FC2ブログ

2011.08.23 (Tue)


最後まで汚い男

あの男は最後の最後まで汚い男だった。

四面楚歌で退陣を迫られたにも関わらず、失政で退陣するのではないと国会で大見得を切った。
支持率がマイナスになることはないから1%になっても退陣しないと言い張った男だけの事はある。
まことに破廉恥で恥知らずな男である。
もうこの男の事は記憶から消し去りたい。
不愉快でたまらないのである。
顔を見ただけで虫唾が走るのである。

あの男の場合は、市民運動あがりの出来損ないで、二世、三世議員の帝王学を学んだ正統派の政治家ではないことがそもそもの原因である。
やはり日本の伝統と文化を十分に理解し、身に着けた人間でないと日本の指導者にはなれない。
そうであれば別に二世、三世である必要はない。
民主党の指導者の愚かさを目にするにつけ、自民党の稲田朋美議員、そしていずれは小泉進次郎議員などに日本を引っ張って行って欲しいとつくづく思うのである。


産経ニュース(2011/08/23)
菅首相“失政退陣”を完全否定

 「首相を辞する決意をしたのは、何か間違ったことをやったから責任を取るということではありません」。菅直人首相は23日の参院財政金融委員会で、東日本大震災の対応などこれまでの政権運営の正当性を訴え、「失政」によって退陣に追い込まれたわけではないとの認識を示した。
 たちあがれ日本の中山恭子参院幹事長代理は、震災や福島第1原発事故の対応のほか、米軍普天間基地の移設問題、領土問題など菅政権が積み残した課題を列挙。そのうえで「こうした問題がまだ解決していない。この責任を取って退陣するのだろう」と詰め寄ると首相は完全否定した。
 首相はまた、低迷する内閣支持率について「世論調査の厳しい数字は率直に受け止めなければならない」としつつも、「脱原発依存」宣言などを念頭に「私が提起した政策が否定されたのかというと、同じ世論調査でもそうではない数字が出ている」と強調。この日も自己正当化とも受け止められる答弁に終始した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:04  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1666-517f085e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |