FC2ブログ

2012.08.21 (Tue)


「国の借金」新常識


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


国の借金新常識国の借金縮小版
国の借金 新常識

韓国と中国の日本に対する無礼な行動に思わず熱くなったが、この辺で少し一休みして「国の借金」の話。
去年あたりからあの電波芸者のみのもんたがTBS「朝ズバッ!」で毎日のように国の財政を家計に例えて・・・

「あなたの給料が30万円として、毎月100万円の借金をしたらどうになると思う?」

などとB層視聴者を脅かしていたのを思い出す。
最近はそれも飽きたと見えて・・・

「あなたは年金をこれしか貰えない」

とか

「消費税増税であなたの暮らしはこうなる」

と新しいネタで脅かしている。
しかし、消費税増税より公共投資による景気回復策が先だと思う。

このように財務省とその代弁者に騙されつつあるB層向けの新しい啓発本が出版された。
「国の借金はあなたの貯金」「国の貯金はあなたの借金」というマクロ経済を分かりやすく書いた本である。
腰帯には「Question 人、モノ、金のうち、人間が生きていく上でなくても良いものはどれでしょう?」とあり、本書にその答えがあるという。

「『国の借金』はあなたを幸せするための"手段"です!」

というから驚く。
菅前総理が国際会議から帰国して、成田空港から閣僚に「大変だ、日本はギリシャの二の舞になる!」と慌てて電話したというのは有名な話だが、あれは一体何だったのだろう?

本書の特色はそれぞれのテーマに「プレゼン」と称するデータ豊富な図解でまとめているところである。
目次をご覧になってもお分かりのように、借金怖いの財務省にだまされている国民にとってはまさしく「目から鱗」のマクロ経済解説書である。


「『国の借金』新常識 廣宮孝信 技術評論社 2012年8月 1554円)
【目次】
はじめに この新常識々があなたと日本を元気にします!

第1章「破綻国家」は飛躍する

日本は世界史に残る偉業を達成した「破綻国家」
借金が1年で"700兆円も増えた破綻国家・アルゼンチンの奇跡
破綻前後1年で"300兆円"も借金が増えたアイスランドの意外な真実
「破綻」9カ国が、日本やアメリカよりも成長していた
「二度も破綻した」ロシアの首都が大富豪の数世界一の都市に
破綻は「絶好の投資チャンス」になることも
「万事塞翁が馬」なのは人も国も同じ

第2章 あなたを苦しめ続ける「国の借金が大変だ」という終末信仰

大恐慌前のアメリカは10年以上連続で黒字だった
「財政黒字」は不幸の始まり?
予算"15兆円"から"380兆円"にしてようやく雇用が回復したアメリカ
「税収より借金が多い」状態は異常事態?
政府の支出を減らすことは、あなたの給料を減らすこと
「人口が減っているから日本はデフレ」は間違い
デフレは「少子高齢化」よりも「政府支出」と密接な関係が
「国の借金の呪縛」
最大の犠牲者は若者たち
「悪しき常識」を根っこから断ち切ろう!

第3章「お金の本質」を知れば少しも恐くない「国の借金98兆円」

100年後、国の借金が5万6千京円になっても不思議じゃない
「国の借金」がゼロになったことは明治維新後、一度もない
お金の本質・・・お金には限度がないが、モノには限度がある
「食は天下の本なり」-日本史が教えてくれる経済の原点

第4章 バフェットを世界第2位の大金持ちにした「お金の根本原理」

あなたが1万円を使えば、あなた以外の貯金が1万円増える
誰かが借金を増やさなければ、あなたの貯金は増えない
世界全体のお金のやりとりはプラスマイナスしてゼロになる
政府の借金は民間の貯蓄へ、政府の赤字は民間の黒字へ
この10年間で「民間の借金」が460兆円も減ってしまった
株や不動産が暴落したからといってお金は減らない
株や土地の「時価総額」と「お金の量」が無関係な理由

第5章 日本の「財政余裕度」は世界一!

「ギリシャは明日の日本」のフィクション
日本とギリシャを隔てる二つの大きな違い

国連報告書の「5つの指標」から見た日本の"余裕度"
もっとも重要な”財政余裕面”の指標はどれか?
ユーロ債務危機を解消するための糸口は?
日本のインフレ率は世界最低!
【財政余裕度】補足①国全体の貯金=対外純資産は、日本が世界最大
【財政余裕度】補足②よく持ち出されるあの数字は役に立たない
「家計貯蓄率」も財政余裕度とは関係なし
「1100兆円が国の借金の限界」は真っ赤なウソ
預金封鎖はインフレ対策。モノ余りの日本ではあり得ない
年金が日本をパンクさせることはない

第6章 いま、日本と世界経済に施すべき「経済セラピー」

お金の効果的な使い方
資本主義と社会主義のいいとこ取り
1000年後も繁栄を続けるための政策論
格差拡大は社会にとっての脅威に他ならない
新自由主義政策は舵取りを誤ると、貧困を広げてしまう
「財政再建」を目的にした消費増税はX
疑惑のグロバリゼーション、魅力のローカリゼーション
信長の改革は「単なる自由化」ではなく「秩序の最適化」
「袋入り砂糖」でわかる超簡単マクロ経済論-まとめに代えて
おわりに
私が読者の皆さんと共有したい夢


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

00:08  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1861-b06172c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |