FC2ブログ

2008.01.16 (Wed)


長期滞在外国人に日本語審査

日本に長期滞在する外国人の日本語能力を入国や在留期間の延長の審査基準にするという。
当然のことであり、むしろ遅きに失している。

外国人の犯罪に対して、日本のマスメディアは、「仕事を求めて日本に来たが日本語もろくに喋れず寂しい思いをした、苦労した、そのストレスと貧困で犯罪を犯した」と同情するドキュメンタリーをよく放映しているが、ふざけるなと言いたい。

労賃の安い外国人を単純労働者として雇用する悪徳企業も悪いが、何の準備もなく金儲けのために来日する外国人にも責任があるのではないか。そして、それを甘やかしている日本のメディアが一番悪い。

子供を学校にも行かせない外国人労働者、社会保険にも入らないで、かかりつけの病院もなく盥回しにされて切迫流産したという例もある。そのような貧しい外国人労働者にマスコミの目はいつも同情的だ。

私たちは彼等を厳しい目で見なければならないと思う。
それは私たちの国を守るためであり、彼等のためでもある。
しかし、マスコミはまた外国人差別だの、入国のハードルを高くするなとか、政府は日本語教育の予算を組めとか言い出だすに違いない。

外国人を多数入国させ、働かせ、参政権も与えようとしている政党や政治家達もいる。
ほんとうに恐ろしいことだと思う。
わたしたちはどうせいずれは死ぬのだから構わないが、私たちの代で日本を駄目にしてしまい、子供や孫や末裔が苦しむことを考えるとたまらない。


イザニュース(2008/01/15)
日本語能力、外国人の長期滞在要件に 政府検討

 高村正彦外相は15日午前の閣議後の記者会見で、日本に長期滞在する外国人の入国や在留期間の延長にあたって、日本語能力を審査基準に追加することを検討する考えを示した。近く外務、法務両省の課長クラスによる検討会を発足させ、具体的な協議に入る。

 就労目的などで日本に長期滞在する外国人は約200万人いるが、日本語ができないことで子供の不就学や社会保険への未加入などの問題が顕在化している。高村外相は「日本で生活する外国人自身のためにも日本語ができることが生活の質を高めるためにも必要だ」と述べた。


外国人の日本語審査に賛成の方はクリックを!
***
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:35  |  政治  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/219-146c12af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |