FC2ブログ

2011.06.19 (Sun)


何を今さら原発再開

日本解体目指す民主党政権

海江田経産相が原発の安全宣言をして各地の原発の再稼働を要請した。
しかし、地方自治体は歓迎する地方もあるものの反対または無視する地方が多い。
当たり前である。
福島第一原発事故に対する民主党政権の初動のまずさ、その後の情報隠蔽、二転三転する記者会見と国会答弁をみれば、現政府に対する不信は誰しも抱く。
その上、菅総理のパフォーマンスともいえる唐突な浜岡原発の全面停止要請。
過去の原子力政策を崩壊させた二次災害は現行政府の責任である。
海江田氏は原発を持つ地方自治体を訪問し個別に説得するというが説得は困難だ。
身から出た錆とは言え、菅総理の責任は大きい。 政府は何故浜岡原発だけを停止させたのか、再稼働が何故安全であり必要であるかを説明して再稼働させる責任がある。

別の角度から見れば、現在の中央集権と地域分権の絶妙なバランスの上に立っている今の仕組みを民主党の主張する「地方主権」や「道州制」にしてしまったら、日本国が解体の危機に瀕するという危うさもこの地方自治体の動きから読み取れる。
人権擁護法案や外国人地方参政権、戸籍法解体の推進など民主党政権は日本を駄目にする方向にまっしぐらに走っているとしか思えない。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:37  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1612-ec1a9cd4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |