FC2ブログ

2011.12.29 (Thu)


沖縄のアセスメント騒動、各社の社説は?

プロ市民の不法行為を批判したのは産経だけ

今年中に辺野古評価書(アセスメント)を沖縄に提示する事は日米の約束であった。
政府はその約束を守るために、アセスメントを郵送しようとして沖縄の反日サヨクに阻止された。
仕方なく、28日未明に反対派の虚を突いてその一部を搬入した。
中井真沖縄県知事は受け取ると言ったのだから、責任をもって反対派の不法な行動を阻止すべきであった。
この不法な行動を不法だとして批判したのは産経新聞のみ。
地の全国紙は左翼の市民運動を見て見ぬ振りをしている。

与野党の沖縄7議員の緊急声明
「未明の強行搬入という強引な手法は姑息かつ卑劣だ。強い怒りをもって抗議する」


そんな事言ったって、昼間は左翼がバリケードで入れさせないのだから仕方あるまい。自業自得の民主党には同情しないが。

朝日新聞社説(2011/12/28)
辺野古アセス―またまた見切り発車だ

「日米両政府は、いまこそ立ち止まるべきだ」


沖縄から米軍を追い出したい朝日新聞。

毎日新聞(同上)
未明の評価書搬入 愚かなアリバイ作りだ

「反対派住民の抗議行動による混乱を避けたい、というのが政府の言い分である。仲井真弘多知事は評価書提出は行政手続きであるとして認める意向を表明していた。しかし、そのやり方はとても正常とは言い難く、拙劣に過ぎる。普天間問題の解決を目指す政府の誠実さ、真剣さを問う声が上がるのは当然だろう。


拙劣なやり方を取らなければならなかった事情は無視。

読売新聞
「普天間」評価書 基地や振興で包括的な合意を

「本来、淡々と実施されるべき行政手続きが、政治問題化して、混乱を招いたのは残念だ」

「辺野古移設と海兵隊移転を同時並行で進めるか、どちらも断念するか、の二者択一しかない。どちらの選択が良いのか、政府と沖縄県は冷静に話し合ってほしい」


まるで他人事の読売新聞

産経新聞(同上)
辺野古評価書 宅配では誠意が伝わらぬ

「そのやり方はとても正常とは言い難く、拙劣に過ぎる。普天間問題の解決を目指す政府の誠実さ、真剣さを問う声が上がるのは当然だろう」

「評価書提出は環境影響評価法に基づく行政手続きだ。仲井真弘多県知事も法に従って受理する意思を表明していた。にもかかわらず、一部反対派の違法といえる阻止行動は法治国家として許されない。政府と県は決然と手続きを進めるべきだ」

違法な阻止活動に流されていては、法治国家の面目を世界に失うばかりではない。普天間が現状のままで固定化される危険にも思いをめぐらす必要がある」

不法なプロ市民とともに野田政権を批判。
あの不毛な成田闘争をくりかえすのか。

朝日、毎日、読売、産経の順で左翼色が強いのは御存じのとおりである。

共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:01  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★self-will

昔、「コーラは○○○、ボクシングはヤマトダマシィ」という宣伝文句があった。
闘争には、大和魂が有効であるということであろうか。大和魂とは、負けじ魂のことなのか。大和魂を発揮して頑張れば、その結果は沖縄戦のようになるというものであろうか。

悪くないものを悪いと言わせようとする恣意がある。これも、腹芸か、大和魂か。
その恣意が政治問題を何十年も膠着させている。
普天間基地の環境がどうしても我が国民に許しがたいものであるならば、政府は福島の第一原発のように「長期帰還困難区域」に指定すればよい。
この国の政治には、恣意の人でなく、意思の人が必要である。
さすれば、腹案ではなく、成案をもって問題は決着できる。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする (ちゃぶ台をひっくり返す)力は持っている。
だから無能力の我々は、常に耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲しなくてはならない。
和をもって尊しとなす。過ちは、繰り返しませぬから。
これは単なる感傷ではなく、我々自らの叡智をもって裏付ける行動に出なくてはならない。

日本人には意思 (will) がない。
意思は未来時制 (future tense) の内容である。
日本語には時制がない。
日本人には意思がない。

英米人の子供には意思がない。
この点で日本人のようなものである。
思春期を迎え、言語能力が発達すると、意思を表すことができるようになる。
英米流の高等教育 (大人の教育) が可能になる。これは、さらなる英語の教育である。
日本語脳の持ち主には、大人の教育の意味は理解できない。
日本人は英米流の大学教育を高く評価もしないし、効果も上がらない。

子どもには意思がない。
だから、子供には保護者 (chaperon) がついてきて、それを代行する。
日本政府にも、意思決定が難しい。
だから、アメリカ政府が意思決定を助けてくれる。
日本人の誰もが指摘する通り、我が国の政府は、アメリカ政府のポチである。
日本人は、自力でこの道を脱却できるか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
noga |  2011.12.30(Fri) 15:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1740-fc517f34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |