2014.07.03 (Thu)


「WILL」8月号から

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


WILL8月号WILL8月号

「WILL」8月号の総力大特集は「大メデイアが書かないこと、書けないこと」
しかし、今回のこのテーマの付け方は少し的外れの様な気がする。
背表紙には「百田尚樹・井沢元彦激論」とある。

今月号はこの対談と蒟蒻問答の堤・久保対談「大江健三郎よ、正気かい」が面白い。

反省なき朝日には不買同盟しかない」(百田尚樹・井沢元彦対談)

反日メディアの朝日新聞を徹底的に批判している。

井沢元彦
「百田さん、気づいていますか。百田さんはいま、安倍首相の代わりに石をぶっつけられているんですよ」(34頁)

井沢
「産経新聞を読んでいるのと朝日新聞を読んでいるのとで大きな違いがあります。(中略)これは本当に悲劇的なことなんですが、朝日を読んでいると世界観がおかしくなってしまうんです」(37頁)

井沢
「つまり(朝日新聞は)、ある日突然、論調がコロッと180度変わるわけです。それでいて反省も読者への説明も一切ない。長い目で見ると、朝日新聞というのは本当にバカな新聞だと思います」(39頁)


長い目で見なくてもバカな新聞である。

沖縄のサンゴ落書き事件、吉田清治の慰安婦強制連行のデッチ上げ事件などにも話が及ぶ。

百田尚樹
「だからいまでは、『朝日新聞はクズ』『時事通信もクズ』と言いまくってます。もうどんどん書いてくれと(笑)」(47頁)


朝日新聞の主筆や記者が退職して大学教授になっている。

井沢
「それどころか、朝日新聞を退職してから大学で教えていたりする輩もいます。いったい、学生たちに何を教えているのか。誤った情報や考えを吹き込んでいるのではないかと『二次被害』が懸念されます」

百田
「前主筆の若宮啓文氏などは、韓国の大学で教えていますからね。従軍慰安婦強制連行の嘘を流した植村隆氏にしても、北海道の大学で非常勤講師を務めていると聞きます」

「覇権国家アメリカ 転落の時」(中野剛志)


アメリカが内向きになって、もはや同盟国としてもあまり頼りにならなくなってきているという。

「もし中国が尖閣諸島を強奪しても、アかメリカが日本のためにしてくれるのは良くて経済制裁だということだ」(65頁)

「尖閣諸島は、東アジアにおいて日本と中国のいずれがリーダーなのかを決める天王山なのである」(66頁)

「アメリカの弱腰ぶりは、さすがの親米保守の論者たちの目にも明らかになっている」(70頁)

「ここからも明らかなように、世界への関与に対して消極的になっているのは、オバマ大統領や民主党だけではない。アメリカ国民全体がそうなのである」(71頁)


そうならば、日本はいま何を為すべきか。
頼りにならなくなってきたアメリカではあるが、「集団的自衛権を急ぐ理由が分からない」などとトボけている場合ではないのである。

「正々堂々と中国と対決 安倍総理 大宰相への道」(中西輝政)

「中韓によるレベルの低い対日批判とは趣が違うたけではなく、近年にない『日本の存在感』と安倍総理自身の『宰相の器』を世界に発信したのである」(73頁)

「第二次政権を運営する安倍総理は、吉田、岸にならぶ大宰相になりつつあると言ってもいいのではないだろうか」(74頁)


 親米保守の中西氏は安倍総理を高く評価するとともに「反米は自殺行為」だと警鐘を鳴らす。

しかし、次の一文には違和感を覚える読者もいることだろう。

「歴史を遡って見ても、例えば大東亜戦争は1930年代、十分な軍備も整わないのに、当時の日本人が不用意に『アジアの解放』を国策として掲げたため。自らは避けようとしていたアメリカとの対決に向かって行った結果、行きついた悲劇であった」(79頁)

村山談話の・・・

「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」

を思い出してしまうからである。

「ことさら反米を打ち出し、北方領土欲しさにロシアに接近する、あるいは経済的利益につられて中国との無原則な融和を求めるようなことがあれば、日本は足元から総崩れになるだろう」(79頁 結語)

このほか産経新聞の古森義久ワシントン駐在特派員の「米中冷戦で世界大動乱へ」は・・・

「米中戦争が起きかねない火薬庫の一つは、疑いなく尖閣諸島なのである」(218頁)

と米中関係が緊張していると説く。

集団的自衛権の行使容認で日米の安全保障環境を強化する一方で、次は、日本自身が自主防衛の準備を早急に進めなければならないと痛感する。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:13  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★尖閣に資源が無ければ、漫画です。

国連の流した情報は確かなものなのか?
日本領土であることに間違いないが、支那も食いつき良すぎる。
アジアの盟主は、歴史的に見ても日本でしょう。
海洋国と大陸国に納まる必要がある。
日本も大陸に手を出して失敗している。
支那が、海洋国家に手を出せば、溺れるのは目に見えている。
支那は、沿岸警備隊で良いのです。
昔、南船北馬と言いましたが、南船とは大陸沿岸や内陸運河を意味します。大洋ではないのです。
ロシアも海軍を持ってますが、日本海開戦でバルチック艦隊は、全滅ですからね。
確か清朝の北洋艦隊も壊滅でした。
どう頑張っても支那共産党が、歴史を変えるとは、思えません。
今の開戦は、昔と違って決着は、早いです。
支那の軍港に一隻も戻らないことだって有りうる。
それでも支那は、海洋に手を出すのでしょうか、自殺行為です。

katachi |  2014.07.04(Fri) 06:34 |  URL |  【コメント編集】

井沢元彦さん。20年ほどまえに井沢さんの書籍をよく読んだものでした。井沢さんの信条が保守であったことを嬉しく思います。司馬遼太郎のファンはたくさんいますが、司馬遼太郎はなんとなく保守ではない気がします(個人的な感想)。作家というのも、社会的影響力をもってますので。
 |  2014.07.04(Fri) 08:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2502-af9717a4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |