FC2ブログ

2013.12.27 (Fri)


NHKも巧みに安倍首相を牽制

L

NHK「ニュースウォッチ9」(2013/12/26)
安倍首相 靖国参拝


イメージ 1NHKニュースウオッチ9

NHKの巧みな安倍首相牽制はいつもながら感心する。

街の声や関係者の賛否の意見を並べて、一見公平のように見せているが、それとになく反対の声を多く取り上げているのが反日メディアの筆頭NHKの巧みな技である。

宮家邦彦
「この一年間、彼は信念をずっと持っていた。しかし、中国・韓国との関係もあって、おそらく色々な配慮をして来たと思う。しかし、この1年間で何が変わったのかと考えると、これ以上配慮してもあまり変化はないのではないかということも今回の判断の要素だったかもしれない」


宮家氏は一定の理解を示しているだけで賛成しているわけではない。

しかし、アリバイ作りをしたうえで、反対論をしっかりと聞かせるのはいつものNHKの手口である。

ナレーション
「一方、懸念する専門家も・・・」

上村秀樹(流通経済大学教授)
「安倍政権は新たに国家安全保障戦略を発表して、これから中国・韓国との関係改善という形で安全保障環境の改善を図ろうとしている矢先に、みずからの行動で自らの政策の出鼻をくじいてしまった。外交的な対外的な影響を考えると安倍政権が進めなければいけない外交課題をいろいろな形で遅らせてしまう。日本に対するアメリカの信頼を損なうことにもなりかねない」


安倍政権の国家安全保障戦略は、中国と韓国への迎合ではなくてむしろ実質的には対決を意図しているともいえる。

原 聖樹(NHK政治部 官邸キャップ)
「安倍総理大臣の周辺によると、今回の靖国神社参拝を本格的に検討し始めたのは今週に入ってからで、最終的な決断は今朝だということだ。安倍総理大臣は参拝に先だって、政府与党の幹部に直接みずから電話をして、理解を求めた。安倍総理大臣には中国や韓国との関係に配慮し、総理大臣が靖国神社に参拝できないという状況を打破したいという思いがあった。靖国神社参拝を期待する保守層との約束を果たしたいという思いもあったと思う」


今後の日中、日韓関係は・・・


「率直に言って立っていないと思う。中国や韓国が強く反発しているので、首脳会談が遠のくのは間違いない。政府内には中国や韓国との関係改善を望むアメリカとの関係にも影響を与えるのではないかと言う見方もあるだけでなく、中国や韓国に新たな外交カードを与えてしまったと懸念する意見もある」


「新しい外交カードを与えてしまった」というのは間違っている。
今日の安倍首相の靖国神社参拝で、もはや外交カードでは無くなってしまったのだ。

大越健介
「信念に基づく靖国神社参拝への参拝でした。ただ中国や韓国の猛反発に加えて、同盟国アメリカが出した『失望している』という談話は異例といっていい厳しいものでした。政治的・外交的なリスクを覚悟しての靖国参拝。波紋は尾を引きそうです」


安倍首相の指名した新しい経営委員会のメンバーがNHKを叩き直してくれることを切に願うものである。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:41  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/2040-0275c428

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |