FC2ブログ

2011.12.24 (Sat)


八ッ場ダムは自民党が悪いと福山哲郎

ジミンガーは聞き飽きた

民主党員の顔はみんな嫌いだが、なかでも福山哲郎議員の顔は嫌いである。
人のことを顔で判断してはいけないがと思うが、この人の顔は見るのもイヤである。
顔の美醜ではなくて顔の持つ品格である。
顔も嫌いだが、その口が喋る中味も嫌いである。

TBS「サタズバ」(2011/12/24)
"橋下改革"始まる 一方 国のムダ削減は?


みのもんた
「八ッ場ダムはどうなんですか?」

福山哲郎
「昨日、一応ああいう事で、話し合いをしたようなので、政府の方針に党側は委ねるという方向だと私は見ています」

みの
「前原さんは、今朝の新聞見たら『まあやろうか』と言って(笑)どうなんですか?」

福山
「『やろうか』というよりは、もともと、八ッ場ダムについては問題があって、これはですねえ、民主党の問題もありますが、公共事業というのは、やり出したら止められない止まらないなんですね。で、このことがずっと問題になっていて、60年かかって作るダムというのは一体どうなのかというのが事の発端で、確かに民主党の政策決定について国民の皆さんが不安に思っている事はあるかもしれませんが、もともとは公共事業は常に作り続けるんだ、必要・必要でないにかかわらずと。この体制が実は問題だと私は思ってたおりますけど。(中略)今迄60年かかってやった来た事はどういう事なのだろうかと」


政権を担ってもう二年半経つのに、いまだに「ジミンガー」「ジミンガー」と言っている。
その自民が嫌で国民は民主を選んだのだろう。
ところが今や、この二年半で自民以上に民主はヒドイというのが定説なってしまった。
自民党の平沢勝栄議員は一都四県が決めた八ッ場ダム建設を覆すなら、説明があってもいいはずだと食い下がっていたが、この男の悪いところは、「自民も悪いかもしれないが」という前置きをすることである。
河野太郎議員もそうである。

福山議員は岩見隆夫氏に「そう言うからには八ッ場ダム工事継続に反対なのか」とたびたび尋ねられて、最初は言を左右して答えなかったが、最後にようやく認めた。ずるい男である。

福山
「年金も二分の一の負担は自民党政権下で財源を探すと言ってたのを、探さないまま埋蔵金で埋めた。我々の時も埋蔵金で埋めた。結果として、それは公共財源ではないから、これを維持するためには負担をお願いしなければならない

みの
自民党の残したツケが大分ある


財源は問題ないと言っていたのは民主党だろう。
小沢一郎氏などは「政権さえ取れば金はなんとでもなる」とまで言っていた。
「埋蔵金」というと聞こえはいいが、実のところは来年度の緊急の支出に対応するための準備金である。
こんな事をしていたら蛸が自分の足を食べているようなものだ。

「負担をお願いする」と言ったって、民主党はマニフェストで増税しないとあれほど言っていたではないか。
それを今になって「不退転の覚悟で」増税されてはたまったものではない。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:20  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1732-21e16d6b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |