FC2ブログ

2013.05.14 (Tue)


存在感示した高市早苗政調会長

安倍首相が相変わらず安全運転を続ける中、高市早苗政調会長が意気盛んである。
村山談話を否定し、「靖国神社参拝をやめたら終わり」と主張している。
安倍首相がそう言ったら物議を醸すことは必定であり、両者申し合わせた上での連携プレイではないかと勘繰ってしまう。
野田聖子総務会長との確執を取沙汰され、懸命に否定しているが、話題作りには役立っている。

 それにしても、稲田朋美行政改革・公務員改革担当大臣の影が薄い気がする。
国会答弁では頑張っているが、職掌柄マスコミに登場する事が少ないからだろう。
いずれ稲田大臣も経験を積んで日本初の女性首相として登場することを期待している。


産経ニュース(2013/05/12)
自民・高市政調会長、閣僚の靖国参拝「やめたら終わり」

 自民党の高市早苗政調会長は12日、NHKの番組で、麻生太郎副総理ら安倍晋三内閣の閣僚による靖国神社参拝に中国や韓国が反発を強めていることに対し「閣僚の参拝をここでやめたら終わりだ。国策に殉じて命をささげた方をいかに慰霊するかは内政の問題だ」と述べ、国外からの批判は筋違いだと訴えた。
 過去の植民地支配と侵略を認めた平成7年の「村山談話」の中に「国策を誤り」とのくだりがあることに触れ「当時、日本が資源封鎖されてもまったく抵抗せずに植民地となる道を選ぶのがベストだったのか」と指摘した。
 村山談話については、菅義偉官房長官が10日の記者会見で「(談話)全体を歴代内閣と同じように引き継ぐ」と述べ、安倍内閣も継承する方針を示している。

産経ニュース(同上)
「安倍政権、歴代と違う」東京裁判めぐり自民・高市氏

 自民党の高市早苗政調会長は12日のNHK番組で、安倍内閣の歴史認識は歴代内閣と異なるとの認識を示した。太平洋戦争をめぐり日本の指導者の責任を追及した極東国際軍事裁判(東京裁判)を歴代内閣同様、安倍内閣が受け入れているのかどうかを問われ「国家観、歴史観に関し安倍晋三首相は(歴代内閣と)違った点もある」と述べた。
 過去の戦争に関し「国策を誤り」とした村山富市首相談話について「当時、資源封鎖され、抵抗せずに日本が植民地となる道を選ぶのがベストだったのか」と指摘した。
 同時に「植民地支配を受けた国の民族の誇りを傷つけ、大変な苦難、被害を与えたのは確かだ」とも述べた。
 一方、同じ番組で公明党の石井啓一政調会長は「安倍内閣の歴史認識は歴代政権と変わらないと理解している。いまは誤解されている節もあるので、明確に丁寧に海外諸国に説明する必要がある」と注文を付けた。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:53  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1919-5b88101c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |