FC2ブログ

2013.08.13 (Tue)


反日NHKの季節がやって来た

今朝のNHK7時のニュースを見ていたら、「政府はオスプレイの訓練を出来るだけ沖縄県外で行うよう米国に働きかけている」とか「沖縄のオスプレイ拒否感がますます高まっている」と報じていた。

録画していなかったので、あやふやな記憶をたどって纏めれば・・・

 オスプレイにつづいて、何十年か前に米軍基地を受け入れたどこぞの島の島袋元村長が「正しい判断だったのか」と未だに後悔している談話とか、戦時中に襲来した米軍の航空機のプロペラ音を録音したレコードが見つかったとも報じていた。 

 当時の視覚障害者が敵機のプロペラ音から敵機の種類を聞き分けるために召集されたという。
「当時の視覚障碍者は自分達でもお国のために役立つのかと喜んだ」という盲目の老人のインタビューに痛く感動していたら、次の盲目老人は「あんなことをしても意味がなかった。聞き分けたところで、もう東京に侵入して来ていたのだから」という自嘲するインタビューにガッカリした。

 当時は全国民一丸となって大国の米国と戦おうという気持ちがあった。
本土決戦を覚悟した竹槍でもバケツリレーの消防活動でも今思えば狂気の沙汰、笑い話にしか聞こえないかも知れないが、そういう先輩の心意気を軽蔑するのは浅墓というものだ。

今生きている人間があの戦争は間違っていたというのは簡単だ。
しかし、いま中国の軍事的な威圧に対して、戦う気概のある国民が何人いるのやら。

 NHKは「戦争は障碍者まで巻き込んだ」と言っていたが、「当時は障碍者でも国のために役立ちたいと思った」という方が正しい。

 続いて、墨田区の江戸ナンタラ博物館で、当時の学生たちの日記が展示されていて、老人が「若い人に戦争の悲惨さを伝えたい」とか「戦争した事を反省する」とかインタビューで答えさせていた。

 当ブログでたびたび取り上げた様に、8月15近くなると、NHKが俄然元気になる。
平和、反戦、反省のオンパレードである。
「日本のこれから」などいう番組は、プロ市民を一般の市民の中に紛れ込ませて、反日的な意見を述べさせ、ディレクターの思う通りの反日番組づくりをしていた。

今年もそろそろその展開が始まっている。
受信料を払っている国民は(払っていない国民も)NHKの報道を逐一チェックして、反日的な言動があれば大いに抗議の声をあげなければならない。

【追記】

「2013年8月5日(月)~8月22日(木)のクローズアップ現代は、夏の特集編成のため、休止いたします。次回の放送は8月26日(月)の予定です」

だそうである。

どうせまた8月15日の終戦の日前後に反日偏向特番で国民をたぶらかそうと悪だくみをしている違いない。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:53  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★道志村村長選挙です。

道志村村長選挙です。
いつも、ブログを読ませてもらってます。
また、読みに来ます。
道志村村長選挙でした。
道志村村長選挙 |  2013.08.16(Fri) 13:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1935-3f5ea130

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |