FC2ブログ

2007.11.30 (Fri)


東国原知事、徴兵制発言を撤回

徴兵制発言を撤回するな

東国原知事が、県民との座談会で「学校が教えない心身を鍛錬する場」として徴兵制があって然るべきだとの発言を撤回した。

北朝鮮が核ミサイルを発射した時、「日本の核武装論を始めるべきだ」と誰かがいったら、とんでもないと批判されて、持たず、作らず、持ち込まずの3原則に「論ぜず」の4原則になったことがあった。

知事よ、「徴兵イコール戦争」などと短絡的な批判を怖れるな。

若者が国を守らなくてどうする。

NHKの反日番組「日本のこれから」で「外国に攻められたらどうしますか?」と言う質問に「戦争はいけない。外国に逃げます」と答えた若者が多かった。

徴兵制がどうして悪いのだ。

とりあえず、徴兵制の代わりに、若者は全員自衛隊に体験入隊すべきである。

以前、テレビで芸能人たちの体験入隊の番組を見たことがある。

最後まで落ちこぼれないで、一番成績の良かったのは、なんと、あのなよなよしたオカマの振り付け師カバちゃんだった。

彼(彼女?)は全員が脱落するなかで、ただ一人、障害物の乗り越えや山登り、そして最後は銃を持った苦しい匍匐前進も難なくやり遂げた。

ダンスで鍛えた身体と意外にも強い意志の持ち主だと見直してしまった。

日本の若者よ、カバちゃんに負けずに強い身体と強い意志で日本を守る礎となれ。


イザ・ニュース(11/29)
東国原知事が徴兵発言で釈明も
今度は「徴農制」


 宮崎県の東国原英夫知事は29日、徴兵制に賛意を示したとされる発言について「徴兵制を容認していない。戦争に直結するものでは全然ない」と弁明した。同時に、若者に一定期間、強制的に農業を体験させる「徴農制」などの仕組みが必要との考えを強調した。
 東京都内で開かれた「道路整備の促進を求める全国大会」終了後に報道陣に答えた。
 東国原知事は「徴兵制」発言について「社会のモラルハザード、規範意識の欠落、希薄化はどういうところで補うのか。学校教育が補えない中で、心身を鍛錬する場が必要ではないかと言いたかった」と釈明。
 「この国の道徳観の崩壊を心配しての発言と解釈してほしい」とした上で、知事は「例えば徴農制とかで一定期間、農業を体験するとか、介護、医療、災害復興の手伝いなどをある程度強制しないと今後の担い手不足、社会構造の変化に付いていけないと危惧(きぐ)している」と強調した。
 東国原知事は28日に宮崎市内で開かれた県民との座談会で宮崎市内で開かれた県民から直接意見を聞く「県民ブレーン座談会」で「僕は徴兵制はあってしかるべきだと思っている。若者は1年か2年ぐらい自衛隊か、ああいうところに入らなければならないと思っている」と発言していた。


ランキング参加中です。よろしければクリックを!
   ↓***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

09:56  |  時事雑感  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/161-17cc4885

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |