FC2ブログ

2014.07.02 (Wed)


安倍首相の行く手を阻む朝日・毎日

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

TBS「サンモニ」が安倍首相の正当性を証明

 石原慎太郎氏が「アサヒは飲むもので読むものではない」と言ったとか言わないとか。
けだし名言である。

この朝日新聞と連携を組む反日メディアの毎日新聞とTBSは安倍首相の集団的自衛権の行使容認に全力を挙げて反対して来た。

にもかかわらず昨日、安倍首相が閣議決定にこぎつけたのは御同慶の至りである。

 たびたび言うように、新聞社が自己主張するのは勝手である。
「表現の自由」は民主主義の基本的なルールである。

しかし、B層を含む全国の善男善女が毎日接しているテレビ媒体は違う。
放送法という縛りがある。

ひとつの論点に対して異なる意見がある場合は、その両方を公平に報道し視聴者の判断に委ねなければならない。

その放送法に違反しているのがTBSでありテレ朝であり、公共放送のNHKである。

 数ある反日テレビ番組の中で、TBSの「サンデーモーニング」はとりわけこの違反が突出している。

司会者、レポーターをはじめ、出て来るコメンテーターは全て一方的な立場を主張して、恬として恥じない。
全てプロデューサー、ディレクターの指示どおりのお約束発言である。

仲間内だけで盛り上がっている。
盛り上がらなかった唯一の例は東京オリンピックが決定した時の番組であったというのも有名な話である。
司会者をはじめ、コメンテーターたちは意気消沈してお通夜のようであった。

 毎日新聞(TBS)は終始一貫して安倍首相の「戦後レジームからの脱却」に反対し妨害している。
「サンモニ」は毎週一貫してひとつのチャートを視聴者に示し、如何に安倍首相が憲法を改正し、日本が普通の国になるという目標に向かってまい進しているかを批判的に解説している。

ある意味、知見ある者にとってはそれが安倍首相の進む方向が間違っていない事を示すチャートになっているのが皮肉である。

イメージサンモニ0629

 チャートの上段に「日本国憲法」という青色の横枠がのし掛かってており、憲法の「国民主義」「平和主義」「基本的人権」の三原則が示されている。

 安倍首相の顔写真入りの"戦後レジームからの脱却"の赤い目の横枠は下段から日本国憲法が示された上に向かって反逆するかのように立ち向かっている。

「安心」を示す青色に「危険」を示す赤色で対比させているあたり、視聴者のイメージコントロールが巧みである。

憎っくき安倍首相は就任後次々と強く正しく美しい日本国憲法に刃向い、それを変えようとしているのである。

日本国憲法に対して下から突き上げる矢印は「日本版NSC」であり「特定秘密保護法」であり、「防衛装備移転三原則」である。
これらは既に成立または閣議決定がなされてしまった。
6月29日の放映日にはまだ決定されなかった「集団的自衛権の行使容認」は7月1日に閣議決定されてしまった。

残るは平和主義の最後の砦、「専守防衛」であるが、これも「敵地攻撃」「先制攻撃」が可能になってしまうのではないか。

かくして、安倍首相の提唱する「積極的平和主義」は日本国憲法の平和主義を変貌させてしまう。

(左翼メデイアは安倍首相の「積極的平和主義」とは何の事がさっぱり分からぬととぼけているが、いやいやこうしてみると十分ご存じのようである)

そして「基本的人権」のひとつである「知る権利」も「道徳を教科化」する教育改革で戦前に戻るので危うい。

以上がTBSが主張する安倍政権の危うさである。

 しかし、この絵を見て思い出したのは、その昔流行った「スペースインベーダー・ゲーム」である。

チャートkk2インベーダーゲーム

 今から70年前、戦勝国のアメリカから押し付けられた憲法は日本をいつまでもアメリカの意のままに操ることできる国にするためのものであった。

インベーターは勝者の驕りで日本の歴史や文化を否定しようとしたのである。
石原慎太郎氏がよく言うように、終戦の日のニューヨークタイムズ紙には日本という醜悪な化け物がアメリカによってその牙を抜かれる漫画がでかでかと掲載された。

その戦後体制のインベーターを安倍首相が次から次へと撃ち殺して、日本が世界の他国と同じ「普通の国」にしようとしているのである。

そう考えると、TBSの意図する日本国憲法をないがしろにして再び戦争の出来る国にする危険な安倍政権という構図が、逆に安倍政権の正当性を証明してしまっているという真に皮肉な結果になっているといえよう。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:44  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★二度登場した安倍氏

これを容認しているのは、民意であり国民である。
これが、今の日本を代弁している。
経済に於けるグローバル化は、多くの反対する国民が居る。
是々非々で安倍氏を見ている人が多い。
安倍氏も戦後教育の人間であり思考的に洗脳されやすい体質を持っている事は、否定できない。
よって移民問題も短絡な感じを受けるし、民間議員による考えの採用も国民の雇用賃金に影響を与える。
アメリカを意識して政策をしているのか日本国民・伝統文化・国柄の事が、考慮されていない。
そう言うことが、全て規制に見えているのだろうか?
グローバルな無個性の国を目指しているようだ。
その観点から集団的自衛権を見れば、アメリカの代用に使われるだけかと見ることも出来る。
安倍氏も何か基本となる柱が有る様で無い様な感じも受けてしまう。
国民が、最後を締めくくるためにも是々非々の行動を取る必要がある。
アメリカは移民の国であり民意より経済の意向が政治を決定づける。
つまり金で政治が、買われている。
日本が、そうなれば存在する意義は、無い。
日本は、世界の雛形になる必要がる。
大東亜戦争も人種差別・植民地収奪を終焉させた国である。
日本が、アメリカと同じであれば、またもや罠に嵌って潰される。
未だ、安倍氏の方がマシな動きに見えるから支持されているに過ぎない。
反日朝日・毎日が、反対することが、正論を示す裏付けである。
それを見る限り正常運転をしていることになる。
彼らが賛成に回った時、罠が仕掛けられることを意識しなければいけない。
そう思うのである。

katachi |  2014.07.03(Thu) 05:28 |  URL |  【コメント編集】

★No title

渡邉哲也 @daitojimari · 1 時間

事実なら酷いRT @pichan0512: アカヒるアカヒ
【世論操作】 朝日新聞〈世論調査〉集団的自衛権、行動容認反対63%・・・←実は中国・韓国での調査が半分含まれていた
(未登録でも閲覧出来る部分には一切記述がなく有料閲覧部分の最後に一行記述してあるのみ)


チェシャ猫 ‏@CheshireCat2828 48 分
@daitojimari @pichan0512 本当のようです。見切れていますが

「調査は日本と中国で2~3月、韓国で2月に行い、中国調査は主要5都市で実施した。」の断片が読み取れます。

https://twitter.com/hiroforjapan/status/454482062045478912
* |  2014.07.03(Thu) 08:41 |  URL |  【コメント編集】

★No title

井上太郎 @kaminoishi · 21 時間

一昨年の2月に警視庁公安部は、朝鮮総連傘下団体を捜索し北朝鮮へのパソコン不正輸出事件に着手しています。文京区の「朝鮮出版会館」「在日本朝鮮人科学技術協会(科協)」他全国関連施設を捜索。外為法違反(無許可輸出)で起訴された李舜奇被告のパソコンのメールから概要が把握されました。


一連の総連関係の捜索により一年半の間に押収した資料の分析が進みました。鳥取と新潟に勢力が集中する理由、朝鮮大学校と大阪経済法科大学のすみわけ等、さらに工作員の役割もかなりわかりました。不正に輸出された約4000台のパソコンは朝鮮コンピューターセンターでサイバー攻撃用に使用された。


科協は59年に朝鮮総連の傘下団体として設立、科学者や研究者らが在籍し03年に公安部が摘発したミサイル関連機器の不正輸出事件では科協幹部が北朝鮮との間を仲介してました。06年7月に長距離弾道ミサイル「テポドン2」を発射の際、幹部が北朝鮮に頻繁に渡り、先端技術の流出元と指摘された。


在日本朝鮮人総聯合会は、全国組織ですが大都市を除くと新潟と鳥取に特に根を張ってます。新潟には本部のほかに祖国訪問事務所まであり支部も3つ。鳥取には支部が4つもあります。拉致被害の現場とも共通しています。全くない県もあります。東京には文京区白山に各関連団体が集中してあります。


総連の東京と大阪を除くと、特に新潟と鳥取に朝鮮大学校と大阪経済法科大学出身者が県本部なり支部の役職についてます。特に鳥取ではあの民主政権の総務大臣の朝鮮語ペラペラの片山が知事の時そして川上義弘とも組み、鳥取県の行政に多く関わり政策に多くの事が反映される結果生んでます。


北朝鮮に関する一連のツイートの目的は、北朝鮮に拉致調査をきちんと進めるべく牽制の意味持ちます。日本国内で、総連ビルの落札問題・文京区白山・科学技術協会等で弱点があり、日本の手の内にあることの確認です。前回のようないい加減な調査は許されません。制裁解除が遠のくことになりかねません。


民潭の団長の呉公太は個人でも民潭としても、傘下の在日企業に指示もして全部で数億にもなるパーティ券を民主党並びに民主議員から購入しています。選挙後民潭に当選御礼する民主議員が沢山いますが、その議員たちがパーティ券を買って貰ってます。政策に反映するのも当然で恐ろしいことです。


民潭がバックの白真勲ともなると露骨そのものです。朝鮮語での民潭と母国政府への日本の国会報告なるものを提出しています。野田政権下では内閣府副大臣に就任し、相当の機密事項まで持ち出され南朝鮮に送られています。安倍総理が機密保持法を国会に提出、民主による機密漏れに驚いた結果です。


白真勲は民潭の公式支持を受け、在日と母国南朝鮮のために働き、在日同胞に勇気と希望そして元気を与えたいとのたまう、朝鮮人の日本国籍の国会議員です。心の中にはいつも南朝鮮があるとの言葉は嘘ではありません。日本は無視の証拠です。朝鮮人が国連事務総長になったと同じ位に害になってます。



集団的自衛権、自分の友人・家族・彼女彼氏が、誰かから殴られている時に誰でも助けます。日本人は知らない人でもそうした状況見れば助けます。助けられるだけの体格と体力あれば当然です、場合によっては自己を犠牲にしても助けます。それが日本であり日本人です。憲法の精神にもそむいてません。


日本に危機が迫れば、法律だろがなんだろうが関係ない、俺たちはこの国守るという信念の人たちもいます。やってしまえばこちらのもの、あまりにもうるさければ職を辞せば終わります。国会やマスコミ等での議論なんか、議論の為の議論です。実際に敵を前にすれば、グダグダ言う暇なんかありません。


集団的自衛権に反対ならさっさと最高裁に判断求めろ、と言っても出来ません。具体的事例に基づき、これは集団的自衛権の行使であり憲法9条に違反している、との訴えになります。ところが行使したものを違憲であろうが取り消せません。さらに国の統治行為に最高裁は判断しません。


集団的自衛権についての議論は、国民の防衛意識を高め決して他人事ではないこと認識させました。戦争反対・戦争する国になるといいますが、戦争には相手が必要です。集団的自衛権も戦争を仕掛けてこない限り行使は絶対ありません。戦争を仕掛けてきそうな国に向かって戦争反対を叫べ、左翼ども!

* |  2014.07.03(Thu) 08:51 |  URL |  【コメント編集】

★日本国内の日本人B層の目を覚ませたいな

日本国内の日本人B層の目を覚ませたいな

と思います
亜美 |  2014.07.03(Thu) 10:57 |  URL |  【コメント編集】

★No title

NHKは、集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の変更を報道する
ニュースを流す際、冒頭から日本の将来は暗いと言うことを刷り
込む印象操作をしていた。冒頭に日本地図を示し、日本の東側か
ら薄黒い雲が西へ流れ、日本を覆う映像を流しながら、報道して
いた。あの映像を見た多くの人はそのように感じたのではないか
と思った。
おっさん |  2014.07.03(Thu) 13:53 |  URL |  【コメント編集】

★老害左翼を襲う末路

「アサヒは飲むものであって読むものではない」は石原氏ではなく田母神氏のジョークである。

まあそれは良いとしても、サンモニや報ステの様な番組で老害を撒き散らしている連中は怒りを通り越して滑稽である。高視聴率を誇らしげに語っているがそれはテメエらがまともな日本人から「監視対象」になっていることの証左であることにコイツらは気づいていない。実にめでたく、滑稽である。こいつらは散々後の世代の富を食い散らかして嘘八百をばら撒いてテメエらの私腹を肥やしてきた。

だが時代は少子高齢化。コイツらも年取ってボケたり体がポンコツになれば、「テレビ見ない世代」から産廃扱いされ粗大ゴミ同然の「介護」を受けるのだろう。仕方があるまい。日本には昔から「因果応報」という諺がある。日本人をとことんまで貶しきったコイツらにはわからないだろうが日本民族を怒らせたときの恐ろしさはもはや人知を超えたところにあるのである。

まあ、駆逐されるまで精々吠えまくるがいい。吠えれば吠えるほど後でとんでもない「倍返し」が来るのだぞ。TBSが社会現象にしたドラマなのだからサンモニの連中が知らないわけがあるまい。震えて眠れ。
ヒマがない |  2014.07.03(Thu) 18:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2500-684edcd1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |