FC2ブログ

2014.02.20 (Thu)


衛藤発言 日本が孤立すると煽るTBS岸井成格

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

言論の自由主張するメデイアが言論封殺

 既報のようにテレビ朝日「報道ステーション」は衛藤晟一首相補佐官の「アメリカに失望した」発言を批判したが、反日テレビメディアの双璧であるもう一方のTBS「News23」でも岸井成格(毎日新聞特別編集委員)がそれに唱和した。

TBS「News23」(2014/2/19)
日本「個人的な見解だ」
米 「日本政府のガバナンスの問題」


膳場貴子縮小版

膳場貴子アナ
「総理側近によるアメリカ批判は日米関係を更に冷え込ませる可能性があります」

(中国外務省の報道官の記者会見の模様をテレ朝同様に取り上げて中国様も怒っているぞと宣伝)

膳場
「いや今回の発言ですけども、支持者向けとは言ってもひとたびネットで公開されますと、広く伝わりますからね。影響は大きいですよね」

岸井成格

岸井成格
「私もそこは心配なんですよね。言いたいことは二つあるんですけどね。公の人、公人というのは何を言うにしても時、場所、立場をわきまえるのは最低限のモラルなんですよね。とりわけ総理補佐官ですからね。個人の見解と言うのは通用しないんですよね。今回も個人の見解だから取り消して、あるいは削除したからいいとうわけには私はいかないと思いますね。それからいろいろ取材しましたけど、自民党内の反応も非常に冷やかですよね」

膳場
「衛藤補佐官に対してですよね」

岸井
「はい」

膳場
「なぜああいう発言に至ったんでしょうかねえ?」

岸井
「そこがよくわかんない所がちょっとあるんですけども、補佐官はどうしても総理にあの時点で靖国参拝をして欲しかったんですよ。それから非常に強く参拝した一人ではあるんですね。そのためにはどうしてもアメリカの了解が必要なんだろうなという、そういう空気があったんですよ。アメリカがどう取るかというのは非常に重要なことだったんですね。それで補佐官は事前にいろいろ話をしたんですね。その時のアメリカ側の対応がそれほど強くないということで、どうも向こうの出方を読み違えたんじゃないのかというのが自民党の幹部の見方でしたね」

(「よく分かんない」と知ってるくせにトボける岸井。
靖国参拝にいちいちアメリカにお伺いを立てるというのは情けない話だ。
アメリカは強く反対しないと判断したのに、「失望した」と強く反応したのはなぜか?
ここで次のようなケネディ駐日大使の犯人説が有力になってくる。)


「『ケネディー姫』のわがままが日米関係を混乱させる」(池田信夫 2/20)

「昨年12月26日には、安倍首相の靖国神社参拝について、その日の午後にアメリカ大使館が『日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している』というプレスリリースを発表した。こんな重大な発表が、参拝から6時間足らずで出されたのは異例である
 この時間はワシントンの深夜だったから、このリリースは本国の了解を得たものとは考えられない(のちに国務省が追認した)。「失望している」(disappointed)というのは同盟国には使わない強い表現で、外交儀礼を知らないケネディ大使が独断で出した可能性もあるのではないか」


膳場
「アメリカで事前調整に努めたけれども結果的にうまく行かなかった形?」

岸井
「そうですね。更に厄介なのは、これによって中国や韓国に日本批判の口実を与えてしまったことなんですよ」

膳場
「そうなんですよねえ」

岸井
「しかもこれでアメリカが更に反発するようなことがあると、日本がいままで歴史認識で非常に広がって来た孤立感と言うのがね、更に広がってしまうという、それが一番大きな問題じゃないでしょうかね」

膳場
「心配ですね」

岸井
「はい」


日本が孤立する?
またそういうデマを流してB層を取り込もうとする。
賢明なる諸氏は、歴史認識を騒ぎ立てているのは中韓だけで、他のアジア諸国はむしろ大東亜戦争で日本が白人の植民地支配から解放してくれたと感謝しているという事実をご存じだと思う。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:37  |  反日マスメディア  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★公人とは、公共性を持っていることだ。

公共の電波に乗せる発言も公人の部類に入る。
責任持てる発言をしているのか?岩井殿。
総務省の国が、許可を与えて居る以上、中立を守れ。
中立とは大変難しいのだ。
左翼に染まった人間が出来る芸当ではない。
政権奪取後、輿石が何と言ったか、初っ端に中立など有り得ないと言ったのだ。
左翼は、視野の狭いそう言う人間しか居ないのだ。
katachi |  2014.02.20(Thu) 11:43 |  URL |  【コメント編集】

真っ当なことを言うことは決して孤立することではない。

真っ当なことをあげつらうマスコミこそ信じる人はいなく

なる。私は昭和34年から朝日新聞等は信じていない。

大東亜戦争もパール判事は完全に肯定されている。

そのおかげで世界中の植民地が解放された。このこ

とは世界中の方々が理解されている。

パール判事は欧米こそ侵略国家だと喝破されている。

この真実を言うことは良いが、すぐに取り下げたりす

ることが良くない。政府はしっかりこのことを発信すべ

きだ。
おっさん |  2014.02.20(Thu) 13:07 |  URL |  【コメント編集】

★大雪の大渋滞でもルールを守る日本人に驚く中国ネットユーザー、「何事もまじめな精神はすばらしい」

この間の中国の報道が気になって仕方がありません。何とか安倍政権だけを悪者にしている。

靖国を含め安倍総理には何かにつけ独裁者とかナチス呼ばわりをし、反対に日本人をほめる。マナーが、いいとか、今回の雪被害に対しても日本人を見習うべきとか。ネット上評判とはいえ、誰かが音頭を取っている感じがする。

戦後、周恩来が「日本人も同じ被害者でした。わるいのは日本のリーダー軍部で、皆さんは何も知らなかったんです、騙されていたのです。日中友好でやっていきましょう。」 

この論理で、安倍総理と、良き日本人を分断しようとしているのでは無いでしょうか。
rissei |  2014.02.20(Thu) 14:02 |  URL |  【コメント編集】

膳場さんはいつも主張がありませんね。理3卒と聞きますがよいお年をしてなお意見をお持ちでないのには驚きます。筑紫哲弥に傾倒しているのは草間満代と同じですね。NHKは陰から民放の報道を支配するために気づかれないように女性アナウンサーを”天下り”させているのではと思います。
膳場さんにはよい頭でしっかりと歴史を勉強されるようおすすめします。
竜胆干城 |  2014.02.20(Thu) 16:33 |  URL |  【コメント編集】

★岸井出過ぎしかも偉そうに

日本が孤立する心配だってんなら日本の主張を大大的に宣伝し中韓以外の国の理解をとりつけ連帯を強めればいいだけのことだが
毎日はそんなこともおもいつかないバカなのかとおもいきやそうでもないかもしれません 山本夏彦は自国の非をいわず是ばかりいうのが健康というもので故に健康とは嫌なものであるといいましたがインテリ連中はたんに嫌なことを我慢する精神がたらないんでしょう
ロボ子 |  2014.02.20(Thu) 17:57 |  URL |  【コメント編集】

★TBSはそう言うが、日本は孤立などしていない

【スクープ最前線】韓国「二股外交」に米で怒りの声が噴出 ケリー国務長官の忠告も無視され…
2014.02.19 (Tweet おすすめ 1,604)

 米国が、我慢の限界に達しつつある。朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国が、米国と中国を両天秤にかける狡猾極まる「二股外交」を展開し、批判を避ける口実のように「反日プロパガンダ(謀略宣伝)」を続けているためだ。こうした怒りは、ホワイトハウスよりも、東アジアの安全保障に責任を持つ国防総省内で強いという。ジャーナリストの加賀孝英氏が、日米の関係当局者を直撃した。

 「米政府や軍幹部の中から『韓国はすべてを壊す気か!』と、怒りの声が噴き出ている。同盟国である米国に恥をかかせ、しかも公然と米中両国から利を引き出す二股外交を展開している。まともじゃない」

 旧知の米国防総省関係者はこう吐き捨てた。

 日本人としては「気づくのが遅すぎる!」と言ってやりたい。韓国にだまされて、国内各地に慰安婦の像や碑を設置している米国だが、やっと韓国の異常さに気付いた政府首脳や軍幹部が増え始めた。

 先週13日、ソウルでこんな出来事があった。

 訪韓中のケリー米国務長官は、朴大統領、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談後、尹外相と共同記者会見に臨んだ。

 ケリー氏は真剣なまなざしで「(北朝鮮の挑発を抑止するためには)日米韓3カ国の緊密な協力が必要だ。日韓が過去にとらわれず前に進むことが、米国の国益にもかなう」といい、日韓関係の改善を促した。

 これに対し、尹氏は「日本の指導者らの(歴史問題の)修正主義的言動が続けば信頼が損なわれる。歴史を直視すべきだ」と、いつもの日本批判を続け、ケリー氏の忠告を完全に無視したのだ。

 公衆の面前で、尹氏にバカにされたケリー氏はイラつき、その表情はみるみる険しくなっていた。

 以下、複数の米国政府、国防総省関係者から得た情報だ。とくとお読みいただきたい。

 「ケリー氏の正確な発言は『put history behind them』だ。一部メディアは『歴史問題を克服しろ』と訳したが、真意は『過去は忘れろ。水に流せ』という強烈な忠告だ。それを無視されて、ケリー氏や米国のメンツは丸つぶれになった」

 「ケリー氏と朴氏の会談は、当初45分の予定だったが、約2倍の1時間40分もやった。朴氏は北朝鮮問題そっちのけで、慰安婦問題や安倍晋三首相批判に力を入れていた。米国の言うことがまったく分かってない」

 そして、こんな怒りにつながる。

 「韓国は暗に『中国につくぞ』と米国を脅して無理難題を頼み、一方で、中国と結託して日本叩きをしている。これが中国が狙う、尖閣諸島強奪などの海洋権益の拡大や、日米同盟の亀裂拡大に利用され、東アジアを不安定にしている。韓国こそ東アジアの癌だ。こんな二股外交を続けていれば、米中両国が韓国を『裏切り者』と呼ぶ日が必ずやってくる」

 米国が切れるのも当たり前だ。

 ちなみに、慰安婦問題で付言しておけば、この問題は、一部メディアの間違った(捏造した?)記事から始まり、韓国の「旧日本軍が性奴隷として約20万人の朝鮮半島出身女性を拉致、強制連行した」という主張を示す客観的証拠はない。

 日本政府は2007年3月、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定。日米韓の識者も証拠をもとに「慰安婦は高級売春婦だった」と指摘している。補償問題は、1965年の日韓請求権協定で完全に解決済みだ。法的に何ら問題はない。

 官邸関係者がため息をついて、こういう。

 「日本はいつでも首脳会談に応じると韓国に呼びかけ、努力している。あれこれ条件をつけて潰しているのは韓国の方だ。問題があれば首脳同士が条件無しで話し合う。これは常識だ。その常識が韓国にはない」

 とことん困った国だ。ともあれ、わが国が韓国に譲歩する大義はない。安倍首相のいう毅然たる「積極的平和主義」「地球儀外交」を堅持していく。それだけだ。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍している。
コピペ |  2014.02.20(Thu) 22:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2247-04e98080

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★マスコミ追及の狼煙 次のターゲットは「岸井成格」だそうです

どうやら、保守陣営におけるマスコミ追及の次のターゲットはTBSと「岸井成格」一人に絞り込まれたようである。
2015/11/19(木) 07:23:21 | 美しい国への旅立ち

▲PageTop

 | BLOGTOP |