2014.08.14 (Thu)


辺野古沖のブイ設置始まる

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 反日左翼の差しがねで小学校を危険な基地から意図的に移設させない普天間基地。
その移転先の辺野古基沖いよいよブイの設置が始まった。
基地に反対する左翼の運動家が市民を巻き込んで醜い反対運動をする映像を垂れ流すテレビメディアはブイの設置を妨害しようとする反対派が乗り込んだボートの群れを放映する。
いかにも地元は総出で反対しているように見えるが、賛成派も居るに違いない。

テレビ朝日は「地元の反発は必至のなか、政府はなぜこのタイミングでブイの設置に踏み切ったのか」と自問し、「普天間基地を返還させるためのギリギリのタイミングだ」と自答している。
なんとも阿呆らしい報道である。

 しかし、今後反対派の無用の抵抗の映像を次々と取材・放映し基地反対派の行動を誇大に伝えるだろう。
韓国人慰安婦の問題をめぐる朝日新聞の反日運動が白日の下に晒された今となっては、テレビ朝日の偏向報道を信じる者はいないだろう。

テレビ朝日(2014/8/14)
「地元反発は必至の中 政府はなぜこのタイミングで・・・

辺野古反対辺野古反対運動
「戦争できる国へと突き進む安倍政権を打倒するぞ」「安倍政権を打倒するぞ」などのブラカードを掲げる反対派

 沖縄県の辺野古で、アメリカ軍基地移設に向けての本格的な作業が始まりました。地元の反発は必至のなか、政府はなぜこのタイミングでブイの設置に踏み切ったのでしょうか。

(政治部・千々岩森生記者報告)
 政府が作業を始めた背景には、5年後の2019年までに「世界一危険」といわれる普天間基地の運用を止めて、日本側に返還させるためにはもうギリギリのタイミングだという事情があります。政府は当初、7月下旬にはボーリング調査を始める予定でしたが、台風の影響などで1カ月近く延期されました。10年前の調査とは違い、ブイとブイの間に特殊な網を張って作業区域に入れないよう備えると同時に、海上保安庁などには、けが人を出さないよう指示しています。政権幹部は「沖縄県の基地の負担を軽減するために工事は粛々と進める」としています。11月の沖縄県知事選について、自民党幹部は「辺野古への移設は結論が出た話だ。知事選は、沖縄の振興をどうしていくかが争点だ」として、影響は少ないとの見方です。政府は、移設と同時に9000人の海兵隊員を沖縄からグアムなどに移すとともに、オスプレイの訓練を沖縄県外に移転するなど負担軽減を進めて理解を得たい考えです。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:34  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2580-66316cc8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |