2014.06.30 (Mon)


集団的自衛権、子供を戦場に送るなと毎日新聞

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 毎日新聞は世論調査で集団的自衛権の反対が58%にも達していると世論誘導している。
集団的自衛権は戦争にならないための当然の準備なのに、明日にでも日本が戦争に「巻き込まれる」と反日メディアは大騒ぎしている。

集団的自衛権の不成立を願っているのは世界中で中国だけである。
ということは、毎日新聞などの反日メディアは中国の走狗ということか。
今日も大嘘つきのデマゴーグで善良な諸民たちを誑かそうとしている。

一国平和主義はもはや今の国際状況の中では通用しないことは明らかである。
それを知ってか知らずか、いや知らない筈はない、それでも日本が丸裸でいて欲しいという考えは狂気に等しい。

ということは、繰り返しになるが、日本を中国に売ろうとしているのだとしか考えられない。

毎日新聞(2014/6/30)
集団的自衛権:戦場に教え子を送りたくない…悩む教師

 集団的自衛権の行使を認める閣議決定を前に、生徒の進路指導にあたる高校教諭らが苦悩している。東日本大震災などの災害派遣で脚光を浴びる自衛隊。だがこれまでと違い、行使容認によって憲法9条の歯止めが崩れ、戦場に行く可能性も帯びてくる。入隊を希望する生徒たちに危険性をどう説明すればいいのか。教諭の言葉には焦燥感も募る。【坂口雄亮、福永方人】

 ◇自衛隊志望の生徒…「国際貢献が夢」「目の前の就職が大事」

 「撃たれる可能性だってあるんだ。命をかけることになるんだぞ」。鹿児島の県立高校で進路指導を担当する40代の男性教諭は昨年、自衛隊入隊を希望する男子生徒に話し掛けた。PKO(国連平和維持活動)が頭にあった。だが、生徒の意志は固かった。「自衛隊に入って地雷除去のような国際貢献にたずさわるのが夢だったんです」。教諭はそれ以上、何も言えなかった。
 集団的自衛権の行使容認は、「専守防衛」を旨としてきた自衛隊の活動を大きく転換させる可能性が高い。実際の戦場に立たないとも限らない。
 「教え子を戦場に送りたくない」と教諭は話す。だが、進路を決めるのは生徒や家族だ。「危険性を伝えても、本人が強く希望し家族も応援するなら、私がそれ以上何を言うことができるのか」

 学校では自衛隊による業務説明会も開かれ、入隊に関心を持つ生徒も少なくない。「自衛隊は『特別な進路』だと思う。以前ですら安全ではなかった自衛隊の活動が、さらに危険になる可能性が高い。今後はそれを生徒に伝えていくしかない」
 神奈川の県立高校に勤める50代の男性教諭も「生徒に入隊を考え直してほしいと思っても本人の希望が一番。強く止められない」ともどかしさを話す。東日本大震災の救援に奔走する自衛隊員の姿がクローズアップされ、憧れを抱く生徒も増えているという。「集団的自衛権で今後、戦闘地域に派遣される可能性を生徒は現実感を持って受け止めているのだろうか」
 自衛官採用試験対策のコースを設ける九州の専門学校によると、集団的自衛権を巡る議論が活発になっても受講者数に変化はない。担当者は「受講生から不安の声は出ていない。目の前の就職が大事で、そこまで考えていないのではないか。命が危険にさらされるようなことを国がさせるわけがない、守ってくれるはずだという意識もあるのかもしれない」と話す。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:55  |  集団的自衛権  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★使命感を教えない学校

軍隊に限らず、あらゆる職域に就く人間は、それなりに使命感を持つ。
殊更に軍にだけ特別な意識を持つのは良くない。
普段は抑止力の使命を果たしいざ戦争で命を賭して戦う。
今の戦争は、昔と違って敵が見える接近戦は、希だ。
全てが、遠隔操作によって戦うことになる。
戦争の形態が変わって来ている。
命を落とすことは、少なくなっている。
むしろ普通の生活で男女を問わず命を落とすことが多いくらいだ。
戦争の概念が、違って来ている。
katachi |  2014.06.30(Mon) 23:20 |  URL |  【コメント編集】

★第一次大戦百周年

6月28日は、第一次世界大戦の発火点となった『サラエボ事件』から百周年の記念日でした。第一次大戦はイマイチ知名度も低く、日本人の意識に上る事も無いですが、日本経済が成金景気で大躍進したのは事実です。ただ後のパンデミック疫病『スペイン風邪』で大戦の死者を遥かに超える4千万人の犠牲者を出したことや、戦争末期にロシア革命が起きて、こちらの方が世界に脅威を与えたために、大戦自体が霞んでいるようです。
雨 |  2014.07.01(Tue) 00:04 |  URL |  【コメント編集】

★変態左翼の悪あがき

毎日新聞は、西山事件の影響で、社自体が経営危機に陥り、それ以降、創価学会の聖教新聞印刷業で生業を立てているわけだから、創価学会の意思を少なからず受けているのではないだろうか。
それにしても、毎日新聞は、朝日、東京と並ぶ3大変態新聞だ。
また、日教組のバカ教師が戦場に子供を送りたくないなどと泣き落としに近い左翼特有のやり方で無知な国民をだまそうしている。
戦えない国・国民は、必ず敵に虐殺されることを理解できない変態どもである。反対しているお前らの子供たちも、犯され、殺され、奴隷にされてしまうんだ。ウクライナの親ロシアの国民がインタビューに答えて、国を守るのは、国民の義務だと述べていた。今の日本人に足りないのは、国を愛し、守る意思だ。おそらく反日どもは、田原総一郎の提灯持ちの古市同様、海外?に逃亡するだろう。
子供を戦場に送りたくなかったら、おまえらのご主人さまである中国共産党に行って、日本は平和国家ですので、軍事行動は辞めてください。とお伺いして来い。
反日勢力成敗 |  2014.07.01(Tue) 08:29 |  URL |  【コメント編集】

★No title

反日勢力成敗 様

仰るとおりです。
国民に祖国を守ろうと言う気がない国は滅びます。
自衛隊だけでは守れません。
おっさん |  2014.07.01(Tue) 18:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2496-8b7c927d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |