FC2ブログ

2011.08.24 (Wed)


小沢史観からの脱却?

前原氏、最後のチャンス

民主党の代表選のゴタゴタはまったく見苦しい。
マスコミは何かというとすぐに自民党を引き合いに出して、自民党の派閥抗争のようだと批判する。
しかも、マスコミは自民党の場合は「派閥」と呼び、民主党の場合は「グループ」と呼ぶ。
その理由は民主党の場合は自民党に比べて締め付けが少なく、比較的緩い結び付きだからだそうである。
民主党のお粗末さを批判する時に、自民党と同じと一緒に叩くのは反日サヨクマスコミの常套手段である。
視聴者は騙されてはならない。

代表選への出馬を表明した前原元外相は「党内の結束」を訴え、最後のチャンスだと言った。
その上、言うに事欠いて「小沢史観からの脱却」とは恐れ入った。
「唯物史観」とか「自虐史観」というなら分かるが、いつから「オザワ」はそんな大物になったのか。

前原氏には外国人からの献金問題や、八ッ場ダムの廃止を突然言い出す唐突さ、脇の甘さに問題がある。
しかし、そのルックスと、いかにも尤もらしい弁舌に惑わされる国民が多いだろう。
世論調査では候補者の中でもダントツの支持率である。

前原氏は民主党の最後の切り札だと言われている。
このままでは間違いなく民主党は次の総選挙で大敗し、政権から追われる。
いま総理にならなければ、二度とチャンスはない。
そう前原氏は踏んだのではないか。
しかし、民主党は結束するどころか、これで分裂する可能性が高まった。
「オザワ」が居る限り、親オザワ、反オザワの葛藤は消えることはない。
日本が解体する前に民主党の解体を期待する。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:16  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1668-6b3604b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |