FC2ブログ

2014.03.17 (Mon)


TBS「サンモニ」韓国に媚びる寺島実郎

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 アメリカの要らぬお節介で、日本が韓国と無理に国交正常化を迫られている。
しかし、「日本は韓国に関わるとダーク・サイドに落ちる」(古田博司 「正論」4月号)のである。
古田教授は「アメリカの変節がもたらす衝撃自体に備えよ」と警告を発している。
まさに「教えず、助けず、かかわらず」の否韓三原則を貫くのが日本の取るべき方針である。

ところが、寺島実郎センセイは「深呼吸して」韓国と仲良くせよとのたまう。

TBS「サンモニ」(2014/3/16)
”河野談話見直し"めぐり歩み寄り
日米韓首脳会談は?


寺島実郎縮小版

寺島実郎
「ここんとこ日本の雑誌の企画なんか見てると、韓国・中国に対する嫌悪感をぶつけるような企画が続いていて、まともな日本人だったら読んでるうちに自分自身も自家中毒になって嫌になってっちゃうという、ついこないだまでの韓流ブームって何だったんですかと言いたくなるぐらい引っくり返ってきている。

 僕、こういう時こそ深呼吸が要るというか、歴史の中での日韓関係をボク真剣に見直そうと思ってて、例えば仏教伝来に始まるわけですけども、百済や高句麗の力で日本に仏教が伝わりましたと。秀吉の朝鮮出兵の後、如何に家康という男が見識のある男だったのか、国交を正常とせるために彼の配慮ってのは凄いんだなと。
いま、ボク岩波の『世界』に連載している今月書いてある中で朝鮮通信使の事が書いてある。なるほどなと唸るようなね。それが近代史に埋め込まれているんですよ。
 そういう最も近隣の国、朝鮮半島との長い歴史を深呼吸して、今問題を抱えていることは事実だけども、『段階的接近法』といって、互いにプラスになる事から積み上げ行くと。欧州もかつてフランスとドイツなど睨み合ってたけど、プラスになる事から努力して積み上げようということで今日のEUの基盤を作って来た。だから日韓という一番近い所にいる人間と信頼関係を構築できないような国は国際社会の中で胸を張れるはずがないということを、日本人として(韓国人としてではない!)、それくらいの見識を共有しなけれゃいけない、そういう時代だと思いますね」


国の成り立ちや民族性や、地政学的意味合いががまったく異なる独仏やEUと同一視する寺島実郎の頭の中を疑う。

寺島実郎の発言を伏線として、前エントリーの「かぜを読む ここ最近の日本」につながると言うTBS「サンモニ」の編集方針であったことが明らかである。

つまり、あらかじめひとつの意図を持ったストーリーが作られ、それに沿って各コメンテーターの発言内容が打ち合わせられ、司会の関口宏がそ知らぬ顔をしてたらい回しの役目を果たしているといことである。

その編集方針は毎日新聞の意図に沿うものであり、中国や韓国の意図に沿うものである。
人はこれをデマゴーグによる洗脳番組と呼ぶ。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:47  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★流れに任せて日本流に。

アメリカのいう事は、それなりに聞いて行動することで、韓酷とそれなりに関係を持てば言い訳で、歴史認識は、違ってもいいのです。
この地政学を作ったのはアメリカだから、韓酷の面倒はアメリカが見るべきだ。
日本は、アメリカの同盟国として付き合うことで良いのではないか。
アメリカは、日本と韓酷に何をさせようとしているのか?
日本の使い方を間違えれば、日本は動かない。
katachi |  2014.03.17(Mon) 11:27 |  URL |  【コメント編集】

★ザ・TBSの人々!

この寺島実郎といい、関口といい、野中・古賀といい・・・
みな語り口、その風情がまったく一緒。
(そういえば、森田実もちょっと似たとこがあるが、それはさておき)

これらをモデルに「ザ・TBSの人々」という彫刻を作ったらいい。
  (別題「偽善者たち」)

>人はこれをデマゴーグによる洗脳番組と呼ぶ

 たしかに典型だ。

アリバイ作りにTBSが平沢議員とか呼ぶ場合も・・・とにかく、周りのセットから空気から、反論バトルになりにくい状況をつくり上げる。
そういうデマゴーグ・プロパガンダにかけては朝日異常に凝っている、否、執念を燃やしているというべきか!
バーバー黒猫 |  2014.03.17(Mon) 20:44 |  URL |  【コメント編集】

★あきれ返ります。

寺島はどこまで馬鹿なんだか。さらにたちがわるいのは自分が頭がいいと思っていることです。
東大が早稲田を馬鹿にするのももっともだ。
takasan |  2014.03.17(Mon) 23:36 |  URL |  【コメント編集】

★戦後教育の老害たち

戦後の弊害を引きずってコメントする老害たちは、己が時代の賞味期限をとっくに過ぎていることを自覚していない。
今は、風雲急を告げる時期じゃないの?
世界のTPOについていけないのであれば、コメントするのは止めな。
イデオロギーで動く時代じゃないことを国民は自覚しているんだけど、老害がj邪魔をする。
katachi |  2014.03.18(Tue) 02:21 |  URL |  【コメント編集】

★東アジア環境が戦前と似てきた。

末期の支那共産党に接近しているのは、水面下でアメリカ、水面上で接近しているのが、イギリスとドイツ、それに戦後の新参者イスラエル。
フランスの動きが、解りにくいが、接近は、無いようである。
イスラエルだけ違うようだけど、国が有る無いの違いだけで、本質は同じである。
少し複雑だけど主要国の動きは、よく似た環境にある。
katachi |  2014.03.18(Tue) 04:03 |  URL |  【コメント編集】

よくまあこれで報道が中立だと言えるよなぁ。
名前非公開 |  2015.04.11(Sat) 00:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2304-050dc389

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |