FC2ブログ

2011.07.03 (Sun)


原発 是か非か

かかかかかWILL8月号

「WILL8月号」は「原発私はこう考える」特集。
賛成派も廃止論者も入り混じって原発の是非を問うている。

辛坊治郎氏の愚論

政界進出の噂もある辛坊治郎氏は「太陽光発電 我が家の収支決算」と題して、エアコン8機を太陽光発電で動かして光熱費はゼロになったと自慢していた。

「太陽光発電のメリットを個人で享受するには、数々の幸運が要る。自由になる屋根、設置費用の賄える経済環境、晴天率の高い居住地等々、誰にでもできることではない。しかし、これらの幸運に恵まれた者たちが可能なことを少しずつはじめる、そしてほんの少しその努力を後押しする政策があれば、社会全体で無理せずに安全安心安定のエネルギーを子孫に残していく道が開けるだろう」

ノーテンキな男である。
エアコン8機を太陽光発電で動かすような家庭が日本で何軒あるだろう。
政府が太陽光パネル設置を推奨してもその恩恵を受けるのは辛坊氏のようなほんの一握りの富裕層だけである。
ちなみにも我が家でも6機のエアコンがあるが、築35年では屋根がボロボロで太陽光パネルの設置など夢のまた夢だ。
限られた者だけが政府の補助金で節電しても、社会全体に広めることは不可能である。
大量の太陽光パネルを地面に設置すれば土地や草に悪影響を及ぼし、自然の生態系に悪影響を及ぼすという学者も居る。

 「安全保障を欠いた脱原発論の欺瞞」中野剛志(京都大学大学院准教授)

「脱原発論が流行りだが、それらり多くは、『今すぐの原発廃止は無理だが、自然エネルギーの技術開発を本気で進め、将来的には原子力に代えていく』という程度のものだ。ここに『一定のメドがついた段階で引き継ぐ』という某首相の台詞に等しい欺瞞がある。(中略)今なすべきは脱原発ではなく、原発の安全性強化である」

「原発廃止を唱導するのは甘やかされた坊ちゃんの戯れ言と聞こえる」


まったく同感である。
そして、何よりも今月号で一番面白かったのは、熱血漢の山際澄夫元産経記者の痛烈な菅批判である。

「餓死者まで出した狂気の宰相・菅直人」

混乱は全て菅直人の責任


 「問題は、大震災から三ヵ月以上を経て、被災地に渦巻く不安と混乱の責任が誰にあるかということだ。これこそ、私たちが国民の義務として見据えておかなくてはならないことだ。それを明確にしない限り、「国難」にも対処しようがない。答えはいうまでもない。全ての責任はいまの政府と与党にある。
 つまり、菅直人政権と民主党が負うべきなのである。野党でも東京電力でもない、原発事故の対策本部長が菅直人首相であることをみれば分かるように、この国の行政の責任と権限を担っているのは、菅政権と与党たる民主党だからである。
 そして、六月に入っての不信任案否決後は最早、「菅直人」一人が負うべきなのである。
 こんなことをいまさら強調しなくてはならないのは残念なことだが、最近のマスメディアよる政局報道や世論の動きをみていると、この基本的なことが理解できていないのではないかと思われることがあまりにも多い。

 朝日新聞は、「急流に馬を変えるな」と露骨に菅首相をかばい続ける。フリーキャスターの国谷裕子氏は、NHKの番組で「政界は足の引っ張り合いばかり」と、菅政権打倒の動きを批判的にコメントした。他の新聞、テレビにも、「政争よりも被災地支援が大事だ」などとの論が溢れた。
  その結果、菅政権批判の急先鋒となった自民党や公明党に対して、巌しい世論も出てきた。


(中略)

 具体的には、大連立を軸とした「挙国政権」を組むなどしなくてはならなかったのである。そのためには自らが首相の座を引き、あるいは自らが副総理として野党の党首に首相の座を譲ってでも、与野党一体の挙国体制をつくり上げなくてはならなかったのである。政治は「結果責任」というが、権力を握っている以上、政治の最終責任は政権と与党が負うのである」

歴史に名を残したい菅総理が、谷垣総裁を首相にする筈がない。その結果、かつてない不名誉な名を歴史に留める可能性が大である。
自民党の森まさこ議員が調べたところ、南相馬市だけで8人の餓死者を出したという。しかしマスコミは一切報道しない。

狂気に加担する朝日新聞

「(朝日新聞は)原発所在の市町村に原発の是非をめぐる住民投票をするようけしかけている。
  あれだけ「政権交代」を叫んで実現した民主党政権がにっちもさっちもいかなくなって、この新聞もまた「脱原発」に活路を見出そうとしているのだろう。               
市民運動家出身の菅首相も、デモに快哉を叫んだはずだ。      
 日本はいま、国民を犠牲にしてでも延命を図る指導者を抱えている。狂気の宰相を国民の手で直ちに引きずり下ろさなくてはならない」


思わず引用が長くなってしまったが、この一文を読むだけでも本誌を買う価値があるといったら言い過ぎか。



共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:23  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1627-21fd27b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |