FC2ブログ

2014.05.17 (Sat)


中韓の新聞かと見紛う朝日・毎日と東京(中日)新聞

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 集団的自衛権の行使容認をめぐる報道が過熱する中、朝日新聞と毎日新聞、東京新聞が社説で反対を表明する一方、産経新聞と読売新聞は社説で安倍首相の英断に賛意を示したことはご紹介した。

産経新聞以外は取っていないので、一面やその他の紙面で朝日・毎日がどのような記事を書いているかは知らないが、相当激しいプロパガンダと言ってもいいような反対記事を載せているようだ。

 今日の産経抄子がその辺を皮肉たっぷりに伝えている。
今や朝日と毎日、東京(中日)新聞の論調は韓国の東亜日報、中国の環球時報と見紛(まが)うほどである。

 しかし、産経新聞は日本の新聞であるからして、集団的自衛権の行使容認に賛成すると結んでいる。

アッパレ!!

産経新聞(2016/4/17)
【産経抄】

 どの新聞を読んでも同じ、という時代はとっくに過ぎ去ったが、昨日は最近では珍しく、集団的自衛権をめぐる記事が在京6紙すべての1面トップを飾った。昔と違って6紙それぞれ賛否の立場を鮮明にして報道しており、大いに勉強させてもらった。

 ▼同じ事象を扱っても小紙と朝日・毎日とでは捉え方が百八十度違うのはいまに始まったわけではないが、つくづく言論の自由のありがたさを実感する。中でも東京新聞のはじけぶりは、素晴らしい、の一言に尽きる。

 ▼1面には「『戦地に国民』へ道」の大見出しが躍り、「近づく 戦争できる国」という見出しを社会面に掲げた朝日新聞(東京版)を圧倒した。ただ、残念ながら記事は「(集団的自衛権行使)容認は海外の戦場に国民を向かわせることにつながる」とあるだけで、読解力の乏しい抄子には、なぜつながるのか、まったく理解できなかったが。

 ▼申し合わせたかのように、同じような見出しや記事を掲載した新聞がほかにもある。「安倍『戦争ができる国』宣言」「日本を戦争への道へと向かわせている」。

 ▼前者は韓国の東亜日報、後者は中国の環球時報である。日中韓はひとつ、を絵に描いたような麗しい光景ではある。ただし、日本の集団的自衛権行使を警戒している国は、世界広しといえども中韓と北朝鮮しかない

 ▼「反日」でなければ大統領になれない韓国は放っておくにしても、中国は、集団的自衛権の行使容認によって、日米同盟が強化される事態を恐れている。同盟が強化されれば、尖閣諸島(沖縄県石垣市)占領をはじめ、軍事力を背景にした海洋進出の野望がくじかれるからだ。いずれにせよ小紙は日本の新聞なので、憲法解釈の変更を断固、支持したい。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:50  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★むしろ戦争へのプロパガンダ

こんばんは。
朝日・毎日のやってることは、戦前と真逆に見えて・・
実は戦争を煽ってるのと変わらない。否、他国からの侵略を煽ってるというべきか。
(限定的)集団的自衛権容認が戦争に繋がるとは、詭弁プロパガンダの典型というべき。
否、むしろ戦争・侵略を避ける為のものであり、中国のような侵略国家が存在する限り・・・集団的自衛権が無い方が、戦争や侵略につながり易いのは当たり前じゃないか。
小沢党や民主党のように白を黒と言いくるめて、稀有壮大なプロパガンダを盛大にやってる。これ程の奇観があろうか??!
まさしくお隣のトン巣ランドのお仲間としか思えない。そのあまりのルーピーぶりナンセンスぶりといい。
産経があってよかった!非常に明晰且つ堂々の正論! 
戦前も尾崎らがメディアで盛んに戦争を煽るのに同調するように朝日は戦争を煽った!
今は、特アの工作よろしく盛大に「戦争に繋がるう!」と戦争・侵略を煽る如く!
やってることはいつも同じ。天才ルーピーでなきゃ敵性スパイそのもの也。
バーバー黒猫 |  2014.05.17(Sat) 23:54 |  URL |  【コメント編集】

★集団的自衛権は、特亜のバリアーになる。

特亜が嫌えばそれだけ、バリアー効果があることで歓迎すべきである。
日本は、もはや自衛のために攻めのぼることは、必要がない時代にいる。
それが無くても守れる飛び道具の科学技術は十分持っている。
韓酷は、もはや基礎的科学も工業力もない国だから、日本と組みたいだろうが、日本と似たような産業構築しか出来ない韓酷を養う義務はない。
よって韓国の今までの無礼を棚に上げて擦り寄っても無駄なことだ。
韓酷は、なるようになることをオススメする。
つまり日本は、韓酷の能力を見切ったということだ。
陸続きの支那に養ってもらえば良い。
時代が、変わって来ていることをひしひしと感じる。
katachi |  2014.05.18(Sun) 04:08 |  URL |  【コメント編集】

★No title

中川昭一氏への報道の仕方に疑問をもって 産経に変更しましたが、読んでいて同感することが多く 良かったです。最近は アキとカズを一番に読んでます。

戦争で日本人も筆舌に尽くしがたい苦しみをしたのに、中国、韓国、北朝鮮はいまだに謝罪を要求することに怒ってます。
安倍総理がどうかしっかりと日本国のかじ取りをしてほしいと 願いながらブログを拝見しています。
nonohana |  2014.05.18(Sun) 14:21 |  URL |  【コメント編集】

★支援

おいしんぼの作者は、よく真実を書いてくれました
ふくいち |  2014.05.18(Sun) 16:45 |  URL |  【コメント編集】

★朝日新聞は日本のガン

南京大虐殺や靖国参拝など中国共産党が日本を恫喝するネタをさんざんと提供して反日を煽り続けた朝日新聞は突出した飛び切りの異常者でです。
1970年。朝日新聞の広岡知男社長は中国の『文化大革命』を礼賛する記事を掲載した。。そしてその年の10月21日、朝日新聞は『中国政府の意向に沿った記事を書くこと』を公言。 1971年。『南京大虐殺』という嘘を浸透させるキャンペーン開始。朝日新聞の記者である本田勝一により『中国への旅』が連載された。朝日新聞の報道の後、1978年になって 日本の中学校教科書に「南京大虐殺」が記述された。 実はその時点(1978年)では、『中国の教科書にさえ』南京大虐殺の記載などなかったのである。
まだまだあります。煽ったのは中国の反日だけではありません。韓国、それに米国にヨーロッパ。韓国へは慰安婦騒動。米国はニューヨークタイムスの反日記者と連携。
朝日新聞は狂っていたというのも生易しいほど、とびきりに狂っていました。
名前非公開 |  2014.05.18(Sun) 18:01 |  URL |  【コメント編集】

★No title

ネタだけは豊富でしょうけど、提供の仕方が、的外れで、特亜的です。
特亜以外情報が流れない。
奴らの世界は、特亜です。
こいつら、SEXしてもマトモな精液は出ず粉しか吹かないのではないかと思う。
つまりキノコの胞子だな。
風が吹けば何処へなりと飛び散ってしまう。
朝日の記者はその典型だ。
国民が、風を作っているからな。
TV・新聞社じゃないの!
こいつらは単なる会社の駒でしかない。
ジャーナリストって負の生産性しかないよな。
悪いニュースほど金になるし注目される。
南京・慰安婦はその好例。粉ばっかし吹きやがって!
katachi |  2014.05.19(Mon) 04:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2423-03f04ef5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |