FC2ブログ

2014.06.27 (Fri)


歴史認識戦争に勝て

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

国内の情報戦にも

 旧海軍基地の跡地の説明板に「朝鮮人が強制連行された」とか「朝鮮人慰安婦が強制連行された」などど事実無根の反日スローガンが記載されていることに市民が気付いて市にクレームして取り外させた。

市民の中にも良識と行動力のある人が居るものである。

しかし市役所の課長が「内容を根拠づける資料がないので一時的に取り外した」とは何事か。
こんなものは未来永劫破棄すべきである。

産経ニュース(2014/6/26)
旧海軍航空隊基地の「偏向看板」撤去 奈良・天理市が指摘うけ


 先の大戦中に建設された奈良県天理市の旧大和海軍航空隊大和基地(通称・柳本飛行場)の跡地に市が設置した説明板に「朝鮮人労働者が強制連行された」などとの記述があり、市が「根拠づける資料がない」として撤去していたことが26日、分かった。市は「改めて検証、調査のうえ今後の対応を検討する」としている。
 市教委などによると、柳本飛行場は昭和19年に建設され、飛行場用地は約300ヘクタール。説明板は平成7年に市と市教委が設置したが、飛行場の規模や建設工事などに関する記述のほかに、「工事には多くの朝鮮人労働者が動員や強制連行によってつれてこられ、きびしい労働状況の中で働かされた」「『慰安所』が設置され、朝鮮人女性が強制連行された」などと記載されている。
 「朝鮮人強制連行」は戦前の日本の加害性をことさら強調する言葉として主に韓国や日本の左翼勢力が使用。実際は出稼ぎ目的で自ら来日したり、日本国民として労働が課せられた合法的な戦時徴用と混同したりしているケースが多い。慰安婦の強制連行も旧日本軍が関与した客観的な資料や根拠はなく、いずれも強制連行という言葉を使うこと自体が偏向しているとの指摘もある。 市は市民などからの指摘を受け、4月中旬に説明板を撤去。冬木基弘・教育総務課長は設置の経緯について「分からない」とし、「内容を根拠づける資料がないので一時的に取り外した」と説明している。


 似たような出来事が2週間前にも報道された。
長崎市の平和公園に、日本の戦争責任を一方的に追及する長崎原爆朝鮮人犠牲者追悼碑が、設置許可の更新もせずに30年以上、放置されていたことが明らかになったという。

日本は国際社会の中でも中韓との「歴史戦争」に負けている。
それにはまず国内の「歴史戦争」に勝たなければならない。
日本人の意識が中韓の暴挙で一層高まる事を期待したい。

産経ニュース(2014/6/12)
政治利用される慰霊の場 市の姿勢が助長 慰安婦資料館の看板も

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:15  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2492-39598999

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |