2014.08.05 (Tue)


米グレンデール市慰安婦像撤去提訴は棄却

 1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 朝日新聞が慰安婦報道の一部取り消しを報じた今日、奇しくもグレンデールの慰安婦像撤去を求めた在米日本人らの提訴が連邦地裁で棄却された。
まことに残念なことである。

 最初担当した原告代理人が在米韓国人や韓国の運動団体の圧力で辞任してしまったことが大きかった。
反日勢力は今後も日本の名誉を毀損しようと躍起になって米国で慰安婦像を建て続けようとすることだろう。

 日本政府は在米日本人とそれを支援する団体に支援の手を差し伸べるべきである。
官民一体となって中韓との情報戦争に勝たなければ日本の名誉は回復できない。

産経ニュース(2014/8/5))
米グレンデール慰安婦像撤去訴訟 原告側提訴を棄却「十分な主張なし」連邦地裁

 【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像をめぐり、在米日本人らが市に撤去を求めた訴訟で、同州の連邦地裁は4日、原告側の訴えを棄却する判断を下した。連邦地裁は「提訴には十分な主張がない」とした。原告側は「さらなる訴訟も含め、今後も像撤去に向けた対応を検討していく」としている。
 原告は在米日本人と「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」の米国団体。原告側は、市は連邦政府が持つ外交権限を越権し、韓国側の主張だけに基づき慰安婦像を設置したとして今年2月、市を相手取り、像の撤去を求めて提訴した。
 連邦地裁はその後、原告、被告の双方から2回ずつ、聞き取りを行い、提訴について吟味した。その結果、「原告が感じているとする痛みと、市が連邦政府の権限を侵していることの関連性が薄い」などとして、提訴棄却を決定した。
 公判の中で、韓国側が米国で展開している日本に対する慰安婦問題追及の根拠のあいまいさをあぶり出す効果も期待されたが、公判期日の指定がないまま、提訴は棄却された。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:20  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★米韓慰安婦問題上陸間近。

在米韓人に自国の米軍向け慰安婦の実体が、明らかにされつつある。
其の従事した慰安婦は健在で韓酷政府にも抗議を始めた。
反対に日本は、朝日の捏造を自ら認めることになり、誤りを紙面に現した。
しかし日本人を貶め世界問題にしたことの謝罪は、皆無であり、さらに追及される模様。
このような環境の変化に伴いアメリカも自国に降りかかるリアルな慰安婦問題をどのように対処をするのか見ものである。
アメリカは、韓酷と一緒になって日本叩きに参加していた関係上、アメリカの態度に注目が集まるでしょう。結構笑える。
韓酷のリアル慰安婦が、アメリカに賠償を持ち掛ければ、さらにアメリカの人権問題・国連の人権委員会が、どのように判断するのか。
とにかく大きな問題を含んでいる。
しかも韓酷自体も被害者面しているが、ベトナム戦争時の行為が控えており予断を許さない。
この問題は、互いに未来志向で手打ちに出来るだろうか?それからさらに東京裁判迄延長することになれば、アメリカは丸つぶれである。
アメリカ国内でもルーズベルト批判本も出ているようだし、色んな意味で絡まってきますね。
まだ日本は、戦争の総括も出来ておらず、アメリカなき総括は、日本だけでは、やはり不可能だったと言えます。
katachi |  2014.08.06(Wed) 03:04 |  URL |  【コメント編集】

★日本国内において、帰化未帰化在日韓国人の在日特権、ならびに日本国へのビザ免除・留学・初等教育教員就職・中等教育教員就職・高等教育教育教員就職・地方公務員就職・外国人高度人材・外国人技能実習生・外国人労働者・定住権許可・永久権許可・特別永住権許可・帰化許可などなど・・・の即時の剥奪と廃止の要求の声が圧

日本国内において、帰化未帰化在日韓国人の在日特権、ならびに日本国へのビザ免除・留学・初等教育教員就職・中等教育教員就職・高等教育教育教員就職・地方公務員就職・外国人高度人材・外国人技能実習生・外国人労働者・定住権許可・永久権許可・特別永住権許可・帰化許可などなど・・・の即時の剥奪と廃止の要求の声が圧倒的多数
-----

保守速報 様 Twitter H26.2.5

【オレオレ詐欺】在日韓国人で暴力団幹部の朴秀信被告35歳は、5度目の逮捕!にもかかわらず韓国へ強制送還されず。日本国内において、帰化未帰化在日韓国人の在日特権、ならびに日本国へのビザ免除・留学・初等教育教員就職・中等教育教員就職・高等教育教育教員就職・地方公務員就職・外国人高度人材・外国人技能実習生・外国人労働者・定住権許可・永久権許可・特別永住権許可・帰化許可などなど・・・の即時の剥奪と廃止の要求の声が圧倒的多数…大阪府

そもそも、帰化未帰化在日韓国人の初等教育教員就職・中等教育教員就職・高等教育教育教員就職・地方公務員就職・外国人高度人材・外国人技能実習生・外国人労働者は、憲法違反です。

----- 以上、転載終わり(加筆含む) -----

宇都宮保守ラーガー
英美 |  2014.08.06(Wed) 10:11 |  URL |  【コメント編集】

★No title

負けて当然ですし、何のために訴えたのか意味が分かりません。 まるで負けることによって慰安婦を助けているかのようです。 
「裁判で慰安婦の根拠の無さを法廷で明らかにする」と言っていましたが、全くできていません。 

本人の自白の自白は、「自己の不利になるような証言をするわけが無い」として、証拠とされます。 慰安婦の一件では、それが吉田証言ですが、これは捏造でした。  
かつての慰安婦の証言はデタラメ、そして、物証もなく、自白もない状態で、検察が起訴をすると思いますか? 

この状況で負けるなど、慰安婦並のアホです。 集めた、裁判費用は、それぞれの人に返還すべきです。 

米国では、弁護士費用は成功報酬。 

慰安婦像の為に精神的な苦痛を味わったとして、裁判を起こせば、有能な弁護士が無料で雇えるのに、なぜか「地方議会では外交が;・・・・」などと、言い出し、弁護士費用を集めていました。 

こんなのを相手にしないで、「精神的な苦痛に対する慰謝料」を求めて訴えるべきです。 

途方もない慰謝料が取れるはずですから、有能な弁護士がつけられます。  その弁護士が、慰安婦の証言の嘘を裁判の中で暴いてくれます。 

米国で、「弁護士費用が」などと言い出す者たちはのいうことなど信用しないことです。(もちろん、訴えられた場合は別です。攻撃をしてく側で弁護士費用がかかるなどありえません) 


そもそも、米国では
 |  2014.08.06(Wed) 10:13 |  URL |  【コメント編集】

★No title

<門田隆将ブログ>

従軍慰安婦「記事取り消し」でも開き直った朝日新聞
2014.08.05

本日(8月5日)紙面で朝日新聞が、突如、従軍慰安婦の大特集を組んだ。しかし、まるで子どものようなひとりよがりの記事に、私は絶句してしまった。“僕だけじゃないもん!”――そんな駄々っ子のような理屈に、言葉を失った読者は多いのではないだろうか。
「この記事は、本当に朝日が従軍慰安婦報道を反省し、撤回したものなのか」。私は、本日の朝日新聞の大特集を読みすすめながら、そう思った。「これは、逆に火に油をそそぐものかもしれない」と。
従軍慰安婦問題とは、朝日新聞が一貫して報じてきた「強制連行問題」にある。あの貧困の時代、さまざまな事情で、春を鬻(ひさ)ぐ商売についていた薄幸な女性たちが数多く存在した。そういう商売が「公娼制度」として現に認められていた、今とは全く異なる時代のことである。

後略

http://www.kadotaryusho.com/blog/index.html
* |  2014.08.06(Wed) 11:35 |  URL |  【コメント編集】

★反日マスコミを叩き潰すのが先決

TV、新聞が垂れ流している反日情報によって、生活に追われている連中は洗脳されていることは確かであり、世論調査、選挙に影響が出てくる。

マスコミの親玉であるNHKは上手に共産党、在日がもぐりこみあの手この手で洗脳している。

NHKは踏ん反りながら反日情報を流している。
放送している内容をよくチェックし、法に照らし叩き潰さねばならない。
正しい報道局 |  2014.08.06(Wed) 17:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2562-a223cce4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |