FC2ブログ

2014.06.22 (Sun)


許せぬ朝日新聞の河野談話社説

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今日の朝日新聞社説ほど腹の立つことはない。

ひと言で言えば・・・

「河野談話は正しいから信じるべきだ。安倍首相ですら一時は見直すと言ったのに国際社会の反発を受けて見直さないと方針転換したではないか」

というのである。

他の新聞が言うならまだいい。
しかし、この朝日新聞こそ従軍慰安婦という言葉を捏造し、哀れな女性たちが強制的に連行されたという吉田清治という捏造作家(吉田はその後捏造だったと告白した)を取り上げて世界に嘘の情報を流布させ、日本の名誉を毀損し、今日の中韓の反発を招いている張本人だからである。

絶対に許せない。

日本政府が韓国と相談して談話の内容を決めたという事実が明らかになったと言うのに、日本側から相談したのは秘密にしてくれと言ったのに、その日本側からバラしてしまうのは信義に反するとまで朝日新聞は言う。

「日本政府が独自の調査に基づいて作った」というのも嘘である。

報告書は「慰安婦への一時金を韓国政府は感謝しているから」いいではないか言うのも嘘である。
感謝しているなら、なぜいつまでもグタグタと因縁を付けて来るのだ。

朝日新聞は「問題解決の原点に戻れ」というが馬鹿も休み休み言え。
韓国側は今後1000年経っても日本を許さないと明言してているのだから、原点に戻れるはずがない。

さらに言えば、原点に戻るということは、河野洋平氏と朝日新聞が世間をお騒がせして申し訳ございませんでしたと国会から全世界に謝罪し、すべてを白紙に戻すことである。

朝日新聞社説(2014/6/21)
慰安婦検証―問題解決の原点に返れ

 慰安婦問題をめぐる93年の河野洋平官房長官談話について、政府はきのう、作成過程などの検証結果を国会に示した。

 談話の文言をめぐって日韓両政府間でかなり細かなやりとりがあり、一部は韓国側の意向を受け入れたが、日本政府の独自の調査に基づいてつくった。最終的には韓国側と意見が一致した――。そんな概要である。

 両政府のやりとりからは、双方とも難しい立場を抱えながら問題を解決しようという強い意志が感じられる。検証チームの但木敬一座長も「談話を出すことで未来志向型の日韓関係をつくろうとした」と語った。

 この検証が行われたのは、日本政府が行った元慰安婦の聞き取り調査の信頼性を問題視する声が上がったからだ。談話の作成過程を明らかにすることで韓国を牽制(けんせい)する狙いもあったのだろう。

 しかし、報告書は次のように指摘している。資料収集や別の関係者への調査によって談話原案は固まった。その時点で元慰安婦からの聞き取りはまだ終わっておらず、彼女たちの証言を基に「強制性」を認めたわけではない。

 安倍首相はかつて、慰安婦への謝罪と反省を表明した河野談話の見直しを主張していた。

 だが、国際社会からの強い反発もあって、河野談話を見直さないとの方針に転じた。

 もう談話に疑義をはさむのはやめるべきだ。

 報告書は、河野談話やその後の「アジア女性基金」について、韓国政府が一定の評価をしていたことも明らかにした。

 韓国にすれば、日本側から秘密にしようと持ちかけられていたことである。それなのに了承もなく、一方的に公表されるのは信義に反することになる。

 報告書に韓国政府は猛反発し、せっかく始まった日韓の外務省局長級協議も中断する可能性が出てきた。

 また、韓国政府は「国際社会とともに対抗措置をとる」とも表明した。

 慰安婦問題が日韓の大きな懸案に浮上して、四半世紀がたとうとしている。

 この間、両政府関係者やNGOなど多くの人々が関わってきた。だが、もっとも大切なのは元慰安婦たちの救済であることは論をまたない。

 韓国政府に登録した元慰安婦の生存者は54人になった。

 日韓両政府に、互いをなじり合う余裕はない。河野談話をめぐって「負の連鎖」を繰り返すことなく、今度こそ問題解決の原点に返るべきだ。

1
↓↓↓朝日新聞は絶対に許せないと思う方はクリックを


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:07  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★日本国民の敵、「朝日」、の悪業

>朝日新聞は、「問題解決の原点に戻れ」、というが馬鹿も休み休み言え。
韓国側は今後1000年経っても日本を許さないと明言してているのだから、原点に戻れるはずがない。

平成七年、「朝日」、並びに、「日本社会党」、が実現に狂奔した、《戦後50年謝罪決議》、に対する反対運動のリーダー、同志の西村慎悟・代議士が語った、忘れられない言葉。

「私の職業は弁護士だったので、当然、韓国人のからむ事件も多く取り扱った。朝鮮人の特色は、裁判で和解が成立し、やれやれと思ったものの、後日、『その和解点をベース、原点にしてさらに要求する訴訟を起こす』

戦前、戦後、過去やってきた、支那・中共、朝鮮の手口を見るに付け、譲れば譲るだけ、際限なく毟られ、日本は惨憺たる結果になるだけ、とつくづく思います。

私が半世紀にわたり、見に沁みて感じたことは、「朝日」、の日本国家と国民に対する、侮蔑、嫌悪の感情でした。
戦前を誠実に生きた多くの日本国民に対する、暖かい眼差しは毫もありません。
今回の調査で浮き彫りになった、主役、宮沢喜一、河野洋平がやった最悪の事項の一つ、《近隣諸国条項》、の制定により、日本の子供たちの教科書は決定的に悪くなりました。これにより、教科書は支那・中共、朝鮮の言いなり、極左・日教組が、コミンテルン史観に基づき、「いかに日本は悪い国だたか」、と書きたい放題書いた、教科書に対する、歯止めが全く効かなくなってしまいました。

「憎日・朝日」、は、多くの国民の悲願である、《近隣諸国条項撤廃》、に反対の論説を述べ、「裸足のゲン」、の図書館からの撤去に猛反対しています。

「朝日」、「日教組」、を叩き潰し、「日本国外務省」、の姿勢を改めない限り、日本の前途は真っ暗と考えます。

一昨年秋、朝日新聞社の前で行なった、抗議集会での村田春樹氏の悲痛な演説。
「いいですか皆さん、日本の国は、自分の国の子供たちに与える教科書を自分の国で作れない国なんですよ、みんな、《近隣諸国条項子》、のせいなんです。
世界でこんな国がありますか」





町工場の親方 |  2014.06.22(Sun) 07:22 |  URL |  【コメント編集】

朝日新聞の倒産が論をまたないんですけどね。。。冗談抜きで。でもまだまだ怒りで血が沸騰しそうになる日本人とそうでない日本人の温度差が激しいのが日本の現状ですね。。。残念ながら。
ブログいつも拝見しております。端的にわかりやすくありがとうございます。
たいがい |  2014.06.22(Sun) 08:17 |  URL |  【コメント編集】

★No title

町工場の親方 様へ

>「朝日」、「日教組」、を叩き潰し、「日本国外務省」、の姿勢を
>改めない限り、日本の前途は真っ暗と考えます。

の筆頭に「NHK」も入れてもらえば大賛成です。
おっさん |  2014.06.22(Sun) 08:26 |  URL |  【コメント編集】

★No title

>問題解決の原点
朝日新聞の、韓国人を妻に持ち、義母が挺対協だかのメンバーだった植村某という(元?)記者の捏造記事が原点だということはもうばれてるんだけどねぇ。
名前非公開 |  2014.06.22(Sun) 08:40 |  URL |  【コメント編集】

★朝ひってナンボ

どこまでもずうずうしい陰金田虫厚顔無恥朝日 新聞・テレビ・雑誌・週刊誌・・・・

その朝日に騙され続ける日本B層。

嫌韓・反韓・呆韓はサッカーからでもやって来るけれど。

B層の
嫌朝・反朝・呆朝は
きっとそのうちやってくる。
MIJ |  2014.06.22(Sun) 09:15 |  URL |  【コメント編集】

★元凶のうちの一つは、米国の国務省[ポーランド系チェコ系米国ユダヤ人]です。

米国の国務省[ポーランド系チェコ系米国ユダヤ人]は、なんだかんだと難癖をつけて、理由にならない理由をつけて、日本国の河野談話破棄を妨害していますけど、日本国民は、安倍首相、菅内閣官房長官、自民党をバックアップして、安倍首相、菅内閣官房長官、自民党に河野談話を破棄させることが必要だと思います。

そして、日本国民は、米国の国務省からポーランド系チェコ系米国ユダヤ人を叩き出し[追い出し]、米国の国務省をポーランド系チェコ系米国ユダヤ人から解放しないといけません。
詩織 |  2014.06.22(Sun) 12:01 |  URL |  【コメント編集】

安倍内閣の対支那政策を批判する、親中華派愛知県知事大村秀章の後援者は、李登輝友の会愛知支部長の重冨亮(紘仁病院理事長)。
東海地方でスーパーマーケット等の店舗多数を営業する、(株)バローの経営者は、李登輝友の会のスポンサー。
他の量販店同様、バローの各店舗も、MADE IN CHINAの食品を大量に小売りしている。
中華批判・台湾支持といっても、利権や商売ではしっかり中国と金儲けしている。
これでは中共や、在日華僑に舐められて当たり前。
支那人にはすっかり見透かされている。
愛知県知事大村の後援者重冨亮は、安倍首相とは幼なじみ。
安倍首相個人が抱える爆弾の1つが、重冨亮との関係。
公共問題調査会 |  2014.06.22(Sun) 17:30 |  URL |  【コメント編集】

★No title

拡散 

正しい日本語を! 河野談話よりも『河野談合』!!


河野談合という言葉がものすごい勢いで拡散しているようだ。政府検証の全文をざっと読んだが、内容的には産経の報道を裏付けるもので新たな事実というほどのものはない。ただ、いったん決着したものを何度も蒸し返す韓国とは、まともな付き合いは難しいとの思いを新たにする内容ではある。


これで、河野談話は次のお二人のブロガーも指摘されているように『日韓合作(byひろさん)』の『河野談合』と呼ぶべきものであることがはっきりした。

ひろのひとりごとさんの『河野談話の有名無実化』
http://ameblo.jp/hirohitorigoto/entry-11882075569.html

真空地帯理論ブログさんの『河野談合と呼ぶべき1』
http://ameblo.jp/um-cachorro/entry-11881669342.html

お二人とも、今回の検証が現状では精いっぱいでも、問題はこれからこの事実をいかに拡散して世論を喚起してゆくかが大切だとされているが同感だ。ひろさんが指摘するように、特に談話を破棄するようなことをしなくても、今回の検証結果を拡散すれば有名無実化に繋がることになる。

さらに、ひろさんも指摘されているように、検証の結果、「強制性」については記者会見時の河野洋平の独断による発言であったことが明らかになっている。ネットなどで河野談合を拡散し、河野洋平を国会に引きずりだそうという呼びかけにも強く賛同したい。

ところが、韓国の代弁機関である毎日新聞は、これ以上河野談合を追求するのはやめてほしいと悲鳴を上げている。その社説を全文掲載するが、太字強調した部分に毎日新聞、すなわち韓国側の願望が表れているようだ。

以下略
http://ameblo.jp/akiran1969/entry-11882278332.html

* |  2014.06.22(Sun) 18:05 |  URL |  【コメント編集】

★石原信雄氏でよかった

どうしようもない河野洋平にくらべて石原信雄氏は素晴らしい人物だ。
当時もっと他のやりようがあったとは思うが、その後の自己批判が誠実だし、内容もよく整理されている。河野洋平みたいに訳わからないのとは大違いだ。本来こういう人がせめて国民代表として当時の政治家になればよかったのに。

*************
河野談話当時の内閣官房副長官だっ た石原信雄氏は次のように明らかにしている。

強制連行の証拠は見あたらなかった。元慰安婦を強制的に連れてきたという人の証言を得ようと探したがそれもどうしてもなかった。
結局 談話発表の直前にソウルで行った元慰安婦16名の証言が決め手になった。
彼女達の名誉のために、これを是非とも認めて欲しいという韓国側の強い要請に応えて強制性を認めた。

もしもこれが日本政府による国家賠償の前提としての話だったら、
通常の裁判同様、厳密な事実関係の調査に基づいた証拠を求める。
これは両国関係に配慮して善意で認めたものである。元慰安婦の証言だけで強制性を認めるという結論にもっていったことへの議論のあることは知っているし批判は覚悟している。
ばか |  2014.06.22(Sun) 22:00 |  URL |  【コメント編集】

★河野談話破棄 と 帰化未帰化在日韓国人の日本国籍・日本国特別永住権・日本国永住権・日本国定住権等剥奪の上送還 と 日韓断交 と 平成27年4月の統一地方選挙

覚醒している私たち保守日本人男女が、今だに自分が帰化未帰化在日韓国人・バカサヨ日本人・帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社によって騙されていたことを認めようとしない日本人B層をつついて完全に目を覚まさせ、日本国民の世論によって、「河野談話」=「河野談合」を破棄させ、帰化未帰化在日韓国人を日本国籍・日本国特別永住権・日本国永住権・日本国定住権等剥奪の上韓国へ送還し日韓断交するしかありません。

日本人B層の覚醒度は、平成27年4月に行われる統一地方選挙(第1週投票分と第3週投票分の2回あります)の結果によって判明するでしょう。
自民党・石原党・田母神党・みんなの党和田政宗派の地方首長と地方議会議員の数が物凄く増加すれば、日本人B層が少々覚醒したことになるでしょう。
詩織 |  2014.06.22(Sun) 23:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2482-f40a69db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |