FC2ブログ

2012.01.13 (Fri)


お笑いの内閣改造

政局以前の党内不一致

野田総理が内閣改造をした。一時的には支持率が上がるだろうが、どうせ一時のカンフル剤、またすぐ下がる。
「適材適所」と豪語した野田総理、今回は「最善・最強の布陣」だそうだ。
よくまあこんな白々しい事をヌケヌケと言えるものだ。

増税反対の小沢一派は、即座に新内閣反対の狼煙を上げている。
与野党の駆け引きをマスコミは「政局」という言葉でネガティブに表現するが、政局以前の民主党内のゴタゴタは何とかならないものか。

今日のワイドショーでは岡田副総理を滅茶苦茶持ち上げている政治評論家が居て驚いた。

フジテレビ「知りたがり」(2012/1/13)
岡田氏、副総理就任へ
"慎重"から一転"受諾のワケ


有馬晴海が、マスコミは岡田氏の本当の姿を正しく伝えていない、国民は知って欲しいと力説していた。
自分のことより国家を案じて身を投じていると大絶賛。
前半はビデオ撮りしていなかったから不正確ではあるが、何か「かぶく」という言葉を使っていた。
歌舞伎の「かぶく」で、原理主義者を讃える褒め言葉のつもりらしい。
次世代の首相候補を育てる気持ちになったのではとレポーター。

別の番組でも、岡田氏が副総理を受ければ野田内閣の次に自分は総理になれないのにと誰か言っていたが、民主党政権が今後も続くとでも本気で思っているのかと笑えた。
政権交代に一役買った反日マスコミはどうしてでも民主党政権を存続させたいらしい。

有馬晴海
「場合によっては、行政改革、公務員の給与の削減、国会議員の定数削減をやって、国民のみなさん消費税を上げさせて下さいと言ったら、もしかしたら小泉さんの郵政改革の時のようになるんじゃないか。そうすれば民主党も安定し、国民からの目も受けるし、若手を育てる期間、野田さんの後に岡田さんがやって行くこともありうる」


首相の盥回しはごめんだと言っていたのはマスコミではなかったか。

有馬
「自民とか民主とかではなくて、国民のみなさんのために消費税を上げ、行政改革するのは岡田さんならやれる


議会制民主主義もへったくれもありゃしない。岡田スーパーマンの盲信である。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(同上)

後藤謙次(ジャーナリスト)
「やらせられ改造だという感じがする。城島国対委員長が鍵だ」


二大臣の更迭をやらせられたということか。

田畑 正(テレ朝コメンテーター)
「『禍転じて福となす』で、重量級の岡田さんを取り込んで安定装置にした。野田・岡田・輿石・城島の四人で党内の融和よりも野党との融和で消費税増税の背水の陣だ」


党内がまとまらなくてどうして野党と話し合えるのか誰も言わない。

蓮舫、一川、山岡の三大臣の「引かれ者の小唄」も笑えた。

蓮舫
「不明瞭な支出がないようなガバナンスのあり方を徹底して頂きたいと次の方には引き継ぎをしたいと思っております」


何のことやらわからぬ。

「適材適所」ではなかったと同様に、「最善・最強の布陣」でもなかったと証明される日はそう遠くない。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:56  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1747-01d129c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |