FC2ブログ

2012.06.22 (Fri)


増税よりデフレ脱却を

そのためには解散総選挙で政権交代を

自民党も三党合意で増税に賛成したから国民の思いとは違う。
民主も自民も同じ穴のムジナだ。
民主党もダメでが自民党もダメだ。
次の総選挙では民主党にも自民党にも投票しない。

・・・という意見があるが間違っている。
それは民主党政権を実現させた反日マスコミの与論誘導であり騙されてはならない。

確かに自民党にも問題は多い。
しかし、中には正しい方向性を持っている議員も居る。
そのひとりが西田昌司議員である。

西田昌司議員(自民党)の「デフレを脱却するには政権を奪回する以外にない」のビデオレターを要約すると・・・

「社会保障費は毎年1兆円ずつ増えて行く。
小泉内閣で社会保障費を減らそうとしたが、出来なかった。
弊害が出て来た。
麻生政権でリーマンショックからの景気回復を努力していたが、政権交代で民主党が逆の方向にハンドルを切ってしまった。
民主党のいう月7万円の生活保障費を実施するには消費税を30%にしても足りない。
今回、民主党はそのような仕組みをあきらめて合意した。
来年の9月の景気の状態を見て半年後に消費税を上げるかどうか判断する事になっている。
しかし、景気回復は難しいので、実際にはもう一年伸ばして行くことになるだろう。
国債の札割れでギリシャのようになるというのはマチガイである。
先月、日銀が6000億円の国債買いオペを行ったが、4500億円しか応札がなく札割れした。
銀行が国債を売らなかった。
民間の資金需要がないためと、ギリシャ危機を見て安全な国債を持っていたいためである。
札割れと言うが、実際には国債の信用性が高いという事を市場が証明している。
だから毎年20兆円ぐらい建設国債を出せば間違いなく市場は買う。
この事実をマスコミは正しく報道していない。
財務省も増税するためにわざと正しい情報を出さないとさえ思える。
財務省の使命感は大変なものだが、間違った方向(増税)で血道をあげている。
思い切った景気対策でまずデフレを脱却して、それからしかるべき時期に消費税を上げるべきだ。
国会で質問してもマスコミは伝えてくれないので現在の状況が伝わらない。
何よりも一日も早く民主党から政権を取り戻してこの国を間違いない方向に進めて行きたい」


増税よりも政府の大幅な公共投資で景気を回復するのが先というのは三橋貴明氏と同じ考えである。
その方向は正しいと思う。
民主党にはその考えが無く、財源も無いのにまだバラマキ政策をしようしている。
やはり一日も早く解散総選挙で政権交代を実現しなければならない。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:42  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1822-97a487d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |