FC2ブログ

2014.04.20 (Sun)


TBS「サンモニ」 教育への政治介入は止めろと

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

教科書問題 竹富町の暴走を許すな

 今日もTBS「サンデーモーニング」の反日が狂い咲き。
安倍政権の教育改革が余程お気に召さないらしい。

道徳の教科化は政治による関与だから許せないと。
国の定めた教科書選定制度に反対して勝手に左翼教科書を採用した竹富町を擁護する。

TBS「サンデーモーニング」(2014/4/20)
"教委改革" 審議入り
教育と政治の関わりは?


ゴネる竹富町の教育長のVTR。

慶田盛安三竹富町教育長
「(政府には竹富町教委の考えを)全く理解してもらえない。こんなに残念なことはありません」


文科省は教科書として「育鵬社版」を使い副教材として「東京書籍」を使う事を提案したが、竹富町は拒否。
あの朝日新聞ですら、社説で両者の教科書を読み比べて違いを勉強したらと提案しているのに、どうしても育鵬社版は読ませたくないらしい。

ナレーション
「教育現場に政治が関与する問題はこれだけではありません」


野党は自治体の首長の権限を強化する「地方教育行政法」改正案に反対している。

国会での共産党議員の質問のVTR

宮本岳氏(共産党)
「当法案は教育委員を首長の支配下の下に置こうとするものであります。教育の政治的中立性を脅かす事になるのではないか」


日教組は共産党の巣窟。それが政治的中立とはチャンチャラおかしい。

菊田真紀子(民主党)
「教育現場が政治的影響や圧力を受けたり、時の政権によるプロパガンダの場となってはなりません」


「教育に中立は無い」と堂々と宣言したのは日教組のボス輿石東(元民主党幹事長)ではなかったか。

民主党では日本が滅びる(2009/3/7)

育鵬社の教科書はこう記述されている。

「戦後の日本の平和は、自衛隊の存在とともにアメリカ軍の抑止力に負うところも多いといえます」

これは事実だが、左翼には気に入らないらしい。
憲法9条が抑止力だとでも言いたいのか(笑)

女性キャスター
「基地問題についてはあまり触れられていません」

女性キャスター
「竹富町の選んだ教科書(東京書籍)は『沖縄と基地』というテーマでアメリカ軍基地の問題点についても触れ、このように大きく触れているのが分かります」

大崎麻子(関西学院大学客員教授)
「憲法で守られた子供の学ぶ権利を保障するための環境整備をするのが政治の役割だ。教育の内容について主導的に動く立場ではないというのが原理原則だ。竹富町の動きを見ていると、教育委員会は教育の政治的な中立を保つとか民衆の意志を反映することで出来た仕組みだ。それが今、機能していると私は見ている」


「民衆」が選んだ首長の方が「民衆」の意志を反映しているのではないか。
その教育委員会がそもそも中立ではなくて日教組の巣窟なのである。

関口宏(司会)
「『戦後レジームからの脱却』のひとつに含まれる感じがする。政治と教育はある程度距離感を持って、子供達が成長した時に冷静に政治の状況が見れるような教育をしてった方がいいんじゃないかなと私は思いますが」


「ら」抜きの司会者、関口宏。

この番組は今迄ご紹介したように安倍首相の「戦後レジームからの脱却」に一貫して反対の立場を取り、毎回同じパネルを使ってしつこく反日キャンペーンを展開している。

寺島実郎
「今秋オバマ大統領がやって来る。ここで言う『戦後レジームからの脱却』というやつは、いろんな分野において『前のめり』というやつでもって進んでいるわけですよね。それに対してね、つまり表層的には日米同盟の強化っていう、シャンシャンっていう感じでオバマ大統領が入ってくるように見えるけれども、アメリカのいま腹の底にですねえ、ムラムラとこう高まりつつある日本に対する不安ていうか、不信感がね、まさこの『戦後レジームからの脱却』ってのはね、戦後民主主義の否定に尽きるんじゃないのかと
前のめりになってですねえ、国家主義に回帰して行く日本がね、やがて持つであろう危険性みたいな事に薄っすらと気付き始めてるんじゃないかいのが、こないだワシントンでのハイレベルの人達と議論してみて感じますね。ですからこれ今週進んでいく日米間の議論をね、じっと見てみる必要はあると思います」


 まだ言っている。ワシントンの高官と議論して来ただって(笑)
具体的に誰とどのような議論をして来たのか教えて欲しい。

 日本が自存自立することにアメリカが不愉快に思っているからといって、いつまでもアメリカの傘の下(オバマ政権で頼りにならないことが明白になって来た)に居ればいいというわけではない。

金子勝(慶応大学教授)
「教育委員会制度はもともと公選制で戦後導入した。政治の介入があるからよくないといって止めた。今度逆の動きが出て来て、教育委員会と教育長を一体化してもっと首長の権限を強くすると。これは政治の介入が起きるんじゃないのかと。で、起きてる事はとっても皮肉で、安倍さんに近いような国家主義的な教科書を法律を先行して採択しちゃったと。で、住民とか現場の教師の声を無視してという状況が生まれちゃったわけです。だからこの法改正の議論はこのテーマを、つまり竹富町で起きてることをキチンと表に出して、本来的には住民や現場の教師も含めて全体として、地域の教育をどうするかというのを合意を作っていくという場をしっかり重視するってことが基本的に一番大事だってことが見えてくると思います」


 大学のセンセイにしては随分お話が下手である。

教育委員会は戦後のGHQの要請で出来たものであり、現在機能していない。
イジメの問題ひとつにしても解決できない。
日教組の左翼教師に牛耳られている。

「国家主義的」という言葉がネガティブに用いられているが、「健全なナショナリズム」と言って欲しい。
「キチンと表に出して」というが、もうとっくに表面化して問題になっている。

白鵬社の教科書は「国家主義的な教科書」でもなんでもない。
正しく現実を記述した教科書であり、教科書採択地域協議会が民主主義的な手続きを経て採択した。
しかし、左翼の影響力が強い竹富町だけが法に違反して「決まり」を破ったのである。

竹富町の教育長は地域協議会から離脱して独自に教科書を決めると言い出した。
そこまでして自虐教科書を使いたいのか。

関口宏(司会)
「えーっ、難しい問題ですねえ。それじゃあスポーツ!」


逃げるな関口。

産経新聞(2014/4/18)
教科書採択地区の分割「望ましくない」 文科省、沖縄県教育長に説明へ

 沖縄県竹富町が法に反し、教科書採択地区協議会の答申とは別の中学公民教科書を使用している問題について、下村博文文部科学相は18日の閣議後会見で、沖縄県の諸見里明教育長を22日に文科省に呼び、改正教科書無償措置法の趣旨に基づき「採択地区の分割は望ましくない」とする国の考えを説明することを明らかにした。
 改正法では採択地区の範囲をこれまでの「市郡」単位から「市町村」単位に細分化。竹富町はこれにより、町独自の採択が可能になったと判断。石垣市や与那国町とつくる採択協議会から離脱し、独自に教科書採択ができるよう、沖縄県教委に要望する姿勢を示している。
 一方、文科省は法の趣旨に基づき、規模の小さい町村は「自然的、文化的、経済的に一体感のあるエリアを共同採択地区として設定することが望ましい」と説明している。
 改正法では採択地区の設定について、都道府県教委の権限となっていることから、文科省は沖縄県教委に法の趣旨を説明する必要があると判断した。
 下村文科相は「県教委の判断材料の中に、法の趣旨が生かされる必要がある」と強調した。


そもそもこの問題は民主党政権時代の不適切な対応が原因となっている。

産経ニュース(2014/4/17)
民主党政権時のツケ? 竹富町教科書採択問題 法廷闘争に発展も

いつになったら民主党政権時代のツケを払わなくて済むのか。

産経新聞は社説で竹富町の違法行為を厳しく批判している。

産経新聞(2014/4/13)
【主張】竹富町の教科書 法の無視は認められない

 国の是正要求に従わず法改正の趣旨も歪(ゆが)めるのか。教科書採択で沖縄県竹富町教育委員会が、石垣市などとの共同採択から離脱を検討している。これを認めるべきではない。是正要求に従い、勝手な教科書使用をやめることが先だ。
 小規模な市町村は、近隣市町村と共同で教科書を選ぶルールが、義務教育の教科書を配布するための教科書無償措置法で定められている。
 生活、文化など一体性のある広域で同じ教科書を使えば効率的な配布のほか、教師の共同研究や転校した場合に学習の連携などメリットが大きいからだ。
 竹富町の場合、石垣市、与那国町の3市町で八重山採択地区協議会をつくり採択してきた。平成23年夏の採択で協議会は、中学公民教科書に育鵬社版を決めた。
 だが竹富町は従わず東京書籍版の使用を24年度から始めた。地方自治法で最も強い措置の是正要求が出されたが、今年度も違法状態の教科書使用を強行している。

 竹富町の共同採択離脱の方針は、9日に成立した教科書無償措置法改正に伴うものだ。採択地区の構成単位を「市郡」から「市町村」に変えたことを捉え町単独で採択できるとしている。沖縄県教委は要望を受け認める方向だ。
 この改正は市町村合併に伴い、飛び地の自治体が共同採択するケースなどができ、不都合を解消しやすいよう見直したものだ。竹富町にはあてはまらない。
同法改正では、共同採択地区で同一教科書を使う規定が明確化された。竹富町の役場自体、石垣市の港近くにある。地域性から同市と共同採択するのが自然だ。
 下村博文文部科学相は、採択の際に教科書の内容を吟味する調査研究が、小規模の教委では難しいことも挙げ、法の趣旨を竹富町教委に「しっかり伝える」としている。沖縄県教委も法を曲げないでもらいたい。協議会が育鵬社版を選んだのは、尖閣諸島を抱える地域性から、領土などの記述が詳しい内容を重視した結果だ。

 同社版の歴史や公民教科書に対しては「戦争を美化する保守系教科書」などと批判が繰り返されていた。いわれのない教科書批判にとらわれ、採択を歪めたのは竹富町や沖縄県教委の方である。
 法に従わぬ教育委員会に安心して教育は任せられない。国の責任で是正を果たしてもらいたい。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:50  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★偏向教育を正すのは当然。

教育が、おかしいから介入せざるえない。
日教組なるものは排除すべきだな。公職追放だ。
普通に教育すれば、輿石のような中立などありえない人間は、消滅する。
歪んだ曲がった日本を脱却するには、抜本的教育改革が必要。
katachi |  2014.04.21(Mon) 20:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2371-3eb2000a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |