FC2ブログ

2011.12.27 (Tue)


橋下氏、地域主権への疑問

フジテレビ「新報道2001」(12/25)の録画を部分的に早送りで見た。

須田哲夫(司会)
「生活保護者は大阪が全国一ですが、これにどのように対処していく積りですか?」

橋下大阪市長
「抜本的な対策としては、経済を良くするとしか言い様がありません。大阪だけの力では、今の経済の仕組みでは経済対策を打てませんから、無責任な言い方ですが、国に頑張ってもらうとしか言い様がないです。ただし、国全体で経済を動かしていくのは僕はもう無理だと思っています。世界を見ても、国家競争ではなくて都市間競争なんですね。だから、大都市に自律的に経営させて、都市と都市を競わせながら、そこに経済のパイを増やしていくというのが世界の国家戦略の潮流なんですよ。残念なことに、今の我が国日本は明治時代の中央集権システムの下で永田町と霞ヶ関が国全体を引っ張って行く事に未だに捕われているんです。これはもう世界の潮流に合わせて大都市同士を競わせるも大都市を自立させて都市間競争を培っていくという国家運営の戦略を立てないといけないと思っています」

前原誠司政調会長
「方向性はまったきく同じですね。地域に任せて、地域が競争する中で日本を活性化するメカニズムを作っていくということは、地域主権、たとえば広域連合とか道州制が核になって行くということは方向性が同じだということです」

世界の潮流は「国家間競争ではなくて都市間競争」だなんて知らなんだ。

「都市と都市を競わせながら、そこに経済のパイを増やしていく」

果たして都市と都市が競争すれば経済のパイが増えるのだろうか? 
世界の潮流だというが、そんな事例がどこかの国であるのか?

地域主権には良い点もあるかも知れない。
しかし、例えば国民教育はどうするのだろうか。
極端に言えば、国家観のかわりにそれぞれ違った都市観が生まれるのだろうか。

橋本氏は司会者の質問に答えていないが、全国一の生活保護者数を六か月で減らすことに期待している。
緊迫した日本の財政に少しでも役に立つことだろう。

橋本氏は松下政経塾に倣って、橋下政経塾を立ち上げると言う。
いよいよ国政に打って出る下準備を始めた橋下氏に注目である。

ただ、反日マスコミが愚民を動かして政権交代させた失敗を覆い隠すために、橋下氏と大阪維新の会の動向に焦点を当てて愚民の目を逸らせ、また民主党政権を生んだ過ちを繰り返さないことを祈るばかりである。

(追記)調べてみたら橋本氏の「都市間競争は世界の潮流」はブレーンである大前研一氏の受け売りでした)


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:15  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1738-b036ef17

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |