2014.06.07 (Sat)


G7の安倍首相の成果を認めたくない朝日・毎日・東京新聞

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


G7が5日閉会し、安倍首相の成果はどうだったかとメデイアが報じている。
おおむね安倍首相の成果が評価されたが、産経・読売VS朝日・毎日・東京の構図は変わらない。

TBS「ひるおび」(2014/6/6)
評価?
中国の海洋進出に懸念
安倍首相の主張が首脳声明に

ひるおび605

宮家邦彦
「G7の声明で南シナ海とか東シナ海と具体的な名前を言って懸念を表明したのは今回が初めてだ。今までとは違う世界に入って来たということになる」

高瀬淳一(名古屋外国語大学教授)
「その通りだ。『入ったと』という事が大きい。言葉が入ると国際的な約束で、他の大統領や総理大臣たちもみんな認識を共有したということになるから、もしあの地域でまた何かが起これば、今度は来年のサミットでもう少し踏み込んだ事を言わなければいけないし、言うことが出来る。
2016年には日本でサミットがあるから、今度はアジアの話題を中心にして、もっと強く出られるという下準備が今回出来上がった」

龍崎 孝(TBS政治部長)
「直前にベトナムの船が沈められたりして中国を取り巻く環境が厳しくなっていく中で、非常にうまく行ったと思う」

各紙は安倍首相の活躍をどう評価したか?

読売新聞
中国の脅威 欧州も共有 
日本、「ウクライナ問題と同じ」強調

産経新聞
対中包囲網 欧米引き込む
名指し見送りも「誤差の範囲」


 欧米を対中包囲問の仲間引きこんだと安倍首相を高く評価し、名指しが出来なかったものの、それは「誤差の範囲だ」と政府高官が述べたと伝えた。

東京新聞
首相 中国脅威論空回り
G7関心はウクライナ
首脳宣言では16番目

毎日新聞
「対中包囲」関心薄く


 朝日新聞は今日の社説「G7の意義―共生の道探る再出発を」と題して、恵村順一郎論説委員がテレ朝「報道ステ」で言ったようなことを主張している。

「むろん、ロシアを排除したままでいいはずはない。あたかもロシアと中国に対抗するグループのようにG7を位置づけるのは、冷戦型の古い発想だ。
 対立点はあっても、深まる経済の相互依存を断つことはできない。共生こそがグローバル化時代のキーワードである。
 対話を通じてロシアや中国との距離を狭め、世界を安定させる共通利益の価値観を広げる。その知恵を絞るサミットへと、再出発してもらいたい」


 どうでもいいが、「共生」という左翼用語は嫌いである。

宮家邦彦
「そもそもですね、中国みたいなでっかい国を包囲なんかできるわけないんですよ。包囲網なんて言葉を使う事自体が実態とかけ離れています。やはりこれは一歩一歩中国を国際社会に引き込むためのいくつかのステップの一環だと思ってもう少し長い目で見ないと、これで包囲網が成功したとか、取り込んだとか、失敗したとかそういうもんじゃないと私は思います」


  産経新聞のコラムに時々執筆して小遣い稼ぎをしているくせに産経新聞を悪く言う。
「中国包囲網」のどこが悪い。
日本は小さい国だから「日本の孤立」はあっても、「中国の孤立」はないという論法になる。

高瀬淳一(名古屋外国語大学教授)
「関心が薄いのは当たり前ですね。関心はウクライナにあるわけですから。ウクライナの話の中に東アジアの情勢まで含めて行ったところが非常に今回上手だった所で、これを踏まえて来年、再来年があるわけですから、今回については大成功と評価していいと思います」

龍崎 孝(TBS政治部長)
「やっぱり今迄お話があったように、全体の枠組みと個別の案件をどう組み合わせていくかという事で言えば、高瀬先生のお話にあったように、ロシアの問題についてはあまり引き込まれないで済んだし、中国の話はちゃんと入れられたという事で言えば、やや思った通りの展開になったんじゃないかなと私は思いますね」


毎日新聞系のTBSとしては安倍首相の成果を認めたくないので、「やや思った通りの展開」などと誤魔化しているのか。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:47  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★支那に大義名分がない。

出足から理不尽な支那に同調する国が無い。
当然ドーナツ現象は、必然的に起きる。
話し合いの余地もない。
ロシアにしても支那との同調は、無いだろう。
パフォーマンスに過ぎない。
全くの孤立を味わっている支那である。
安倍氏の外交は、当然の結果であり、ケチをつける謂れは無い。
反日新聞が、もがいてもどうにもならない時代に突入したようだ。
苦痛を味わうのは、反日新聞である。
精神安定剤は、欠かせないモノになる。
これは、流れであるから誰にもとめられない。
katachi |  2014.06.07(Sat) 23:32 |  URL |  【コメント編集】

★裏では、支那と繋がっている。

ドイツなどは、水面下で繋がっている。アメリカもそうだろう。
戦前と変わらない動きだ。
経済の動きで戦争も起こる。
日本は、アメリカが入り込んでいるから動きが取れない。
その中で安倍氏は、よくやっている。
アメリカも日本の自立を容認せざるえない環境に来ている。
非常にタイミングの良い時期であり、石原氏の保守政党の旗揚げもベストである。
歴史の転換点とは、このようなところですね。
日本の変わり方は、劇的に変化しています。
大本営の反日新聞は、全く歯がたたない。
反日新聞は、ペーパーで飯食えてんのか?
憲法が、変われば反日新聞の役目は、終わる。
NHKも終わる。
電波の独り占めも出来なくなる。
katachi |  2014.06.08(Sun) 07:32 |  URL |  【コメント編集】

★No title

反日新聞が発狂してますねw

時代が変わってきました
名無しさん@ニュース2ch |  2014.06.08(Sun) 10:34 |  URL |  【コメント編集】

★No title

戦前の戦争礼賛の朝日が、戦後にころっと左巻きになったことを考えれば、朝日の安倍首相バンザイの日が来るかも。
二読者 |  2014.06.08(Sun) 11:58 |  URL |  【コメント編集】

★安倍晋三氏の国防・安全保障・外国は世界史に書き込まれる。

ドイツのマスコミ各社も(公共放送2社のARDとZDFも左翼ですが)、安倍晋三氏の国防・安全保障・外国は世界史に書き込まれる、と連日報道してますね。
里美 |  2014.06.08(Sun) 15:33 |  URL |  【コメント編集】

★左翼新党にまたB層は懲りずに騙されるのか

この時期に安倍政権で良かった。
本当に良かった。
あの総裁選、自民党内で表が割れ安倍氏以外だったら今頃どうなっていたのか。
もちろん、安倍氏の言動、ちょっとどうかなというのはある。

でもねえ、いい仕事もこの短期間にしてるし。
何しろパワフルだなぁ。

他の者が首相だったらこれほど中国と向き合えずにまたまた変な配慮とかしてるんだろうね。
それと経済政策も財務省いいなりとかね。

朝日・毎日・東京があせるのも当然。
それだけにこの左翼マスコミ安倍攻撃ははんぱじゃない。


政界再編の動きが出ているね。
そのは自民党・公明党の与党に対して橋下維新の会、江田結いの党、前原民主党からの離脱組み。

この新党は現有勢力としての数はあるだろうがね。
でも何を目指すのか?

自民党、安倍政権としては遅々として進まないとはいえ「戦後レジームからの脱却」-「憲法改正」という看板はあるぞ。

しかし維新・結い・民主新党は何を目指したいのか。
地方分権、官僚制打破?
何か小さい旗印という感じがする。
散々、口では良い政策のように聞こえるB層騙しが散々テレビから流れるのだろう。

それよりも早く自民党と公明党が分かれ、田母神新党、旧太陽の党と連立を組む方が楽しみというもの。

宮家邦彦もいい事をいうこともあるが、根本が中国に金をやってまだまだ太らせて海洋侵略を続けさせるということを言っているのと同じだろうが。


MIJ |  2014.06.09(Mon) 03:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2458-e654f8f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |