FC2ブログ

2012.04.10 (Tue)


野田戦略に乗せられた産経新聞

党首会談拒否の自民を批判


野田首相が自民党に党首会談を申し入れたが、谷垣総裁は一蹴した。
民主党の内部すら意見統一されていないのに、自民党に党首会談を申し入れる野田首相が間違っている。

しかし、野田首相は断られることを承知の上で党首会談を持ちかけたのだ。
なぜか。
それは協議に応じない自民党というイメージを世論にしたかったからである。
すでにマスコミはこの論調で与論を誘導してきた。
そして今度また産経新聞がまんまとそれに乗せられた。

今日の社説で「自民党は責任野党の努力が足りないけと自民党を批判している。
マスコミは東日本大震災以来、自民党どどれほど政権与党に協力して来たか、民主党がどれほど自民党案を丸呑みして来たか、正確に報道しようとしない。
挙句の果ては、「自民党は与党に協力しない」である。

その上、「TPPへの交渉参加は自由貿易の恩恵を考えれば当然」なのに反対したと否定的だ。
なんとも単純な脊髄反応だ。
「自由貿易の恩恵」が怪しいから反対しているのである。

全ての問題は民主党が政権を取った事に始まる。
たがから全てを御破算にして最初からやり直すことだ。
いまだにマニフェスト詐欺を謝罪しない民主党に総選挙で鉄槌を下す事だ。

デフレを悪化させる増税には反対だが、同じ10%増税だとしても民主がやるなら反対で、自民がやるならに賛成というのは決して矛盾していない。
民主と自民では単なるバラマキか自主自立が先行かの違いがある。

「『大阪維新の会』の動向が注目される中で、大政党はさらに信頼を失いかねない」

と安易に既成政党を批判し「国民の政治不信」を煽り、第三極に目を向かせようとすることは「社会の木鐸」を自認するならど、恥ずべきことである。


産経新聞(2012/04/10)
【主張】自民党 責任野党の努力足りない

 自民党は9日発表した次期衆院選マニフェスト(政権公約)の原案に「消費税(当面10%)を含む税制抜本改革と行財政改革の一層の推進」を盛り込んだ。
 一昨年の参院選に続き「消費税10%」を掲げたのは当然だが、問題は社会保障と税の一体改革を実現し、国民に安心感を与えるメッセージとして、十分なものと言えるかどうかである。
 原案を発表した全国政調会長会議では、地方代表から「消費税の指針を早く示すべきだ」とさっそく注文がついた。党内には「対案を出して成立させるべきだ」と、積極的に法案の修正協議に応じるよう求める意見も出ている。
 国民が期待するのも、より詳細な消費税増税の内容や社会保障改革の全体像を提示することだ。野党でも重要政策実現に責任を負う「責任野党」の姿を谷垣禎一総裁はみせなくてはならない
 それだけに残念なのは、野田佳彦首相が消費税増税関連法案の審議入りに向けて申し入れてきた10日の党首会談について、谷垣氏が公明党の山口那津男代表とともに拒否したことだ。
 消費税増税は、社会保障の安定財源を確保する上で避けられない。通常国会でどう決着をつけるのか、党首間で話し合う意義は大きい。結論を出せなければ「決められない政治」を脱却できない二大政党のぶざまさを露呈する。
 地域政党「大阪維新の会」の動向が注目される中で、大政党はさらに信頼を失いかねない。
 マニフェスト原案では生活保護給付水準の10%引き下げを打ち出した。社会保障分野での「自助」を強調して「ばらまき」中心の民主党と差別化を図ろうとした点は分かりやすい。
 だが、喫緊の課題である原発再稼働容認は明確に打ち出さなかった。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加は自由貿易の恩恵を考えれば当然なのに、「聖域なき関税撤廃が前提なら反対」と拒否カラーを強めた。 党内の意見対立を放置して重要政策を推進できないなら、民主党をどうして批判できるのか。
 会談を呼びかけた野田首相も法案修正をどう考えるかや、年金改革の柱とした非現実的な「最低保障年金」を撤回するのかどうかを明確にしていない。
 トップ同士で何を決めるのか環境整備も進めておくべきだ。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

11:10  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1779-8f0cd91a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |