FC2ブログ

2014.07.16 (Wed)


日本は韓国を完全に見捨てたと韓国大学教授

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 香港のメディアが韓国の大学教授にインタビューして「日本は韓国を完全に見捨てた」と語ったと伝えた。
日本人の国民感情を正直に伝えた教授は正しいが、韓国で袋叩きになるのではないかと心配だ。

 過去には2004年に「親日派のための弁明」を書いた金完燮氏は祖国を追われてアメリカに亡命した。
この本は日本の朝鮮統治がいかに朝鮮にとって良かったかを統計数値などを交えて証明し、韓国の歴史認識の過ちを正した本である。

 先祖が親日派だったというだけで、財産を没収するような反日国家の韓国は見捨てるしかない。
この教授は「日本は中国に経済規模で遅れを取って以来、他国に軽視されてきたが、安倍政権になって日本に明るさを見出した」ともいっている。

 GDPで中国に負けたからと言って世界は日本を軽視したとは思わないが、安倍政権を正しく評価しているから見逃してあげる。
中国のGDPなどバブルが崩壊すればいずれ日本に負ける。

 中韓の接近を見抜いていた安倍首相は「聡明だ」と評価し、中韓は歴史問題で日本を責めるが、それは中韓だけで、世界は日本をないがしろにしていると思っているが、そう思っているのは中韓だけだと見抜いているあたりは実にアッパレである。

サーチナ(2014/7/16)
日本は韓国を「捨てた」・・・韓国教授が主張、反日的態度が鮮明すぎた=香港メディア

 香港メディアの中国評論通信社は15日、韓国外国語大学国際関係学部の黄載皓教授に対して取材を行ったことを紹介し、黄載皓教授が「中韓関係がポジティブな関係だとすれば、日韓関係はネガティブな関係」、「韓国の反日的態度が鮮明すぎたため、日本は韓国を完全に捨てた」と話したことを伝えた。
 記事は、安倍晋三首相の行動を見る限り、「日本はあくまでも中国に対抗する道を歩むと決めたのだろう」と黄教授が語ったことを紹介。さらに、2010年に中国の経済規模が日本を超えて以来、「日本は国際舞台や外交上で軽視されることが多かったが、安倍氏が首相になってから他国は日本に明るさを見出した」と述べたと伝えた。
 続けて黄教授は、欧州や東南アジアでは「歴史問題」がないため、日本はとても歓迎されていると指摘し、歴史問題を気にしているのは中国と韓国だけであり、「中韓の人びとは“多くの国が日本をないがしろにしている”と思っているが、実は、そう思っているのはわれわれだけだ」と述べた。
 続けて、現在の日韓関係について、黄教授は「われわれが案じているのは米国との関係」と語り、安倍首相が「日韓関係悪化の責任は韓国にあるとして、米国に圧力をかけさせている」と主張。さらに、安倍首相は韓国が中国と接近することを見抜いていたと指摘し、「安倍首相は聡明だ」と語った
 記事は黄教授が「韓国の外交には態度が鮮明すぎるという問題がある」と述べたことを伝え、外交には「曖昧さ」も求められるとの見解を示したことを紹介。続けて、韓国の反日的態度が鮮明すぎたため、日本は韓国を「完全に捨てた」との見方を示した。(編集担当:村山健二)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

16:45  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

本当に見捨てて欲しいものだ。
電子部品の輸出などは価格を吊り上げて抑制すればよい。
おっさん |  2014.07.17(Thu) 08:55 |  URL |  【コメント編集】

★存在価値がない

北朝鮮に対しては拉致問題があるし、中国に対しては経済面で利益を生み出している現状がある。
でも南朝鮮には何もない。メリット0。捨てた、とも言えるし、価値がないから無関心になった、とも言えると思います。
梅きゅう |  2014.07.17(Thu) 12:35 |  URL |  【コメント編集】

★No title

全くその通りです。 日本の政府も日本の国民も韓国を捨てました。
鳩ポッポ2 |  2014.07.17(Thu) 17:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2519-4af93d32

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |