2014.08.02 (Sat)


集団的自衛権 「あり得ない徴兵制」

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 今日の産経新聞の一面トップの見出しをブログ記事の見出しに借用した。
集団的自衛権をめぐって反対派が主張する根拠は、「日本が戦争に巻き込まれる」「自衛隊員が戦後初めて人を殺す」「徴兵制になる」と極めてナイーブな表現を武器として、戦後の一国平和主義に染まった国民を情緒的に誘導するプロパガンダで理性的な判断を奪おうとしている。

 集団的自衛権とは同盟国や友好国と連携して自国を防衛することであり、そうすることによって逆に戦争を防ぐと言うことがどうして分からないのか。
戦争はパワーバランスが崩れ時に起きるものだということは過去の歴史が証明しているではないか。

社民党ポスター社民党ポスター

 極論を承知で言えば「自衛隊員は人(敵)を殺しても良い」
それは日本国民を守るためだから。
いまのままでは、自衛隊員は攻撃されても銃の引き金を引けず、殺されるだけである。

「戦場に、あるいは地球の裏側にまで駆り出される自衛隊員は可哀想」などと同情しているフリをしているが、本当は自衛隊員の命のことなどひとかけらも心配していない。

テレ朝の「朝ナマ」に出ていた元防衛官僚・小池清彦老人は自衛隊員は海外に行きたがっていないとか、自衛隊員になる若者が居なくなるから必ず徴兵制になると言い張っていたが、まったくのデタラメである。

「先進国などで徴兵制を排し・停止するのは世界的な潮流」(産経新聞8月2日付)


なぜなら「兵器が高度化したために短期間での習熟が不可能」(同上)だからだ。
いまや陣笠(歩兵)の数で勝負する時代ではないのだ。

また、
「集団的自衛権の議論が本格的に始まった昨年を含めても、幹部自衛官を目指す若者は減らないどころか増え続けている」(同上)

「行使容認に反対する勢力はそうした事実から目を背け、耳目を集めやすく、刷り込みやすいプロパガンダで『集団的自衛権=悪」のイメージを植え付けようと "宣伝戦" を仕掛けている」(同上)

ここで不思議に思うのは、どうして彼等はそれほどまでヒステリックに集団的自衛権に反対しようとしているのかということである。

考えられることは唯一つ。
集団的自衛権を行使されては迷惑な国(中国)の意向に従っているのだ。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:48  |  集団的自衛権  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★つまりメディア側のパワーバランスが壊れる。

既にネットが、蔓延してからメディアのコントロールが利かなくなっている。
メディアが、TVで主張しても国民が、メディア通り反応しなくなったためだと思う。
社民党のポスターも世代の古さを感じる。
日本の様に高度になれば、遠隔戦争に拍車がかかる。
メディアの主張は、韓酷にピッタリだろう。
あの国は、先進武器の完成度が低いため自力で戦うには徴兵に頼るしかなくなる。
北と良い勝負だ。
むしろ北の方が強いだろう。
日本を誘導せず韓酷で流した方が効果が、有ると思う。
katachi |  2014.08.03(Sun) 01:18 |  URL |  【コメント編集】

★No title

左巻きは、最初は弱者を守るんだといっておきながら、
イザとなると、弱者をたてに、
自分を正当化する。
はっきり、いえば、卑怯者集団。
英 |  2014.08.03(Sun) 07:03 |  URL |  【コメント編集】

★No title

徴兵制があり得ないと決めつけるのは問題だと思おう。
憲法を改正し、そのようなことも可能にしておくことが
必要だと思っている。
おっさん |  2014.08.03(Sun) 15:35 |  URL |  【コメント編集】

★兵役制度の意義

反日サヨクの活動家連は、兵役制度が若年層の貧困・雇用対策に有効だということを無視している。
兵役はムダなだけの苦役ではない。自我の育成に役立つ精神鍛錬であり職業訓練でもあるのだ。
政治意識も養われるし、何より愛国教育に有益である。「軍隊」は、学校や職場以上に自己を磨く場でもあるのだ。
人権意識の高い北欧諸国が何故、近年まで兵役制度を維持してきたのか、平和主義を標榜するサヨクは考えてみるべきである。
名無しさん |  2014.08.03(Sun) 18:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2555-1f617244

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |