2014.07.01 (Tue)


集団的自衛権容認で普通の国に近付いた

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 公明党の無意味な反対で紆余曲折した集団的自衛権の行使容認がようやく閣議決定された。

反対論者は様々な条件を列記するだけで、本質的な論議がなされていないと批判する。
確かにそうだ。
本質的な議論が互いに相容れないから、具体的かつ些末な条件に入り込んでしまうのだ。
その点自民党の作戦は成功した。

細部の文言を修正して公明党に歩み寄ってでも閣議決定は急がなければなかった。
確かに言葉遊びである。

「恐れ」を「明白な危険」としようとも、「他国に対する攻撃」を「我国と密接な関係にある国に対する攻撃」に変えようとも、自衛隊員が手足を縛られてその能力を発揮できない、日本のために働いている自衛隊員を見殺しにするような憲法解釈を変えるためには譲歩するに如くはない。

公明党が歯止めになったと自らの成果を誇示したければするが良い。
花を持たせてあげよう。

そうしてまでも憲法解釈を変更する必要があったという事だ。

閣議決定の発表後に安倍首相が行った国民に対する説明(全文)は、メディアに煽られた国民の不安を解消するもので、実に説得力があった。
ここまで噛み砕いて丁寧に説明しなければ納得できない国民というものにむしろ呆れる。

日本を「普通の国」で無くして来た反日メディアとそれに洗脳された一部国民の意識改革が今後出来るかどうか。
前途多難ではあるが、ともあれ戦後の安全保障政策の間違いをひとつ正すことができたのは安倍首相の功績と言えよう。

産経ニュース(2014/7/1)
「集団的自衛権容認で首相「戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」


 安倍晋三首相は1日の記者会見で、集団的自衛権行使を容認する閣議決定について「海外派兵は一般に許されないという従来の原則は全く変わらない。自衛隊がかつての湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことはこれからも決してない」と述べた。

 同時に「閣議決定により戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく。再び戦争をする国になることはあり得ない」と説明。「平和国家としての日本の歩みは変わらず、歩みをさらに力強いものにする」と語った。

 行使の裏付けとなる法整備をめぐっては「関連法案作成チームを立ち上げ、直ちに作業を開始したい。準備でき次第、国会に法案を提出する」と説明。法整備の具体的な時期に関しては「スケジュールも含めて与党と緊密に連携したい。いつまでにと申し上げる状況にはない」と述べた。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:38  |  集団的自衛権  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

とにかく、めでたい!ここへくるまでの粘り強い歩みには感嘆するしかない。Ponkoさんも、ジリジリする思いだったのでは?ご苦労様でした。
Be cool! |  2014.07.02(Wed) 01:01 |  URL |  【コメント編集】

★No title

反対する人の意見に「戦争に巻き込まれるようになる」と言う言葉を
聞くたびに50年近く前の安保改定反対運動を思い出す。あの時も同じ
ようなことを言っているマスコミがあった。

7月2日の産経の朝刊の一面に「『積極的平和』へ大転換」と出ていた。
まさにこの表現が真っ当だと思う。実際にはまだまだ自衛隊が動きや
すいものにする必要があるが、現時点では致し方がないのかもしれない。

ただ言えることはこのような議論は完全な秘密事項として実施すべき
である。そうしなければ、その気がある国に対して、日本の攻め方を
教えているようなものだから。
おっさん |  2014.07.02(Wed) 08:21 |  URL |  【コメント編集】

★No title

名を捨てて実を取る。現実的な落としどころですね。いつまでもくだらない「神学論争」していても仕方が無いですからね。

後はいつネガティブリストに切り替えるか・・・だなぁ。あと50年もかからん事を祈ります。
t |  2014.07.02(Wed) 08:31 |  URL |  【コメント編集】

★理屈は、どうであろうと

自衛隊が戦時に他国と同様の動きが出来るようにしておくことが、重要。
今後日本から、戦争を仕掛けることは無いし後追いをすることもないない。
だから、無用な危惧は、不要。
対抗できない状態こそ不安であり危険である。
懸念を示している国は、限定的で特亜だけである。
今日本が、自立できれば支那の横暴を阻止出来、
平和維持に繋がる。
日本製武器を供与或いは、売ることで平和維持に貢献出来る。
今支那以外に覇権をちらつかせている国は、無い。
日本も当然核武装の道は、持っている。
戦前の轍は、踏まない覚悟で情報能力は、高める必要がある。
日本は、平和の手助け国家である。
katachi |  2014.07.02(Wed) 08:41 |  URL |  【コメント編集】

★♡祝!平成26年7月1日付け集団的自衛権行使閣議決定♡ & 今後、日本人B層を覚醒させる作戦もしなければならないです!

♡祝!平成26年7月1日付け集団的自衛権行使閣議決定♡

&

Ponkoさんが書かれているとおり、
今後、日本人B層を覚醒させる作戦もしなければならないです!
(Ponkoさんのご指摘は、非常に重要です。)
英美 |  2014.07.02(Wed) 08:42 |  URL |  【コメント編集】

★No title

井上太郎

安部自民の国家安全保障会議は、内閣調査室に諜報員ヒューメントを活用すること決定しました。日本の優秀なインテリジェンスが安部政権の外交戦略にも活かし、本格的諜報活動にも関ります。安部政権という本格保守を日本を取り戻すためにも、情報分析専門家も含め、日本を守るため命かけて活動します。


安倍政権が進める生活保護受給に対する政策がいよいよ実行されてきています。日本に滞在する外国人に対し、働くことをせず生活保護受給する場合には、東京入国管理局が3年ごとの滞在許可期限にあわせ延長の申請を却下し、祖国への強制送還となります。まだ個別対応ですが実例を増やし積み重ねます。


外国人並びに在日朝鮮人の指紋押捺拒否は再入国許可の取り消しになることは最高裁で確定してます。特別永住者としての資格も喪失します。南北朝鮮母国への送金が今年になりこれまでの数倍に増えてます。指紋は絶対なので通名や本国での改名も通じなくなり、送金も外為違反が発見しやすくなってます。


外国にというか、ほとんどは南北朝鮮と中共に限定される日本円の不正送金と持ち出し。日本で稼いだお金が、つまり日本のGDPの一部が反日活動の資金になっているということです。その元凶が民潭と総連であり、支援受ける民主や社民ということです。反日工作員が三年半も政権についたということです。


原爆を神の罰という南朝鮮、日本で被爆した南朝鮮人が南朝鮮にいながら日本の保障を求めた広島高裁判断が出ます。神の罰と日本に向かい言ったのだから、神に保障を求めるのが道理です。そりより落としたのはアメリカです、お金になりそうなのが日本だからとその根性丸見えで、ここまで生きて何言うの?


在日朝鮮人が日本で犯罪を犯す場合、ほとんどの奴が精神病院に犯行の事前に通院する例がきわめて多くあります。昨年の大阪生野区の通り魔の田仲という奴もそうでした。あの池田小の宅間もそうでしたが、精神病者と性格異常者は違うと思います。性格異常が国民性の朝鮮人、やはり出て行けとなります。


中共の弱点は、完全に把握できない地方の国民の不満・歴史の真実・共産党の体質・石油エネルギーの不足。毎日地方では大小含めて300件程度の暴動が起きてるとの情報あります。共産党支配が完全に及ばないこと、キンペイの指導力が地方に行渡っていないこと物語ります。民主化のチャンスにあります。


中共を多少知る為に中華人民共和国憲法を一度見て下さい。国の最高法規ではなく共産党に指導を仰ぐとなっており、共産党が絶対と規定されてます。法律の第35条に集会結社の自由、デモの自由、言論出版の自由が保障されてます。憲法まで共産党の支配下であり、とても法治国家には遠いことわかります。


中共の指導者が、次世代の賢い意見に任せるとか発言します。私は安倍総理こそそんな姑息な考えせず、拉致問題解決・旧宮家復活・健全な教育・自力国防を果たし、次世代に負の遺産は持ちこさないと期待しています。日本を守り、日本を大切にする、日本国民全員が思いを一つにすれば、日本が続きます。


私も昨日は、神事に倣い「夏越祓」で伊勢神宮参拝しました。茅で出来た輪を三回くぐり、これからも日本を守る新たな決意を誓いました。私にとって日本神道は、宗教ではなく日本人であることの確認と日本への感謝です。身を新たにし、これからも日本人として誇りをもって日本を守り大切にしていきます。
* |  2014.07.02(Wed) 08:56 |  URL |  【コメント編集】

★No title

ニューズレター・チャイナ @NLChina2009 · 6月29日
【青木直人0630-1】
北朝鮮が日本海にミサイルを発射しました。これが日本向けのわけがありません。明らかに中国に向けた抗議の意思表示です。ここがわからないから日朝協議の行方が読めないのです。習と朴クネは首脳会談でともに北の核への批判を唱和するでしょう。

【青木直人0630-2】
ミサイルは中国の新冊封体制に進んで加わろうとする「朴売国奴集団」にも向けられています。金正恩第一書記に言いたい。覇権主義の中国ではなく、日本に拉致を謝罪し、援助を要請せよ。中国の毒針に警戒せよ!それだけがチュチェの救国の道である。


自公による集団自衛権承認に大規模な抗議。

①公明党は創価学会池田大作氏が最終決定権をもつ。彼の国会喚問阻止が
同党の最大の任務。ゆえに政権離脱という選択肢は存在しない

②デモ隊には自治労の動員組も多い。彼らが支援する民主党はこの件で党内まとまらず。民主に抗議するのが筋ではないか。


「戦争に反対」と彼らは叫ぶ。では、自衛戦争はどうなるのか。それすらも否定する方は昨年のNHK「[八重の桜」に抗議すべきである。好戦的な内容であると。八重に向かって銃をとるなと言えるのか。共同体を、祖国を防衛する自衛戦争は存在する。尖閣防衛は正しい。
* |  2014.07.02(Wed) 09:29 |  URL |  【コメント編集】

★No title

普通の国?
普通に憲法変える発議をして憲法変えたんなら
普通に憲法守る国かも知れないが
姑息に裏道しか通れない安倍では普通の国とは
言わない
ヒトラーの様に憲法を壊すだけの安倍
ただ違うのはヒトラーのようにカリスマ性などいっさいないってこと
お天気 |  2014.07.02(Wed) 10:57 |  URL |  【コメント編集】

★小松前内閣法制局長官を悼む

我が国の、どうしようもなく歪な安全保障体制にメスを入れ、普通の国に近づけて、国防体制を整えようと、安倍総理は着実に仕事をこなしています。
これ程の仕事ををした内閣は、今まで無かったような気がします。
その安倍総理の起用に応え、官僚組織の癌のひとつになっていた内閣法制局の内部改革と、それに伴う国会質疑に骨身どころか、まさしく命を削って取り組んだ小松長官でしたが、先日、彼が切り開いた仕事の成果を見ることなく世を去りました。
改めてご冥福を祈ると共に、一人の日本人として、感謝申し上げます。
ありがとうございました。

もらもら |  2014.07.02(Wed) 19:00 |  URL |  【コメント編集】

あいかわらず何とかの一つおぼえみたいにヒトラーに例える人がいますねえ。こういうサイトを指示する人達にはもう通用しませんよ。時の総理大臣のカリスマ性云々で政治が進められたらそれこそ民主主義では無いでしょう。
t |  2014.07.02(Wed) 19:09 |  URL |  【コメント編集】

★頭の悪いB層が早く朝日の呪縛から解き放たれますように

日本が普通の国でない理由があれだな。

自国防衛という当たり前のことに関係する集団的自衛権さえやっとこさっとこ。
それでも安倍首相だたっから閣議決定まで持ってこれたんで、日本が普通の国に向かっているということだよ。
その普通の国にすることを妨害しているのが左翼のやからなり思考が狂ったもんたちということだな。

それから普通の国でないのはみんな分かっているようにB層が反日朝日に騙されて憲法改正は悪いことだと頭にすりこまれているて直ぐにできるわけなでしょうが。
そういう安倍ヒトラーとか頭の悪いB層がまともに成ったころ憲法改正は正面から出来るというもんだぞ。
MIJ |  2014.07.02(Wed) 19:29 |  URL |  【コメント編集】

★モーゼの十戒!

キムヨナじゃないけど・・・モーゼの十戒!

モーゼの律法では、安息日の動労を禁じている。
ところがその行動範囲は明白でなく、律法学者がその範囲を広げ束縛性の強いものになっていた。

イエスが人を助けたりすることも非難された。
そこで・・・「人々の為の律法であって、律法のために人があるわけじゃない」と言った意味のことを説く。

日本国憲法だが・・・むろん、日本人の為にある。
国際紛争を解決するために武力行使をせずであって・・・他国が侵略しても、自衛してはならないと書かれてない!例えば尖閣などは元々紛争地じゃなかった。現在の中国の行動はまさしく侵略行為を成さんとしている!

侵略に対して防衛してはならないなどと言う憲法があるならば・・・それはもはや憲法ではなかろう。

憲法には明白に規定できない範囲があり、国際情勢にも依存する部分がある。その時、聖書の律法学者のように硬直した、律法の為に人間があるかのような主客転倒した解釈をすべきでない。
これを忘れての議論は、まさしく議論の為の議論、否定の為の否定。
 国家の防衛にとっては、まさしく命取りとなる状況。

集団的自衛権に反対のメディアはまさしく新約聖書時代の律法学者・パリサイ人なり!

安倍首相の指摘は、モーゼの律法に対するイエスの指摘と同じ!
バーバー黒猫 |  2014.07.02(Wed) 21:22 |  URL |  【コメント編集】

★追記、訂正。

訂正。 動労⇒労働 、主客転倒⇒本末転倒

追記。
もちろん、侵略されてからの防衛は本当の防衛ではない。平和のためには備えが必要なのは常識。
交番制度など日本の治安は充実してる方なので、常識的な「犯罪に対する備え」の感覚が麻痺してるとこも大きい。
一番の防衛は侵略させないことなのも常識。相手を侵略させる気満々にして、侵略してから防衛とかいうのはもう殆ど防衛とはいえない。軍事大国でない限りは。
集団的自衛権も、「自衛」の目的であり、必要最小限の防衛力、相手を侵略させないためにも必要不可欠の要素。軍事大国でなければ!

朝日は「権利には義務が伴う」とのたまう!究極の「おまゆう」でいかにも朝日らしい。(言論の自由《テロ》を振りかざして公共的な義務を全く果たさない)

まさしく日本が同盟に守ってもらっても、日本が同盟国を助ける義務は無いと主張しているくせに!
言うまでもなく、朝日などは説得性皆無・・・どこか、マイナスである⇒反面教師。主張は敵性スパイと変わらない。今時東大生も入社を拒否する筈である。当たり前だ。(東大生のスパイなら有得るが)
バーバー黒猫 |  2014.07.03(Thu) 06:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2498-e4cc4f8e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |