日32年後の撤回、強制連行証言は『虚偽』」と報じ、産経新聞は三面をほぼ全面使って「『慰安婦』朝日検証、訂正まで32年、明確な謝罪避ける、挺身隊と混同『研究の乏しさ』」と報じている。
 しかも両紙とも社説欄をこの問題だけに集中する「一本社説」で取り上げ、読売は「『吉田証言』ようやく取り消し、女子挺身隊との混同も認める」、産経は「『強制連行』の根幹崩れた、これでは訂正になっていない」と、それぞれ激しく朝日新聞を攻撃する論調を展開している。
 新聞だけではない。テレビの朝日攻撃も新聞以上に激しかった。私がたまたま見た番組は2つだけだったが、読売系列の日本テレビの番組では、ある学者が「朝日が非を認めるまでの間、国際社会に日本の負のイメージをどれほど浸透させ、日本の名誉が傷つけられたことか」とまるですべてが朝日新聞のせいだと言わんばかりの解説をし、産経系列のフジテレビの番組では、先に従軍慰安婦問題で大失言をした橋下・大阪市長が大変な剣幕で朝日の非をならしたうえ、反論しようとした他の出演者に「黙れ!」と怒鳴りつける一幕まであった。

(Ponko注:「新報道2001」で橋下市長が大阪からスタジオにコメントしている最中に共産党の小池晃副委員長がたびたび言葉を差し挟んだので「黙れ共産党!」と笑いながら注意しただけで、小池氏もニヤニヤ笑っていた。それだけのことである)

 週刊誌はさらにひどい。週刊新潮は「世界がこの大嘘を根拠に『日本を性奴隷国家』と決めつけた、朝日新聞『慰安婦虚報』の『本当の罪』を暴く」、週刊文春は「朝日新聞よ、恥を知れ、『慰安婦誤報』木村社長が謝罪を拒んだ夜」、週刊ポストは「全国民をはずかしめた『朝日新聞』七つの大罪」…というのだから、見出しだけで中身は想像できるだろう。
 こういう反応を見たり読んだりしたことで、私は「朝日新聞は検証記事の出し方を間違ったのではないか」という感想を抱いた。これは、あくまで私の個人的な意見であり、しかも後知恵なのかもしれないが、朝日新聞は、この検証記事を次のような三段階に分けて報じればよかったのではないかと思うのだ。

 第1弾は、「吉田証言」は調べた結果、信用できないので「おわびして取り消します」とその関係のことだけに絞ること。第2弾は、その他さまざまな朝日批判に対する反論や説明などを記すこと。そして第3弾に、これからも朝日新聞は従来と同じ姿勢で従軍慰安婦問題に取り組んでいく、という「決意表明」をすること。
 この3段階の順序がはっきりしていれば、同じ日の紙面でも構わないが、日を変えて連載にすれば、さらに分かりやすかったかもしれない。これをすべて一緒にしてしまったため、とくに一面の「決意表明」から始まっていることでいっそう、謝罪が明確でないとか、開き直っているとか、そんな印象を強めてしまったように思うのだ。
 さらにもうひとつ、検証記事に「他紙の報道は」という囲み記事を置いて、他の新聞も同じような間違いを報じていたと書いているが、これは書かないほうがよかった。私の「新聞論」は偏っているのかもしれないが、「他紙もやっているではないか」とあげつらうのは、それによって罪が軽くなるわけではなく、書くべきではなかったと私は思う。
 とにかく、こうした激しいバッシングを受けて、朝日新聞の今後の報道が委縮することのないようにと祈るばかりだ
。(引用ここまで)

「萎縮」するどころか「慰安婦問題『核心変わらず』」と開き直っている。
この際、「誠意なき」朝日新聞を徹底的に追い詰めることが反日メディアの正常化につながるのである。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:32  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★守勢に回った事が初めて。

守勢に回る味わい、しかも自らの捏造と虚報で世界にまき散らしたジャーナリズム精神。
日本の精神は腐っていることをこの新聞は、示し潰れることで日本の良心が、証明される。
自作自演で潰れるこの会社どこかの国と瓜二つ。
katachi |  2014.08.29(Fri) 16:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2612-334f3422

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |