FC2ブログ

2007.12.15 (Sat)


「反日マスコミの真実」を読む

反日マスコミの真実2
(西村幸祐責任編集  オークラ出版 2007年12月 1200円)

待望の「反日マスコミの真実2」が出版された。
冒頭のカラーグラビアは「アサヒる、メディア」と題して沖縄の11万6000人結集の報道写真からブロックごとに丹念に人数を数え上げた結果と、安倍打倒・福田擁立の週刊朝日の「醜くアサヒる。五段活用!」を紹介している。

特別座談会「メディアの終焉と、その先にあるもの」では、既存メディアのネットの対立構造に触れているが、最近はネットにサヨク活動家が書き出したと指摘している。

西部邁
「ネットのことはよく知らないけど、テレビのような人間の、クズとまでは言わないが、言葉のヤクザたちが集まってる場所で、世論とかいうものが動いていくわけです。そしたら、最高責任者(安倍晋三氏)は心ならずも妥協していかざるを得ないんですよ」

富岡幸一郎
「逆に言うと、安倍さんが出て、民意および朝日的戦後レジームが蔓延していることが明らかになった」

西村幸祐
「それを逆証明したということでしょう」

(中略)

西部
「冗談でも、この列島にこそ我々が原爆をもう一度落として、びっくりさせないと、こいつら(福田、小沢、福島)深い深い社民的昏睡状態に陥ってて、これを覚醒させるためには、僕にはできないけど、途方も無い何かがバーンとこの列島に落ちなきゃ駄目だね」


特集1の「報道テロに潰された安倍政権」は花岡信昭、水間政憲、花田紀凱、若杉大の各氏が朝日、読売などの安倍政権潰しの経緯を明らかにしている。高山正之氏は朝日新聞が安倍潰しを画策したのは安倍政権誕生前からであり、朝日は戦後レジームを堅持したかったからだという(「ワイドショー世論と朝日」)。

偽装帰化の時代
(「外国人参政権まったなし!」村田春樹)

「参政権が欲しければ帰化しろ」というのは間違いだそうだ。
自分もそう思っていたが、在日が帰化する時に日本姓にしなくても出来るようにしたために、偽装帰化が多いと言う。
民主党の白真勲氏はテレビにもよく露出しているが、「民団の団員として大韓民国の国是と憲法を遵守しつつ日本の国会議員になっている」という。

真実を報道しない(隠蔽する)ことも含めたマスメディアの偏向報道に一人でも多くの人が目覚めて欲しいものだ。
当ブログを訪問される方の大部分は既にご存知の内容が多いかもしれないが、一読に値する書だ。


ランキング参加中です。よろしければクリックを!
   ↓***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:10  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/181-7cf70b39

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |