FC2ブログ

2011.06.14 (Tue)


目障りな亀井静香

存在感をアピールしたいだけ

このところ亀井静香氏がウロチョロして目障りである。
国民新党は泡沫政党の身であるから、菅総理に負けず劣らずパフォーマンで存在感を示そうとしている。

菅総理に「辞めるな」とアドバイスしたり・・・

「介錯、介錯と部下が刀振り回している。政権党失格だ」

などとマスコミが喜びそうなフレーズを口にし、連立相手の民主党を批判していい気になっている。

「自民は大連立組む能力はない」

などと言っているが、本音は、大連立されたら「国民新党」などという泡沫政党が吹っ飛んでしまうのが怖いだけなのである。
自民党に能力がないのなら民主党から声が掛かるはずがないではないか。
民主党が権力闘争真っ只中では自民党も危なくて連立の組みようがないではないか。


産経ニュース(2011/06/14)
亀井氏「自民は大連立組む能力ない」

 菅直人首相の後継をめぐって、一部では亀井静香・国民新党代表の声もあがっている。その亀井氏を直撃した。
--自民党には菅首相が退陣すれば協力できるという勢力もあるが。
亀井:それでも大連立は難しい。現在の自民党執行部には党をまとめて連立をする能力がない。震災が起きた時、私は谷垣(禎一・総裁)や大島(理森・副総裁)、伸晃(石原伸晃・幹事長)に、「オレが協力を頼んでいるんじゃない。歴史が見ているんだから、歴史の批判に耐えることをやれ」といったんだが、自民党は蹴飛ばした。
 これは国民不在の考え方だ。なぜかというと、自民党が心配したのは国民生活ではなく、自分たちの選挙だったから。自民党は118議席、民主党は300議席以上。連立を組むと自民党は次の選挙が大変になる。それに総理が代われば、内閣支持率も民主党の支持率も、菅さんの時より上がる。だから、自民党は簡単に連立は呑めないよ。期間を区切った時限連立という話もあるが、連立というのは麻雀牌をかき回すように作るわけにはいかない。だから自民党も閣外協力と言い出しただろう。
●聞き手/武冨薫(ジャーナリスト)
※週刊ポスト2011年6月24日号


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:49  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ponko69.blog118.fc2.com/tb.php/1599-013e6653

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |