FC2ブログ

2013.10.09 (Wed)


ヘイトスピーチ攻撃は反日勢力である

ヘイトスピーチでググると、反対派の本性が見えてくる。

Ponkoは在特会とは何の関係もないし、その活動の詳細を知らないが、在特会が1200万円の損害賠償を求められたと聞いて、そんな金を払えるのだろうかという心配が先に立った。
細々とした寄付金を活動資金としているという。
裁判官は国際人権団体が高い罰金を取れと言っているから、高い賠償金に設定したとヌケヌケと言っている。
何でもグローバルであればいいと思っている。
大間違いだ。

 ところが1200万では少なすぎる、1億200万にしろという声もある。

「京都地裁がヘイトスピーチに賠償を命ずる初の画期的判決を出した」(2013/10/8)(五十嵐 仁)
http://lite.blogos.com/article/71321/ 

「画期的判決です。これまで放置されてきたヘイトスピーチ(憎悪表現)に賠償を命ずる初めての判決を、京都地裁(橋詰均裁判長)が出しました」

と欣喜雀躍。

「画期的です。ただし、賠償額が請求の半分以下に減額されたのは納得できません。事柄の性格から言えば、10倍の1億2000万円くらい支払わせても当然だと思います」

と、はしゃぎ過ぎである。
これが大学のセンセーというからあきれる。
法政大学のセンセーらしいが・・・

「日本の政治を蝕み始めた軍国主義の妖怪」

とか

「安倍首相の改憲論を公然と批判し在韓米国高官の発言」

などというタイトルから、中味を読まなくても左巻きの学者だと分かる。

「片山さつき女史、安倍首相が消そうとしたヘイトスピーチ問題を再着火」(やまもといちろう)

そろそろ財務省と静岡県民には片山さつきの製造物責任を追及する声が上がりそうな気がするのですが…。
 安倍晋三さんが首相自らの口で国会にてヘイトスピーチは減らそうねと言っているそばから片山女史がバズーカ砲を撃ち込んでいるさまは、恐怖を通り越してホラーな感じです。大丈夫なのでしょうか。

片山さつきツイッター
「昨日飛行機で隣り合わせた台湾女性ビジネスマン「台湾と中国の人の最大の差は価値観。お金のため人殺しというのは台湾にはない。あとは中国韓国の国家的反日教育こそ、過去の呪縛で未来の世代を縛り続ける愚行」と。明快でした」(2013/5/8)

http://blogos.com/article/71378/

この片山さつき氏のツイッターのどこがヘイトスピーチなのか?

「もう放置できないヘイトスピーチ」(松野信夫)
http://blogos.com/article/61790/

有田芳生が同僚だという松野民主党議員は・・・

「人権委員会設置法案を策定し、閣議にかけて国会提出まで行ったが、残念ながら自民党の一部に強い反対勢力がいて審議もできなかった」

と悔しがっている。
ヘイトスピーチ攻撃の狙いは「人権擁護委員会」による日本解体である。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:20  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1962-a87689ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |