FC2ブログ

2013.12.30 (Mon)


安倍首相 靖国参拝の何処が悪い(2)

1
↓クリックをお願いします


FC2バナー2


(前エントリーからの続き)

写真123456モニバ3

石原良純
「僕はやっぱり、これ、各国の反応ってありますけど、これは外交ですからね。外交戦略のなかでのキャッチボールのやり取りですから、そのなかでまあ、さっき国益って出てましたけど、国益って経済が良くなる悪くなるってことだけじゃないですからね。世界の中で日本はどういう地位を占めていくのか、どういう役割が出来るのかということが・・・すごくこれ結果をみんな冷静に見てるんだなと思います

反日メディアがこれほど大騒ぎして安倍首相の靖国神社参拝を批判しているのに、逆に支持率が1%増えるということは日本人の庶民感覚の素晴らしさを感じる。

青木理(元共同通信記者)
「ただ僕ら冷静に考えなくちゃいけないのは、国益の問題もあるんですけれども中韓だけでなくてアメリカからも言われている。なぜかっていうと、やっぱり一つは中国って国は相当経済的に大きくなってくる中で、日本と中国が緊張関係を強めるのは各国にとっても全然得じゃない、アメリカだって中国との関係をよくしたいという思いがある、というのが一つと、もう一つは、これは絶対に日本人は忘れちゃいけない事ですけど、靖国ってのはこんなにいろんな論議があるにせよ、海外から見ると、基本的に戦後秩序の否定だと、世界から見ればね。日本は一部の軍国主義者によって軍国主義に走ってしまったのであると。その反省に立って日本は戦後出発してそれを世界が認めたというのを、A級戦犯が祀られている靖国に行くというのは世界的に見ると、戦前を肯定し始めんじゃないのと見られてしまうという事を日本人がやっぱり知らなきゃいけない」


まずA級戦犯どというものはもう存在しない。
その頃はまだまともだった日本弁護士会が主導し、共産党が国会で提案して全会一致で全ての「いわゆる戦犯」が特赦されたのである。
また、国民が悪いのではない、軍人が悪いのだという教育はPonkoも教え込まれて信じて来たが、それは「War Guilt Information Program(WGIP)」というGHQとOSS(CIAの前身機関)が主導した「戦争についての罪悪感を日本人の心に植え つけるための宣伝計画」の一環だったと、渡部恒三氏の書物を読んで知った。

石原
「逆に今度、この靖国問題、靖国って何なのか、じゃ今後どうするか。僕らが国内に納得するものを作んなきゃいけないし、それと同時に対外的に見られるものを作んなきゃいけないってことを、靖国ってのは僕らもっとちゃんと考えなきゃいけない」


「国内に納得するものを作る」と石原が言った時、青木が「うん」と声を上げて大きく応えた。

青木
「そうですね。だから我々はA級戦犯を分祀するとか、あるいは別の所に追悼施設をつくるとか。いまだに前後70年近く経ってまだ解決できてないんだという事はやっぱり、もう少し何とかしなくちゃいけない。だって人が行くだけで、これだけ日本の地位をいろいろ批判を浴びちゃうわけですから。考え直すことはまだたくさん残っている。靖国ってのは典型的ですよね」

羽鳥慎一(司会)
「戦争で命を落とされた方に手を合わせる、イコール靖国に行くということではないという事ですね」

青木理
「ない。少なくとも海外からはまったくそういう風には見られないと」

羽鳥
「そういうことですね」

 過去に海外の多くの国から要人が靖国神社を参拝している。
日本の首相達も何のわだかまりもなく参拝し、中国、韓国も異議を申し立てなかった。

しかし中曽根元大臣が親しい中国の要人の安全が脅かされる事を怖れて靖国神社の参拝を中止したことから、中国はこれを外交カードとして使う事が有効だと気付いたのである。

 別の追悼施設とか分祀(分骨と勘違いしていて、宗教的に不可能である)とか言うのはまったくナンセンスである。
アジア諸国で日本の首相の靖国神社参拝に反対するのは中国と韓国だけである。
マレーシア、タイ、シンガーポール、台湾、ベトナム、インドその他、どの国もクレームを付けていない。
大いに賛成している国も多い。

靖国神社参拝問題はひとえに反日諸国の外交カードにすぎず、それに狼狽えている日本人はバカである。
あるいはバカな振りをして日本の世論を誘導しようとする工作員とその協力者であるといって間違いない。

今後あなたは、安倍首相の靖国神社参拝を非難する人を覚えておくがいい。
その人がどういったグルーブに所属し、その他の政治的な問題にどのような立ち位置を取っているかを見れば、おのずから分かることがある。


1
↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:48  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

>基本的に戦後秩序の否定
は?じゃあなぜ中曽根内閣で朝日が報道するまで何にも言ってないの?
中共が抗議しだしたのは1985年からで、戦後40年もたってからですよ。

青木某の言うのはそれだけででたらめだと分かります。靖国参拝が戦後秩序の破壊だというのならなぜ40年も何も言ってこなかったのか。あほらしい。
t |  2013.12.31(Tue) 13:32 |  URL |  【コメント編集】

別の所に追悼施設って・・・。
それこそ、戦後70年近くもたって、そんなもの、いまさら新たに作ったところで、真の意味で靖国に代わるものなど建てられるわけがない。
”中韓の抗議があったので仕方なくつくりました・・・”、とでもいうのか?
例え
靖国に手を合わせず、そのようなものに手を合わせていたら、英霊は浮かばれない。
それこそ、”戦争で命を落とされた方に手を合わせる”ことに”イコール”にならないだろうに。反日左翼か不見識な人間の自己満足。そもそも、そんな人間が総理大臣になっちゃいかんだろう。

私も小泉参拝のころは、対した考えもなく、そこらの”ジャーナリスト”と同じような感覚で同様の反感を覚えていたものだが・・・。その後の首相が靖国参拝をしなくなった間の外交状況をかんがみれば、中韓にとって靖国が単なる外交カードに使われているのは火を見るより明らか。
参拝についての世論調査などを見るに、私のように靖国について考え直している国民がずいぶん増えているように思うが、それでもこのような見解のみを垂れ流すテレビ番組を見ていると、言葉は悪いが、”こいつら正気かな?”と疑ってしまう。
TS |  2013.12.31(Tue) 22:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2057-d4025d46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |