FC2ブログ

2011.09.16 (Fri)


責任は「認める」が「取らない」野田総理

今日もおかしいことだらけ

昨日の国会で辞任した鉢呂吉雄前経産相の任命責任を認めた野田総理。

「任命した責任はもとより総理たる私にあり、失われた信頼を取り戻すためにも内閣が一丸となって・・・」

と責任は認めたが「責任は取らない」という。
この論法は菅前首相とまったく同じである。
国のトップがこんな事では子供の教育にも良くない。
僅か4日間の会期で逃げようとした民主党は結局今月末までの会期延長に同意した。

そもそも、「内閣が完全でないから」(予算審議で答弁できないから)という理由で、会期の短縮を図った政党など前代未聞である。
このことに対してマスコミは形の上で批判してはいるもののまったく厳しさに欠けて甘い。
自民党政権時代に、予算委員会で何十回も審議した挙句、採決しようとしたら野党の民主党が審議延長を叫んで採決を妨害する暴挙に出てもマスコミは野党の味方をしていたことを忘れはしない。

NHKがニュースの時間で今夜SMAPが中国で初の公演をするとかなりの時間をかけて紹介していた。
民放も同様である。
来年は日中友好40周年とかで、去年は尖閣諸島沖の中国漁船妨害事件で中国に反日運動が高まって開催が中止したが、今年は開催できると手放しで喜んでいたのには違和感を覚えた。
結局のところ中国のペースで、SMAPは中国に取り込まれただけではないか。
中共政府の政権交代を控えてSMAPは利用されただけである。
向こうの都合で開催を中止し、向こうの都合で開催する。
それをSMAPは中国語で歌うとか、「SMAPの年表を作るとしたら、北京公演は間違いなく太文字になる」とかはしゃいでいるのは哀れである。

蓮舫大臣の「事業仕分け」で凍結した朝霞の公務員宿舎の建設が総工費105億円の予定で再開した。
それを決めたのは財務大臣時代の野田氏である。
張本人の蓮舫氏は「全体で15%削減できればいい」と強弁し、野田首相も国会答弁で「真に必要な宿舎だ」と居直った。
それではあの鳴り物入りの「事業仕分け」は一体何だったのか。
しかも蓮舫氏は「事業仕分けは予算の節減が目的ではなかった」言い出す始末。
まったく民主党の閣僚は嘘つき、恥知らずである。

こんな民主党を擁護するアンチ自民党のデーブスペクターは、国会で野党のヤジがやかましくて下品だと非難していた。

韓国で予告もなしに突然5時間も停電し、混乱を招いた。
日本ではなんとか節電で計画停電をせずにこの夏は過ごせそうだが、やはり韓国では無理なのか。
韓国の街角で女性がインタビューに答えて・・・

日本では停電などしないのに、(韓国は)まるで先進国ではないみたいだ


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:56  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1696-436a31e2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |