FC2ブログ

2012.09.13 (Thu)


それ見たことか、尖閣の次は沖縄

中国は尖閣諸島はもとより、沖縄も取りに来るといつかこのブログで書いたら、荒唐無稽だと叱られたことがある。

 しかし、今日の石平氏の「チャイナウオッチ」によれば、その危惧はいよいよ現実のものとなりつつある。
石氏によれば、解放軍の現役少将と大学院の教授が時を同じくして「沖縄は中国領」という説を唱えた背後には中国共産党の影が見え隠れするという。
そして「沖縄の中国属地化」からやがて「日本の属国化」が始まると言う。

 「尖閣諸島には人が住んでいないから、中国は攻めてこない」と失言した自民党総裁候補が居たが、沖縄には人が住んでいる。
しかも、その人たちのなかに本土から紛れ込んだ左翼活動家や、それに呼応する地元の左翼が沢山居て、オスプレイ配備反対、米軍基地反対を叫んでいる。
それを朝日新聞を始めとする売国メディアが大きく取り上げて、日本人の洗脳作業に余念がない。
オスプレイの配備延期や中止で喜ぶのは中国である。

本当の沖縄の声無き声は、このような左翼活動家やプロ市民活動家とは違うという事も聞く。
 しかし、やはり、沖縄県民は日本人としての帰属意識が希薄ではないかと思ってしまう自分が居る。
これもある意味、マスメディアのブレインコントロールに嵌ってしまっているのかもしれない。

 中国は、実力を行使する前に、志方俊之氏のいうような「三戦(法律戦、世論戦、心理戦)」で攻めてくるだろう。
日本の尖閣国有化に対抗して、市民の過激な反日デモを見逃し、テレビで尖閣諸島近辺の天気予報を始めて「世論戦」が始まった。宇宙衛星から尖閣諸島の動きをチェックするという「心理戦」に続いて、今後の日本政府の出方次第では、前回のレアアース輸出禁止に相当する報復措置を取るかも知れない。

 民主党政権ではこの冷酷無比な中国にとても対抗出来ないうえに、日本は今、代表選、総裁選と政治の空白期にある。
安倍政権を一刻も早く樹立して中国に対抗しないと間に合わないかもしれない。


産経ニュース(2012/09/13)
尖閣諸島だけではない! 中国の「沖縄工作」の狙い
【石平のChina Watch】

「尖閣問題」で日中関係がぎくしゃくしている中、中国の一部の軍人や学者が突如、「沖縄は実は中国領だ」という奇妙なことを言い出した。
 たとえば解放軍の現役少将で国防大学戦略研究所の金一南所長は7月13日、中国広播網という官製メディアの取材記事において、歴史の経緯や戦略的重要性などの角度から「琉球の所属問題」について延々と論じた。その中で彼は、「琉球はもともと中国の属地。それが日本によって強奪された」と論じた上で、「われわれは今後(対日交渉において)、尖閣の領有権問題にとどまらず、琉球群島全体の帰属問題を持ち出すべきだ」と語った。
 金少将はさらに、「(中国の)学界や研究機関は今後、琉球の帰属問題について大いに議論すべきだ」とも提言した。
 この提言に応じたかのように、今度は『社会観察』という政論誌の8月号が、復旦大学日本研究センター副主任の胡令遠教授と中国対外経済貿易大学国際関係学院の王海浜副教授連名の「琉球問題論文」を掲載した。論文は直ちに人民日報系の環球時報が運営する「環球網」に転載され国内で大きな反響を呼んだ。
 論文はまず、前述の金少将と歩調を合わせて、いわば「歴史の経緯」から「琉球が中国領、日本がそれを不法占領」との珍説を展開した上で、「政府・学界・メディアは緊密に連携し、琉球群島の主権帰属問題に関する研究と宣伝を展開していくべきだ」と提言した。その「宣伝工作」の一環として、「国際社会に中国の主張を伝えること」の重要性を論じた。
そして最後に論文は締めくくりの部分で「琉球人民の本土意識や帰属感を深く研究し、琉球人民に十分な民族自決権を行使させるべきだ」とも語った。
 以上は、最近になって中国国内で飛び出した「琉球帰属論」の2つの事例だが、日中国交回復以来40年間、中国国内から「琉球が中国領だ」というデタラメな暴論が展開されたのは初めてのことである。
 しかも、本来なら関係性の薄い解放軍の現役軍人と大学の教授がほぼ同じ時期に同じ主張を展開し始めたことの背後には、中国共産党政権の影が感じられる。解放軍将校と大学の教授の両方に影響力を行使し彼らに同じことを言わせることができるのは、当の共産党政権以外にはないはずだ。
 そして政権の意向を受けた彼らは、「琉球が中国領」という論を単なる論として唱えるのではなく、「政府・学>界・メディア」の「連携」による「沖縄工作」の展開を具体的に提案した。
 その中で、「琉球人民に十分な民族自決権を行使させよう」という、赤裸々な「沖縄県民離反工作」までが公然と語られているのである。
 つまり中国が欲しがっているのは、決して尖閣諸島だけではないことは明々白々だ。彼らはすでに、日本の沖縄に対する野望をむき出しにしている。おそらく中国からすれば、沖縄を名実ともに「中国の属地」にしてしまえば、中国の海洋制覇戦略の最大の妨げとなっている米軍基地をかの地から追い出すこともできるし、日本本土を完全に中国の軍事力の脅威下に置くこともできよう。そうすると、「琉球の中国属地化」の次にやってくるのは、すなわち「日本の中国属国化」なのである。 われわれはまさにこのような意味合いにおいて中国の考える「沖縄工作」の真意と狙いを理解しておかなければならない。このような国家存亡の危機にどう対処するのかが、まさにわれわれにとっての重要課題となるのである。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:06  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1870-dba4e538

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |