FC2ブログ

2008.01.16 (Wed)


許せぬ捕鯨妨害活動

日本政府は舐められるな

捕鯨船に侵入、危険行為の活動家を引き渡しへ 

 南極海で調査捕鯨をしている日本の「第2勇新丸」に米環境保護団体シー・シェパードの男性活動家2人が侵入、船室に拘束された問題で、オーストラリアのスミス外相は16日、地元ラジオのインタビューで、日本側が2人の引き渡しに合意したことを明らかにした。

 2人は英国人(35)とオーストラリア人(28)。調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所(東京、森本稔理事長)によると、2人は15日、同船のスクリューにロープを巻き付けたりデッキに薬品をまくなどの危険行為を行い、同船に違法に乗り込んだとされる。

 スミス外相は、オーストラリア外務貿易省や東京のオーストラリア大使館が日本政府に働き掛けた結果、日本側が引き渡しに応じたと説明した。

 一方、鯨類研究所の報道担当者はオーストラリアのスカイニューズ・テレビに対し、日本側は2人をすぐにでも引き渡したいのに、シー・シェパード側が連絡を絶っているため実現していないと説明。シー・シェパードが意図的に騒動を引き延ばしていると非難した。(共同


テレビのこの妨害行為を見て腹が立った。
「海に叩き落してしまえ!」と叫んでしまった。
心の内は「射殺してしまえ!」と思った。
日本側はどうしてそんなに簡単に犯人を引き渡してしまうのか。
外務省は英国とオーストラリアに対して厳重に抗議し、相手国の謝罪とそれなりの落とし前をつけてもらうべきである。
このような優柔不断な日本政府の対応が外国に舐められるのだ。
今後、日本の調査捕鯨船には自衛官を乗せて邦人の安全を守るべきである。

よくグリーンピースとか称する偽善者の団体が捕鯨船やその他の行動に対して抗議行動を起こすが、いくら羽目をはずしても自分達は安全だという思いあがりのなかで破壊活動をしている。
この点がほんとうに許せないと思う。
生活のために漁をしている日本の漁船はロシアに拿捕されたり射殺されたりしているではないか。
グリンピースなどの団体の危険行為に対しては断固として実力阻止する、場合によっては射殺するくらい方針を出せないものなのか。
それでも命を賭して反対するというのなら、行為の善悪はともかくその意気だけ買ってやろう。
さもなくば、これらの妨害行為はヒロイズムどころか甘たれ小僧のイタズラに過ぎない。


日本政府は舐められるなと思う方はクリックを!
***
FC2バナー2

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

22:53  |  事件  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/221-b16a5f4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |