FC2ブログ

2013.12.28 (Sat)


安倍首相の靖国参拝を支持する米大学教授

1
FC2バナー2

日本の反日メディアはアメリカ政府が安倍首相の靖国参拝への失望を表明した事を受けて全米が批判しているかのように報じているが、正当に評価している学識者も居ることを今日の産経新聞は報じている。

 中韓がなぜ日本の内政問題に首を突っ込むのか理解できないとし、安倍首相が本殿だけでなく世界のあらゆる国の戦没者が祀られている鎮霊社も参拝したことは「安倍首相が国民を、『民族主義』から(国民を重視する)『国民主義』へと導こうとするもの」としている。

民族主義と国民主義の原語がどうなっているか不明ではある。
EthnismとNatinalismになっているのだろうか?

 ただし、識者はアメリカ人ゆえアメリカ政府の「disappointed(失望)」と異例の表明をしたのは中韓の感情を害する事を心配しただけと擁護している。
ならば日本人の感情はどうしてくれるのかとも言いたくなる。

 中韓はなぜ日本の国内問題に頭を突っ込むのかと批判しているが、それは同盟国アメリカに対しても言えることだ。

とは言うものの、安倍首相の靖国神社参拝に理解を示してくれているのは有難いこしである。


産経新聞(2013/12/28)
⇒鎮霊社訪問「平和望む意思明白」米ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授に聞く

 安倍晋三首相の靖国神社参拝に対する評価を、6月に安倍首相とも会った日本研究者で、米ジョージタウン大学教授のケビン・ドーク氏に聞いた。(ワシントン 青木伸行)



 靖国参拝は日本国民と、民主的な選挙で国民から選ばれた安倍首相ら国会議員が自身で決める、日本のすこぶる国内問題だ。
 中国と韓国がなぜ、この日本の国内問題に首を突っ込むのか、いまだに理解できない。安倍首相の靖国参拝は、戦争を始める意思の合図でもなければ、旧日本軍を奉じるものでもない。首相は国内外で国家と国民のために命を落とした人々の霊を、慰めたいと欲しているのだ。中国と韓国の指導者は、同じように(自国民を)慰霊したいと望まないのだろうか。
 靖国神社には戊辰戦争の戦死者らが祭られている。このことは、米国のアーリントン国立墓地(バージニア州)に(南北戦争などの)戦没者が慰霊されていることと類似している
安倍首相の靖国参拝で最も印象的なのは本殿だけではなく鎮霊社も参拝したことだ。外国の人々には、鎮霊社を訪れた意味を理解してほしい。
 重要なのは、鎮霊社には世界のあらゆる国の戦没者が祭られているということだ。ここには第二次世界大戦で、旧日本軍と戦った米国人や中国人なども含まれている。安倍首相が鎮霊社を参拝したのは平和を望む意思があったからであることは明白である。
 鎮霊社参拝はまた、安倍首相が国民を、「民族主義」から(国民を重視する)「国民主義」へと導こうとするものでもある。
 日米関係に負の影響がないことを望む。米政府が「失望している」と表明したのは(中国、韓国が)感情を害する事態を、避けようとしただけだろう。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:00  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2052-542a4bcb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |